サイコスリラー映画「Unsane」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Unsane
    • アンセイン
  • 制作:
    • 2018年 Extension 765 / New Regency Pictures / Regency Enterprises
  • 日本公開
    • 未定

スティーブン・ソダーバーグが描く現実と幻覚のはざま:映画「Unsane」

鋭いセンスと才能がある映画製作者の頭脳の中には、イマジネーションとビジネスが上手く同居している事でしょう。

その制作者とは、言うまでもなくあのスティーブン・ソダーバーグその人。彼が、ストーリーだけでなく制作手法にまで拘り抜いて作り上げたサイコスリラーが、今回ご紹介する映画「Unsane」です。

今回、信頼する脚本家チームがひねり出した虚と実の混合物を、監督の持つ映画製作的アイディアを駆使しながら興味深く映像化してくれたのが、この作品。

そのモチーフは、自分が普段、見たり聞いたりしている事や話している相手などの全てが、頭の中に生じているただの幻だったら・・・、という不安感です。

映画的には使い古されたと言えなくもない、そんなテンプレートを、気鋭の映像作家が作品に仕上げたらどれほど刺激的になり得るか。そんな部分が興味の的とも言えそうな映画です。

人は現実から逃避する事を望みながらも、一方では、リアリティから切り離される事を恐れる生き物。その辺を上手くつついてかき混ぜたら、まだまだ一流スリラーのネタになるという事でしょうか。

とにかくここでは、1人の女性に付きまとって離れない恐れを追いかける、という事なのですが、一体何が起きるというのでしょうね・・・ 【続きを読む】 “サイコスリラー映画「Unsane」の評価とは?”

1976 ハイジャック機奪還作戦を描く:映画「7 Days in Entebbe」の評価・あらすじ

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • 7 Days in Entebbe
    • 7 デイズ・イン・エンテベ
  • 制作:
    • 2018年 Participant Media / Pellikola / Working Title Films
  • 日本公開
    • 未定

現代史に残るテロ事件を再び描く、映画「7 Days in Entebbe」

一つの出来事も、歴史の本に載る1項目になってしまうと、その現場で本当に何が起きたかなんて知り様がなくなってしまうものです。

実際、その場所に居た人達だって、それぞれの立場や視点により捉え方は様々、だから体験談そのものも一様にはならないのです。

結局、一つの史実についても、何が起きたのかは諸説が分かれる事になりますが、そういった歴史の曖昧さは、クリエーター達にとって美味しいネタの発掘場所となるのでしょう。

ハリウッドの映画業界辺りでも、真実と言う看板と娯楽のための脚色を上手いバランスでまとめ上げた作品は、広い範囲で強い訴求力を持つと同時に、政治的・社会的にも強いメッセージを大衆に伝える事が可能です。

つまりそれは、関係各所からの資金集めにも有利という訳ですね。

さて、イスラエルとパレスチナ間で長く続くいがみ合いの歴史上でも、大きなポイントであるハイジャック事件を、国際的なキャスティングで(再び映画化したというのが、今回ご紹介する「7 Days in Entebbe」です。

既に色々な所で映像作品にされてきたこの事件、21世紀の今になってどのようなストーリーに描かれているのでしょうか。 【続きを読む】 “1976 ハイジャック機奪還作戦を描く:映画「7 Days in Entebbe」の評価・あらすじ”

憑依現象の恐怖を追うドキュメンタリー映画「Demon House」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Demon House
    • デーモン・ハウス
  • 制作:
    • 2018年 Scarecrow Enterprises
  • 日本公開
    • 未定

現代アメリカで起きたリアル恐怖現象、映画「Demon House」

世の中には、理屈で説明のつかない奇妙な出来事が、本当に有るみたいです。

そして、いわゆる超常現象の中でも、キリスト教社会で発生する悪魔憑きは、格別なインパクトを持っています。

それは、映画「エクソシスト」の影響が、色々な意味で今も残っているというだけの話かもしれませんが、この現象としては世界的にも発生件数が増加傾向だそうで、バチカンでもエクソシストの養成課程を立ち上げた程だそう。

一方、世界の終わりを連想させるような地鳴り、アポカリプティックサウンドと呼ばれるものもあちこちで観測されています。

そういった事の全ては、今、地獄への門が開かれようとしていると示唆しているのでしょうか?、あるいは、非現実的な妄想の中で戯れることが好きな人間が流す、ただの噂話なのでしょうか?

どちらにしても、そういったセンセーションを演出する事で一財産稼ごうとしている、ショウビズ界のやり手プロデユーサーが居る事は確かです。

そして、殆どは、あやふやな都市伝説に過ぎない超常現象の話にも、行政など公的な機関に記録が残されるものも時折見られます。例えば、21世紀の現代、アメリカ合衆国インディアナ州で発生した、ある一家の心霊体験などもその一例。

とある一軒家に引っ越したばかりに、家族全員が悪霊に憑りつかれたというこの事件へ正面から切り込んだのが、劇場向けドキュメンタリー映画である本作、「Demon House」なのです。 【続きを読む】 “憑依現象の恐怖を追うドキュメンタリー映画「Demon House」の評価とは?”

10代に溢れる青い殺意:映画「Thoroughbreds」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Thoroughbreds
    • サラブレッズ
  • 制作:
    • 2017年 B Story / Big Indie Pictures / June Pictures
  • 日本公開
    • 未定

10代女子のいけない決意、映画「Thoroughbreds」

純粋というのは、必ずしも正義と同意語ではありません。

純粋な心というものは、冷淡さの原因ともなり、時にとんでもない罪を犯させる理由にもなります。

だから、より純粋に近いと想定される10代の人間が、社会に大きな波風を立てるような大罪を犯す事もあるのは、ある意味で当然な事なのです。

基本的に自分の衝動に正直で、社会からのモラル的な刷り込みがされていない若者達にとっては、周囲の大人からの期待に反するということが行動規範に成り得ます。

そして彼らは、怖いものを知らず、結果も恐れないその行動は極端になりがち。つまり彼らの行いは、比較的簡単に陰惨な暴力に発展してしまうのです。

多くのホラー映画や小説にとって、大人を翻弄する怖い子供が絶好のテーマとなっているのは、その様な事実が裏に有るからかも知れません。

大きな罪を犯しそうな子供達。

もともと彼らには、とても繊細な扱いが求められる上に、もし、その当人達が美人女子高生2人組だったりしたら、一体全体、守ったら良いのか潰したら良いのか、周囲の大人は相当困惑するはずです。

同時に、才能のある一部の大人は、そこに新しいストーリー性を発見する事も有るのでしょう。そしてそれは、映画になります。

若手女優オリヴィア・クックとアニャ・テイラー=ジョイが、そんな風にヤバい女子高生を演じたという映画が、今回ご紹介する「Thoroughbreds」なのですが、これまた独特の美観と辛辣さを盛り込まれた一本らしいのです・・・ 【続きを読む】 “10代に溢れる青い殺意:映画「Thoroughbreds」の評価とは?”

大人のあそびが酷い事になるブラックコメディ:映画「Game Night」の評価・あらすじ

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Game Night
    • ゲーム・ナイト
  • 制作:
    • 2018年 Aggregate Films / Davis Entertainment / New Line Cinema

いつも通りの週末じゃ飽き足らない、と言いつつも

誰しも、成長して社会人になり人生のパートナーがみつかったりすれば、守る事が増えて保守的になっていくものです。

でも実は、安定した生活を継続しながら、その中に普通の楽しみや幸福感を見つけて行くという事の方が、本当はリスキーな仕事なのかもしれません。

何と言っても、僕らの周囲を取り囲むこの世界は、常に、そして勝手に変わってゆくものですから、想定外の事はいつでも起こり得ます。

だから、ちょっとした週末の火遊びだったはずが、大やけどを負う結果になったりする訳です。気を付けましょう。

さて、安全を第一に考えて過ごす日々の中でも、時には非日常を感じさせてくれるものの一つが、映画ということになります。そして映画には、ちょっとした気の迷いや好奇心から一線を越えた挙句に酷い目にあう、という人々が描かれ続けてきたのです。

ここでご紹介する映画「Game Night」は、そんな、日常逸脱系映画の分野に作られた最新のダークコメディー、という事の様です。 【続きを読む】 “大人のあそびが酷い事になるブラックコメディ:映画「Game Night」の評価・あらすじ”

SF映画「アナイアレイション -全滅領域-」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Annihilation
    • アナイアレイション -全滅領域-
  • 制作:
    • 2018年 Paramount Pictures / DNA Films / Scott Rudin Productions / Skydance Media

命を侵す謎のフィールドに踏み込むナタリー・ポートマン:映画「アナイアレイション -全滅領域-」

今どき、小さな子供をお持ちのママさん達は、家の中にキケンな菌がはびこらないよう、日夜、除菌に苦労されていると思います。

人間は、世界でも特別で孤高の英知を築いた生き物ですから、目に見えない上に悪事だけ働くバイ菌に生活を侵かされることなど、絶対に許す事はできません。

しかし一方で、人間の生活から一切の菌を排除することも不可能なのです。いかに、清潔感のあるライフスタイルを追求したとしても、人間自体が細菌の助けをかりて生きているのでどうしようもありません。

現実には、億とか兆の数もある微生物の群れに、僕らは埋もれる様にして生きています。

それにまぁ、エントロピーの増大というものは宇宙の本質ですから、どんなに予防線をはっても、僕らの生活がだんだんと外界に馴染んでくことを止める術はありません。

だから、遠い未来では、人間という特別な存在自体も宇宙に飲み込まれて、他のものと同化・均質化してしまう運命です。

細菌類などの微生物とか、他の下等な生命体と人間の間の垣根が消滅するなんて、考えるだけでおぞましい。そのおぞましいことが目の前のスクリーン上で展開するというのが、今回ご紹介するSF映画「アナイアレイション -全滅領域-(Annihilation)」です。 【続きを読む】 “SF映画「アナイアレイション -全滅領域-」の評価とは?”

犯罪&刑事アクション映画「Den of Thieves」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Den of Thieves
    • デン・オブ・スィーヴス
  • 制作:
    • 2018年 Diamond Film Productions / G-BASE / Tucker Tooley Entertainment
  • 日本公開
    • 未定

ジェラルド・バトラーは悪を倒すヤバい刑事(デカ)

人間の社会が安定的に発展してゆくためには、僕らの中に、最後には正義がなされる、という確信がある事がとても大切だと思います。

司法当局の判断が賄賂で流される、なんて事が横行している国は、やっぱり経済も文化もまともに成長しないでしょう。

ただ、悪人というのは世の中のルールに縛られていないので、どんな道具を使って何をしてでも自分の利益を得ようとします。そんなヤツラを捕まえて人道的な裁判にかける事なんて、元々が難しい仕事なのかもしれません。

ハリウッド界隈のアクション映画やドラマで、悪人のアジトに踏み込んだ警察が、そこにたむろしている連中を全員射殺するという定番のシーンも、ある意味では犯罪駆除のための効率的なソリューションんを提案しているのです。

そして当然、筋書き上で明らかに悪者だと分かっている連中が、まどろっこしい手続きは抜きで処刑されていく様子は、見ている側の脳の中にドーパミンやエンドルフィンを分泌させる、一番効果的な演出でもある訳ですね。

今回ご紹介する映画「Den of Thieves」は、そういったド定番の犯罪VS警察モノ映画らしいです。そこでは、強力に武装したプロの犯罪者グループが、強力に武装したプロの警察官達と激突する手はずになっています。

言ってみれば、いつもどおりの犯罪アクションですが、その中心人物としてあのジェラルド・バトラーが登場するという事で、彼のファンにとってはうれしい一本でもあるでしょう。 【続きを読む】 “犯罪&刑事アクション映画「Den of Thieves」の評価とは?”

オカルトホラー映画「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Winchester
    • ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷
  • 制作:
    • 2018年 Blacklab Entertainment / Imagination Design Works
  • 日本公開
    • 2018年夏

ヘレン・ミレンと迷路屋敷の怨霊:映画「ウィンチェスターハウス」

日本でも近々、民泊の規制が緩和されるらしいので、巷にあふれかえるいわく付きの出ちゃう空き家なんかを使えるように掃除して、そのまま外国人観光客にアピールしたら、意外と評判を呼ぶかもしれませんね。

日本だと、必ず不吉な印象が抱きあわされる心霊ですが、欧米社会では、また違った捉え方をされているように思います。

アメリカの都市なんかだと、地元の歴史と共にいわく付きスポットを探訪するガイドツアーが結構有って、あっちの世界の人も経済と文化の一翼を担っている様です。

とにかくまぁ、何かが出ると言うストーリーが金になる、と言うのは、洋の東西を問わず確かな事。

合衆国カリフォルニア洲サンノゼに有るウィンチェスターミステリーハウスは、その不思議なバックボーンと諸々の噂などを、ある意味で前向きにアトラクション化する事に成功したスポットと言えましょう。

20世紀初頭にこの異様な大豪邸を生み出したのは、悲劇の未亡人サラ・ウインチェスター。

彼女を突き動かした恐ろしい衝動を、実力派女優ヘレン・ミレンを起用し、現代の映像技術を駆使して再現したと言うのが、今回ご紹介するホラー映画「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(Winchester)」です。 【続きを読む】 “オカルトホラー映画「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」の評価とは?”

ホラー映画「マッド・ダディ」の評価・あらすじ

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Mom and Dad
    • マッド・ダディ
  • 制作:2018年 会社

ニコラス・ケイジの狂気に火がつく時:映画「マッド・ダディ」

世の中には、パラハラ、セクハラの嵐が吹き荒れるご時世です。

例え自分が、軽い皮肉とか洒落や愛嬌、あるいはコミュニケーションのつもりでそれを行ったとしても、相手がどう捉えるかによっては裁判沙汰となるので、各職場のオジサマ方は充分注意しなければいけません。

上に立つ側から、目下の者を蹂躙(じゅうりん)するという意味では、親が子供に行う行為も時としてハラスメントに似てきます。ただ、この場合は、いやがらせ、ではなくて、虐待と呼ばれてしまいますけどね。

それを糾弾された親御さんは、しつけとか教育である、と主張するでしょうが、周囲に居る100人の中、全体の51パーセントが間違っていると感じる事なら、いかに自分にとっては正しい事だと主張しても罪となります。

しかし逆説的に言って、仮に100人の親が全員、自分の子供を傷つけようと追いかけまわしたら、それは罪にならないと言う事なのでしょうか?

もちろん、その場合の親達にも、自分の子供の子供っぽい行動が与えるフラストレーションが限界に達した、という、正当な理由が有っての事です。

今回ご紹介する映画「マッド・ダディ(Mom and Dad)」は、世の中にいる全ての親が子供に対して抱く苛立ちの導火線に、とうとう本物の火が着いてしまい、全ての親達が凶器を振りかざしながら我が子を始末しようと襲い掛かる、という恐ろしくもナンセンスなプロットのお話だそうです。 【続きを読む】 “ホラー映画「マッド・ダディ」の評価・あらすじ”

全米映画トップ3(2018.2.7)

岩の如き拳が迷路を粉砕!

人生はドラマ。

人は、その人生ストーリーの中を、命ある限り走り続けなければいけません。

例え、謎のジャングルに放り込まれたとしても、仮にそこで、巨大アナコンダに巻き付かれたとしても、また、体長15mの毒グモタランチュラの巣にからめとられようとしても、人生のゲームがオーバーする瞬間まで、その足を止める事なく走り続けるのです。

その途中、いくつかの珍妙な謎解きや、ナンセンスな方向転換、あるいは陳腐なメランコリズムとぶつかるかも知れませんが、とにかく、彼らは走りづ付けるのです。

彼ら?、そうそれは、岩のような筋肉で全身を武装したかに見えるあの男、ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンが率いる、面白可笑しい一団の事。

どんな事があっても、立ち止まらず走り続けた結果、彼らの登場する映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(Jumanji: Welcome to the Jungle)」は、リリース後7週目に入った今週、全米映画ランキングのトップに返り咲きました。

週末3日間の米国内売り上げは1,090万ドル、累積額は3億5,260万ドルを記録しています。

あのランナーも負けじと追走

走り続けると言えば、その映画製作段階からランナーの名前を与えられたディラン・オブライエンの方が、その役にふさわしいヒーローと呼べるかもしれません。

彼の方はと言うと、ヤングアダルト系SFスリラーのお約束通り、悪の巨大資本から友人を救い出すため、陰謀の巨大迷路のな中を今日も全力疾走です。

おかげで大けがを負い、一時期走れなくなったりもしましたが、完成した映画「Maze Runner: The Death Cure」はヒット作となり、この週末では、1,050万ドルの売り上げを記録してランキング2位の座をゲットしました。

歩みを止められぬ事の恐怖が・・・

走り続けたのは男達だけではありません。

いや、むしろリアルな意味で暗黒の中を走り続けたのは、サラ・ウィンチェスターだったかも。

夫ウィリアムが、銃器の製造販売で巨万の富を築いた後に他界し、その財産を相続したサラは、自社の武器が奪った人間の魂達を追い払うために、カリフォルニア州はサンノゼに建てた自分の住居を永遠に拡張し続けたのです。

サラ自身が指示を出し、ほぼ無計画にそれを増築しつづけたため、本来は華麗なたたずまいを見せるはずであったヴィクトリア朝風の屋敷は、異様な迷路の如き構造となってしまいました。

本来は、豪華な暮らしが約束されていたはずの彼女の晩年は、夫の作ったライフルが殺した亡者に憑りつかれ、この屋敷拡張事業のために、ただ走り続けるだけのものへ変容してしまったのです。

この、あわれな未亡人サラを主役に、アメリカでもNo1.と呼べるミステリースポットである、あのウィンチェスター・ミステリー・ハウスをそのままモチーフにしたホラー映画が、今週初登場で930万ドルの売上額を記録し、ランキングの3位に滑り込んだ「Winchester」です。

問題のサラ・ウィンチェスターを、今を代表する大女優ヘレン・ミレンが怪演している事も魅力な、この映画。僕自身も、今、小遣いと時間があったらサンノゼに飛んで行って鑑賞したいと思う一本です。

作品の在庫は潤沢

オスカー前の、ロビィングに忙しいこの時期でも、そこそこ、娯楽的な映画がリリースされ続けるというのは、ハリウッド映画界の大きさ(そして欲深さ)を垣間見る部分です。

どんどん作ってどんどん消費、そして大きくなり続ける。まさに、ハリウッドもアメリカ資本主義も(そして仮想通貨も)、速度を落とす事なく走り続ける、現代社会のヒーローそのものなのでしょう。

皆さんも、置いてきぼりを食わないように、走り続けてください(僕は、その後に道端に零れ落ちた残り物を拾ってゆくので大丈夫です)。

それではまたっ!

戦争アクション映画「ホース・ソルジャー(12 Strong)」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • 12 Strong
    • ホース・ソルジャー
  • 制作:
    • 2018年 Lionsgate / Alcon Entertainment / Black Label Media / Jerry Bruckheimer Films

クリス・ヘムズワースが自由主義社会を守る!:映画「ホース・ソルジャー(12 Strong)」

今や、その肉体美だけでなく存在感も含めハリウッド映画産業の牽引役となったクリス・ヘムズワース。その彼が、9.11直後のアフガニスタンで、後に訪れるであろう反撃の大勝利へ道筋をつけた先行部隊のリーダーを演じたというのが、ここでご紹介する映画「ホース・ソルジャー(12 Strong)」です。

彼を含むキャスト達が、当時のアフガンへ実際に派遣された最初のレンジャーとなるのがこの映画。見方によると感動の実話ドラマですが、そこからは愛とか青春とかが旅立つものではなく、むしろ、より直接的な戦争アクションとしてまとめられた一本のようです。

まぁ、今も昔も戦争映画というものは、その国のイデオロギーが刷り込まれやすいものです。だから、(特定の一部の国が作るものを除き)大量の火薬を使って派手な戦闘を描くこのタイプの映画では、兵士達は純粋なヒーローとして描かれるべきなのでしょうね。

この作品は、ハリウッドの大物プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーなどが、あの時期、恐怖と悲しみに包まれていたアメリカに希望を与えた精鋭部隊による、隠された真実のドラマを世に明かす、という一本らしいです。 【続きを読む】 “戦争アクション映画「ホース・ソルジャー(12 Strong)」の評価とは?”

全米映画トップ3(2018.1.29)

疾走するヒーローが再登場

僕は全く逆のタイプですが、人生を常に全力で駆け抜けたいとお考えの方々にとっては、その先に続く道も単純な直線路では物足りない事でしょう。

それは、急な勾配やトラップまで仕掛けられた巨大迷路のような道である方が、断然エキサイティングで刺激的です。

そんな内の1人であるあなたのために、今週リリースされた新作SFアクションスリラーこそ、映画「Maze Runner: The Death Cure」であり、最初の週末3日間における売上は2,350万ドルを記録して、ランキング1位の栄冠を勝ち取りました。

主演のディラン・オブライエンが負った負傷による公開時期のずれ込みという、予期できなかったトラップさえ跳ね除けて3部作の最後をかざる本作では、世界を蔓延しそうなゾンビウィルスに対する治療法の材料にされそうな友人を救うため、彼らは再び、あの陰険な組織「WCKD」の懐へと飛び込んでゆくそうです。

果たして、彼らと地球の運命やいかに。

ジャングルの迷路も奥が深く

今週の2位に入ったのは、ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック他が共演の、もう一つのアドベンチャー作品、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(Jumanji: Welcome to the Jungle)」で、売上額は1,640万ドルを記録。

1995年に作られた、VFXアクションのクラシック作を、平昌オリンピック直前の寒いシーズンにリブートした本作が、ちょっとしたスマッシュヒットになった事は若干の驚きを禁じ得ないところです。

今回のジュマンジはビデオゲームとなり、その内部の危険なジャングルにバーチャルなアバターと化して取り込まれた4人のティーンが、ゲームのルールに縛られながらサバイバルを目指すそうです。

この現実世界になんとか戻れても、しばらく燃え尽き症候群でポーっとしてしまいそうですね。

時代を超えた憎しみを癒す事は可能か?

人種間の軋轢、という問題については、超一般的な日本人である僕みたいな人間は、例えそれを煽っている連中に関してであっても、揶揄する様な権利はなかろうと思います。

とは言え、メジャーで立派な各メディアの報じ方を見ていると、自由の国アメリカにも、あらたな人種問題に火がついているとの事。

映画としては、そんな時代に何を提示するかという事は、大きなビジネステーマだと思います。そんな中に、ハリウッドのA級スター俳優の中でも特にストイックな事で有名な、あのクリスチャン・ベールを、アメリカ開拓時代の軍人役として起用したのが、今週初登場にして1,020万ドルを売り上げランキング3位に入った「Hostiles」です。

ネイティブアメリカンを憎んでやまない米軍大尉が、とある事情からシャイアン族の人間をエスコートし、荒野を旅する事になってしまう。というお話だそうです。

果たして、憎み合う彼らの間に、親交の情が生まれる様な事はあるのでしょうか?

寒い時はネット配信で、なんて言わないで・・・

と言う訳で、またまた新たなヒット作が登場し、ハリウッドの新作映画生産能力は、今週も衰える様子も見せませんでした。

あんまりアウトドアで遊ぶ季節ではないので、暖房の効いた劇場で体験できる娯楽は、意外と需要が高いのかもしれませんね。

しかしながら、ここ数年、北米大陸へ強烈寒波が下りてくるという事がお約束の様な気配もしますから、あんまり寒すぎると映画の観客も減ってしまうでしょう。

映画製作・配給会社のエリート達は、この辺りで地球環境の変化に対応したビジネス形態を考案しておくべきかも知れません。

たとえば、フロリダ旅行と新作映画の上映を組み合わせたパッケージとか、どうでしょか?

それではまた~。