復讐系アクション映画「イコライザー2(The Equalizer 2)」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
  • ジャンル:
    • アクション / 復讐
  • 制作:
    • 2018年
    • Columbia Pictures Corporation
    • Escape Artists
    • Fuqua Films
    • Sony Pictures Entertainment…他
  • 日本公開:
    • 2018年10月5日

デンゼル・ワシントンの秒殺技、再び

あくまでも空想ですが、目には目を歯には歯を、なんて事が今でも一般の世の中に通用するなら、傷つけられた過去に悩み苦しむ人の数は、実際、かなり減少すると思うのです。

とは言え、現実世界でもフィクションの中でも、そんな風に力技で問題を解決する人には、格別の判断能力とモラルが必須となるでしょう。例えば、、、そう、デンゼル・ワシントンみたいな人が、相応しいと言えます。

今回、問題渦巻く現代世界で苦しむアメリカ国民の求めに応じ、キャリア上で初めての続編映画に出たワシントンが、再び正義の私刑人を演じたというのが、今回ご紹介する『The Equalizer 2』です。

虐げられた者に代わり復讐を果たす、それがイコライザー

2014年に公開された第一作めの『イコライザー』は、5,500万ドルの制作予算で作られ、最終的に世界中で1憶9,200万ドルの売り上げを達成するヒット作となりました。

その中で、デンゼル・ワシントンが抑制した感情と共に時折見せる、穏やかなやさしさや悪に対する厳格で厳しい態度が、現世の不条理に悩み苦しむ世界中の人から指示され、この続編誕生という運びとなった様です。

大元は、1985年から89年にかけてアメリカのTVで放映されたシリーズであったのが、この『イコライザー』。劇場用に生まれ代った事により、殺しと血のりの量は倍増していそうですが、第一作のレーティングはPG12であった、という事実にも驚かされます。

一応、大人から子供までの客層をカバーできる様、配給側が考慮したという事かも知れませんが、この続編ではR指定となって、よりハードコアに近づいています。

ロバート・マッコールが、前回より、さらに大きな悪との闘いへ踏み込むという、この『The Equalizer 2』。アメリカ本国で公開された際の評価とは、どの様なものだったか興味が湧く所です。 【続きを読む】 “復讐系アクション映画「イコライザー2(The Equalizer 2)」の評価とは?”