全米映画トップ3(2018.1.8)

納戸の奥へしまい込んだゲームを蘇らせよう

これは、しかるべき家系に限った話だと思いますが、そんな家の納戸の一番奥に、長い期間放置されていたゴミを、しかるべき目利き人を招いて、しかるべき鑑定をしてもらう事により、なんと、しかるべき額の金銭と交換が可能になるらしいです。

そして、ハリウッドの映画会社などは、まさにこのしかるべきお家柄の人々そのもの。彼らの抱える巨大な倉庫の奥には、大昔に上映された作品の道具だけでなく、その脚本も大事に保管されていて、再び現金化される時が訪れるのを静かに待っています。

これまで映画化されてきた、SF系アドベンチャーの数々の要素を組み合わせ、そこへ、かなり昔のオリジナル作から使っている基本設定と、どこかの物置に打ち捨てられていたゴミ同然の古いビデオゲームなどを導入し、あらたな娯楽製品として映画化されたのが、この週末に、3,600万ドルという売り上げを記録して堂々のランキング一位を獲得した、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(Jumanji: Welcome to the Jungle)」です。

今回の作品では、(これもハリウッド映画としては、お約束の人間像である)4人のお気楽で無軌道な学生が、掃除を命じられた学校の物置部屋で、プレーヤーを異次元のジャングルへ送り込むパワーを持つ謎のビデオゲームと遭遇。アドベンチャーがスタートします。

ていうか、、何ビットですか?、このビデオゲーム・・・

その恐ろしい企みは、見えない場所で進行していた・・・

ハリウッドの娯楽作では、観客には見えない様に(一応)隠された謎の要素が、物語を転がす原動力になっている事が多いです。

時には、映画の存在自体をとして扱って、公開前のバイラル効果を狙うというプロモーション手法も見られますよね。

とは言え、この神々しい2018年が訪れた瞬間に、これ程までに陰惨で恐ろしい物語を世に放つ計画が、狡猾にも秘密裡に進行していたとは、本当に驚きです。

その映画、「Insidious: The Last Key」は、今やホラー界のカリスマとなったジェームズ・ワンが生み出したオカルト絶叫ホラー。初登場である週末では、2,930万ドルの売り上げを記録して、ランキングの2位に滑り込みました。

ホリデー向けのファミリーコメディに飽きが来た観客層が、身の毛がよだつ恐怖映画に必ず足を運ぶはず、という、製作元のブラムハウスプロダクション(他)が考えたインシディアスな読みは、ここで見事に的中です。

今回のストーリーは、あの霊能者エリーズ・ライナー(リン・シェイ)の実家にまつわる祟りの謎を、追求してゆくというものだそうですよ。

〔広告〕

全世界が震撼中

その映画はこれまで、逆襲したり帰還したりファントムがメナスしたり、あるいは覚醒したりしてきましたが、ついに、最後、というワードが登場したので、本当のクライマックスも近いのかもしれません。

という訳で、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は、2,360万ドルの売り上げ額を記録して、ランキングの3位を堅持です。公開後4週目に入ったにも関わらず人気ぶりは健在といった所。

次のエピソードが出来ると、ルーカス御大が当初計画していたと言われる9作品(スカイウォーカーのサーガ)が終了しますが、まだ、親会社のWDCとしては、このビジネススキームを手じまう事など考えてもいないようです。

2018年1月の第1週末時点において、全世界興行収益は12億ドルに到達したというのが、この作品。

企画会議にもシャンパンを

そろそろ、ハリウッド界隈では賞レースのためのパーティー合戦が始まるでしょうから、レバレッジを効かせた大型作品は登場しにくくなってくるでしょう。

まぁ、そんな季節こそ、インディー寄りの奇作・良作が多めに上映される事になる訳で、その意味では面白い時期だとも言えます。

ちなみに、直近で公開が予定されている作品としては、リーアム・ニーソン主演のスリラー「The Commuter」、クリス・ヘムズワース主演の9.11関係のドラマ「12 Strong」、そして、ジェラルド・バトラー主演の犯罪アクションスリラー「Den of Thieves」などなどもあります。

それではまたっ!

〔広告〕

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。