映画「ウィッチ(The Witch)」の前評判

〔古代の悪魔に森で憑りつかれた少女達〕

その接し方にもよりますが、日本だと神様が平気で人々に祟るんですよね。そんな様子は、キリスト教社会から見たら、神じゃなくて魔物だ、と映るのかもしれません。

現実世界のあれやこれや、全てが自分の腕力で動かせると自信の有る向きは、太古の超自然パワーなんか恐れたり頼ったりする必要も無いのですが、まぁ、最近増えた外国人観光客が、神前において失礼な態度をとって、よけいな祟りを自国へ持ち帰ったりしないように、お祈り申しあげます。

さて、その地の事情を知らない移住者がうかつな行動をして、古くから存在するパワーに当たっちゃう、というのは、ホラー映画としても面白い題材ですが、17世紀頃の北米へ移り住んだ家族達の上にも、何かの怖い事が起きたんだよ、というのが、この映画「ウィッチ(The Witch)」が語る実話ベースのストーリーらしいです。 【続きを読む】 “映画「ウィッチ(The Witch)」の前評判”

映画「高慢と偏見とゾンビ(Pride and Prejudice and Zombies)」の前評判

〔高慢と偏見だけで十分なのにっ、ゾンビっ!〕

僕らが、階級とか序列とかって言葉を聞くと、なんだかいつも楽しくない印象が浮かぶのは、人間の社会が封建的だった古い時代に発生した、多くの厭な事件の事を思い出すからかも知れませんね。

でも、制度的には残っていないとしても、この世の中が階級システムで出来ていて、それがあるからちゃんと機能しているというのも、一つの事実です。なにか一つの仕組みの内部には、ほぼ必ず高低の差が組み込まれていて、だからそれが働くためのエネルギーが利用できるんです。その意味で言えば、経済的格差が生まれるのも必然ではあるのでしょうね。

ただ、そのピラミッドみたいな階級構造も、どこまで下ったら終わりか?、という疑問は残ります。とりあえず底辺があるなら、それをぶち破って出来た穴を覗き込んだ時、その下の層には何がうごめいているんでしょう?

この映画「高慢と偏見とゾンビ(Pride and Prejudice and Zombies)」に登場する5人の姉妹は、18世紀のイングランドを舞台に、自分たちの階級制度を、ヒトの下に居るべき厭な連中の侵略から守るために戦います。 【続きを読む】 “映画「高慢と偏見とゾンビ(Pride and Prejudice and Zombies)」の前評判”

映画「ザ・ボーイ~人形少年の館~(The Boy)」の前評判

〔愛情をそそがれた人形に宿るのは、、、魂〕

大体、人の趣味や愛着に、赤の他人がつべこべ言う義理はない訳でありますが、それだけに、他人の趣向というのは理解しがたい場合も、多々あり得ます。

まぁ、別に理解しきれなくたって、こちらが何かの損害をこうむる、って事でもないんです。

それでも、場合によると変な意味で気になるのが、誰かが見せる人形に対する特別な愛情ではあります。あぁ、これも僕の個人的な印象なので、別に世の中全部に通じるような普遍性が有る、なんて、これっぽちも思ってませんよ^^;。

とにかく、お好きな一部の人々は、お人形さんに名前をつけて日々話しかけたりして、その中にある種の命の存在を、感じていらっしゃるのかも。

もちろん、人形に襲い掛かられたりはしませんよ、普通ね。今、遥々、イングランドの片田舎へとやってきこの映画「ザ・ボーイ~人形少年の館~(The Boy)」の主人公、アメリカ人女性グレタ(ローレン・コーハン)の場合は、その普通ではなかったらしいんですけどね。 【続きを読む】 “映画「ザ・ボーイ~人形少年の館~(The Boy)」の前評判”

映画「JUKAI−樹海−(The Forest)」:ナタリー・ドーマーといわくつきの森

〔ヤバイ日本のタタリに怯えるナタリー・ドーマーの運命は?〕

300年の昔。巨大噴火から流れ出て、地獄の業火のごとく全てを焼き尽くした溶岩。

いまだにその森には、その痕跡がまるで染みついた呪いのように残されている。青木ヶ原樹海。

人の生きる世界とは、あきらかに違う次元に存在するその薄暗い空間は、同時に、ある種の人間を手招きするように引き入れる、だから見識のある者はこう警鐘をならすのだ、その森にうかつに踏み入ってはいけない・・・。

どうも、管理人のズレ太です^^。

そうです、日本のオカルトマニア、実話怪談マニア、そして全てのホラーファンにとって、最大にして抗しがたい魅力を放つあの森が、とうとうハリウッドホラーの題材となりました。この新作映画「JUKAI−樹海−(The Forest)」です。

ここで、多分うかつにも、この森に足を踏み入れてしまったらしいのが、アメリカ人女性のジェス(ナタリー・ドーマー)。彼女は日本に居住し英語の先生をしています。

実は、ジェスには双子の姉がいて、名前をサラ(ナタリー・ドーマー)といいます。彼女は、アメリカに残り、ロブ(エオイン・マッケン)という男性と結婚しています。そしてどうも、今のように、ジェスと距離を置いた生活の方が、サラにとっては良い感じのようです。

さて、ある時、日本の学校からサラに一報が届きます。ジェスが、アオキガハラという森を訪れて以来、行方不明だというのです。そしてその森は、良くない噂が絶えない場所。

もちろん、サラはすぐに日本へ飛びました。

妹の務める学校へ出向き、同僚や生徒から何か役立つ情報がないか聞き出そうとするサラ。でも、どういう訳か、あやふやな噂くらいしか手に入りません。

だから、彼女は自分の足でその樹海を訪れる事にしたんです。

彼の地へ到着すると、偶然、地域を訪れていた自称旅行ライターでアメリカ人の、エイデン(テイラー・キニー)という男性に出会いました、そこで、青木ヶ原樹海の本当の噂を耳にするサラ。

そこは、人生に悲観した者達が最後に訪れる自殺の森。そして、生けるものを地獄へと引き込もうとする、怨霊が怨霊が徘徊する場所。。。

そんな事を話つつ、もし、サラのストーリーを書かせてくれるなら、明日、地元のガイドを頼んで一緒に樹海に入っても良い、というエイデン。

翌日、紹介された日本人ガイド、ミチ(小澤 征悦)は、しかし、サラは森に入るべきではないと主張します。彼女の不安は、怨霊たちをひきつけるはずだから。

もちろん、サラは樹海へ入る事を主張し、3人は青木ヶ原へと足を踏み入れました、そしてそこで、真新しいテントを発見したのです。ミチの警告も振り払うように、そのテントで夜を過ごそうと言う、サラとエイデン。

でもそれが、二人の想像も及ばない、本当の地獄のような恐怖の始まりでした・・・。 【続きを読む】 “映画「JUKAI−樹海−(The Forest)」:ナタリー・ドーマーといわくつきの森”

映画「不死身(He Never Died)」の前評判

〔死な(ね)ない男の血なまぐさい生活〕

あなたも僕も、人生の最後には必ず通過すると言われる“煉獄”が、何かの具合で大きな変化の無いまま無限に続く状態になってしまったら、どうでしょうか?

すでに死を恐れる必要もないけれど、神やら仏やらに正式に受け入れられる事もないし、あらたな生命として存在する事もゆるされない、、、これって、最大級の呪いです。

その煉獄より、少しだけ現世寄りな位置に(そう言えるのなら)生きているのが、この映画「He Never Died」でヘンリー・ローリンズが演じるジャックという男性です。

彼の生活はほぼ喜びもなく、大体同じ事の繰り返し。それでも彼は生きています、そう、生きているんです、数世紀に亘り死なずに生き続けているんです。

彼は死ねません。たとえ銃を使っても、刃物を使ったとしても、誰も彼を殺すことなどできないのです。なぜ?、そんな事、自分の年齢さえ忘れてしまった彼にとって、どんな意味が有るでしょう。

彼の生活は、近所の教会で行われるビンゴに参加する事、お気に入りの女性カーラ(ケイト・グリーンハウス)がウェイトレスをしているダイナーでの食事、それと、夜の街で行う、少しのチンピラ狩りで占められています。

そして彼は孤独。

しかし、そんな彼にもいよいよ転機が訪れたようです。なんと、自分の娘だという女の子アンドレア(ジョーダン・トードージー)が現れ、とほぼ同時に、もっと深刻な問題も彼に降りかかります。

ジャックは動き出しました、しかし、その行く手には、凄惨な流血が待ち構えているのです・・・。

このクリスマスの時期にわざわざ公開された、あまりにもダークで血なまぐさいホラー・コメディーというのが、この「He Never Died」なんですね。 【続きを読む】 “映画「不死身(He Never Died)」の前評判”

映画「Krampus」の前評判

〔このXマスが嫌な思い出になりませんように、、、〕

The photo by Eva Rinaldi (Attribution-Share Alike 2.0 Generic )

写真:トニ・コレットバブルの頃は、たいして勉強しなくても大丈夫な位優秀な大学生のお兄さん達でさえ、◎十万円とかの大金を持っていいて、クリスマスイブの夜なんぞは、とっても美人で可愛い彼女にブランド物をプレゼントしなきゃいけなかったらしいっす。

それで、24日の夜は東京辺りの小じゃれたホテルにしけこむ事になるのだそうですが、こんな特別な日に、簡単に宿泊する部屋が取れるほど、大都会は甘くないんですね。寒い夜空に放り出される憂き目にあったカップルは、当然の事ながら25日の朝をともに迎える事はなかったそうです・・・。

クリスマスだからと言って、神様がすべてを上手い方向へ進めてくれるなんて事、もちろん無いという事ですわ。それに、この宇宙では光あるところに必ず影(闇)が生まれる訳で、どっかのよさげな部屋に入れた二人組がいれば、別の所にははじき出されたカップルも、また必ず存在するのです。

別の例でいくと、例えば、この映画「Krampus」のストーリーに置かれた一つの家族には、ほぼ何の責任もないのに、クリスマスの災厄が降りかかるそうです。

その災厄のはじまりは、父親トム(アダム・スコット)、母親サラ(トニ・コレット)、娘のベス(ステファニア・ラビー・オーウェン)、そして息子のマックス(エムジェイ・アンソニー)らの一家の元へ、親戚一同が集合した事から始まるんです。

鈍くて、のろいくせに、不仕付けな彼らに、マックス達のストレスもあっという間の全開状態へ。

とうとう自室へ逃げ込んだマックスですが、何やら便箋に手紙を書き始めました。その宛先を見てみると「サンタ・クロースさんへ」と書かれています。

そして今度は、その手紙を手でびりびりに破いてしまい、窓から外へと放り捨ててたじゃありませんか。寒風に吹かれるまま冷たい夜空へ消えてゆく、その手紙。。。

しかし、次の瞬間、彼の近所一帯が突然停電し、暖房も電話も使えなくなってしまったんです。さらに、マックスの家の屋根の上から、不気味な笑い声とともに変な足音がし始めました。

それを聞いた時、やさしい祖母のオムニ(クリスタ・スタドラー)は、こう言いました、「これは、クランパスの仕業だわ、、、」。

それは、サンタの影の部分であり邪悪なデーモン。オムニは、子供の頃に一度、遭遇した事があると言うのですが、、、。

マックスのクリスマスは、一体どうなっちゃうんでしょうね? 【続きを読む】 “映画「Krampus」の前評判”

映画「ヴィクター・フランケンシュタイン(Victor Frankenstein)」の前評判

今、世界中にジェームズ・マカヴォイのファンである女性は、何人くらいいるんでしょうかね?、ダニエル・ラドクリフのファンは?、その二人とも敬愛しているという人はどうでしょう。

その二人のファンであると同時にゴシックホラーのファンだという女の子は、やっぱりそう多くはなさそうですし、その二人が共演しているからといって、おどろおどろしいホラーを感謝祭からクリスマスにかけての時期に鑑賞したいという人は、どのくらい居るのでしょう・・・。

そう考えると、おそらくは純なホラースリラーの体より、すこしだけ俳優推しの作品なのかなぁ、なんて勝手に思うのが、この映画「ヴィクター・フランケンシュタイン(Victor Frankenstein)」です。

タイトルキャラクター、ビクター・フォン・フランケンシュタイン(ジェームズ・マカヴォイ)は野望を抱く若き医学研究生。彼は最近、とあるサーカスにおいてクラウンを演じていたイゴール(ダニエル・ラドクリフ)に出会ったのです。

イゴールがサーカス小屋で働くしかないその理由。それは、彼が背中にしょっている大きな腫物です。しかし天才ビクターの手にかかれば、その治療だってあっと言う間でした。

かくして、イゴールはビクターの助手として働くようになります。今までの扱われようからは想像もつかないほど、実はイゴールは理知的な青年なのでした。そんなイゴールは、ローレライ(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)と良い雰囲気にもなっています。

さて、ビクターの野望、それは、一度死んだものに再び生命を宿すという、禁断の実験を成功させる事。おそらくそれは許されない蛮行なのかもしれません。

だから、彼が実験を重ねるにつれ、刑事バーナビー(ダニエル・メイズ)は疑いの目を強め周囲を捜査しはじめました。

そして、あの嵐の夜。ついにビクターは実験の最終段階へ足を踏み入れてしまいます。雷の強力なエネルギーをつぎはぎした死体へ流し込み、生命のある状態に呼び戻す実験、それがなんと言う事か成功してしまったのです。

しかし、ビクターが今造り出したものは一体なんなのでしょう?、到底人とは思えない存在。そのモンスターはビクターの制御からは離れ、狂暴な本性をむき出しにしてゆくのでした・・・。 【続きを読む】 “映画「ヴィクター・フランケンシュタイン(Victor Frankenstein)」の前評判”