全米映画トップ3(2016.1.18)

例年、1月も中旬になると、ハリウッドの映画会社ではモノ作りよりも、パーティ向けの良いケータリング業者を抑えるのに、躍起になっている事でしょう。

賞レースが走り出した、そんな今週、初登場で第一位に輝いたのは、アイス・キューブ、ケヴィン・ハートら出演のアクション=コメディー続編。「Ride Along 2」でした。売上額は3404万ドルです

なんでも、前作での大活躍から一年後、ウェディングを目前にひかえたベン(ケヴィン・ハート)が、すぐに身内になる予定のジェームズ(アイス・キューブ)にひっついてマイアミへ乗り込み、そこでドラッグディーラー組織とすっちゃかめっちゃかになる、って感じのお話らしいんですね、これ。

さて、オスカーへの追い風を肌で感じつつ、ランキング上では2位につけたのが、プリ様じゃなてレオ様主演の、壮絶なエピックドラマ、「レヴェナント: 蘇えりし者(The Revenant )」でした。累積の売り上げ額は8767万ドルに達しています。

この一本、ひょっとしたら、来週には一位を奪取するかもしれませんね。

そして、第3位に入ったのは、あの作品でした。

その売り上げは累積で8億5105万ドルまできましたが、うーんと、米国内だけで10億の夢はどうなんでしょう、やや微妙になってきたのかなぁ、、、レオ様に一発くらっちゃたし、です。

え、あ、あの映画ってそう、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」です。日本では少し盛り返してきて、猫妖怪より上の一位を維持しているみたいですから、全世界での収益がどこまで行くかが興味ある点になりますね。

僕ズレ太としては、今年のクリスマスくらいまでは、スター・ウォーズがずっとランキングトップに居座るような予感がしていたんですが、いつも通り、僕の予感は、はズレでした。

てへぺろっw。

〔広告〕

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。