殺人許可証を持つ美女:映画「アトミックブロンド(Atomic Blonde)」について

ヤバい時代こそ、スパイはクールに決めろっ 「世界終末時計」という、シゲキ的な名前のものが存在します。 核戦争が勃発して世界が滅びるリスクを、真夜中0時までの残り時間で表したという、一種のサインがこの時計です。2017年8

続きを読む

オトナ女子4人がサイコーの夏を満喫?:コメディ映画「Girls Trip」について

ええじゃないかっ、夏なんだからっ、大人なんだからっ! さて、全国の中学・高校に通う不良の皆さん、ここで一つ、目からウロコな話をお聞かせいたしましょう。 それは、「大人はもともと、自分のご都合主義で適当にルールやマナー違反

続きを読む

娯楽映画を超えた壮絶な撤収作戦:映画「ダンケルク(Dunkirk)」について

真実の物語は、あくまでも誠実に見つめよう クリストファー・ノーランが監督したという事で、ともするとバトルアクション娯楽大作、みたいなものを期待したくなるのが、この「ダンケルク(Dunkirk)」かもしれません。 とは言え

続きを読む

イケてないJKと血を吸う魔のボックス、ホラー映画「Wish Upon」について

誰かの幸運のカゲには、いつも血のイケニエが必要だ 何か良いものを手にいれるためには、別の何かを手放さなければならない・・・ そんな話を、聞いた事があるという人も多いはず。でも、手元に手放すべき物が何も無かったら、どうしま

続きを読む

映画「猿の惑星: 聖戦記(グレート・ウォー)」:地上の支配を決める偉大なる大団円

人類、と、類人猿を分けるものとは? いわゆる猿の類から、2足歩行を獲得してホモサピエンスが生まれる系譜には、未だに「ミッシングリンク」が存在するのだそうです。 つまり、どうやってヒトが生まれたかの問題は、まだまだ、しっか

続きを読む

切ない死後の世界をゆくケイシー・アフレック:映画「ア・ゴースト・ストーリー(A Ghost Story)」について

肉体を奪われた後も永遠に鳴り響く思慕の残響 依然として、科学的に証明されていないとは言うものの、世界中のほぼ全ての文化圏で、おそらく数万件では効かないくらい、幽霊やゴーストの目撃談が有ります。ですので、そこに、何らかのモ

続きを読む

映画「スパイダーマン:ホームカミング(Spider-Man: Homecoming)」について

無限に前進し続けるマーベル・ヒーロー宇宙の最新形態 唐突な話ですが、オーショウのギョーザが、ある日全面リニューアルして、中身の具材をぜんぶベジタリアン用に変更したら、ある程度以上の客足が遠のく事は必然でしょう。 国の上の

続きを読む

愛娘のためなら違反もするさ:映画「The House」について

普通の夫婦がヤバい仕事に手を!?、21世紀的、大人のドタバタコメディ 「罪を憎んで人を憎まず」、なんて言葉がございます。 表面だけを理解しようとすると、ナンセンスにも聞こえる言い回しですよね。でもまぁ、どんな罪人にも、そ

続きを読む

映画「怪盗グルーのミニオン大脱走(Despicable Me 3)」について

あの、‘見下げた(despicable)男’、が帰ってきたっ! 主役の声を演じているスティーヴ・カレルが、今度は一人二役に挑戦するという、「怪盗グルー」シリーズ最新作が、この映画「怪盗グルーのミニオン大脱走(Despic

続きを読む

新世代クライムアクション:映画「ベイビー・ドライバー(Baby Driver)」について

その若者、暴走させたら凄いんです! 最近、自動車を突っ走らせる映像が結構CMに使われるようになっていて、それはちょっとした驚きでもあります。 若者が、凄い勢いで自動車ばなれしているそうで、クルマ業界には並々ならぬ危機感も

続きを読む

格差と偏見そして恋愛コメディ:映画「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」について

〔独特なタッチで語る格差社会の異文化恋愛模様〕 格差社会の問題が世界中でブームになった切っ掛けは、米国で始まった、例の「オキュパイ・ムーブメント」だった気がします。 まぁあれは、「世の中の富の4割だか5割だかを、全人口の

続きを読む

ケイト・マーラと軍用犬の絆、新作映画「Megan Leavey」について

イラクで多くの兵士を助けたワンちゃんの実話 大きな災害の直後などに、よく、活躍する姿が見られる、救助犬。 こういった現場に彼らを送り込むのには、犬としての鋭敏な感覚に頼む、という理由もございましょうが、正直な所は、ヒトが

続きを読む
IP Blocking Protection is enabled by IP Address Blocker from LionScripts.com.