傷を抱えた父娘の奇異なストーリー:映画「Leave No Trace」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Leave No Trace
    • リーヴ・ノー・トレース
  • ジャンル:
    • ドラマ
  • 制作:
    • 2018年
    • Bron Studios
    • First Look Media
    • Harrison Productions
  • 日本公開:
    • 未定

ベン・フォスターがPTSDの帰還兵を演じる『Leave No Trace』

深い心の傷は、時に、とても非常識な行動を人間に取らせるものです。そして、いつの時代もそんな悪い影響を残すのは、あなたが過去に受けたトラウマの記憶です。

今回ご紹介する映画『Leave No Trace』は、実力派俳優ベン・フォスターが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の影響を受け、世の中のシステムから外れてしまった男性を演じている作品。

彼は、おそらくどこかの戦場で酷い体験をした人物。とは言えこのストーリーでは、アルコール、ドラッグ、うつ、そして銃の乱射など、PTSDを扱う話の定番要素に頼るものでもない様です。

むしろこの男性、標準レベルと比べても、自分の娘の養育に対する責任感はかなり強い、そんな父親でもあるのです。

そのストーリーの原作、実は、オレゴン州ポートランドで実際に起きた事件をモチーフに書かれた小説『My Abandonment』が使われています。

森林公園に4年間暮らした父娘

この映画のモチーフとなった出来事。その発端は、2004年の4月28日に一組のオーストラリア人夫婦が、ポートランド郊外にあるフォレストパークという自然公園で、10代の女の子を連れた歩く男性を目撃した所からはじまります。

この謎の男が子供を連れていた事から、犯罪の可能性を感じた目撃者夫妻は、地元警察へと通報しました。

そして、通報者の男性に案内された警官隊が深い森で発見したのが、他人に見つかりにくい様に巧みに作り上げられた、誰かのキャンプサイトだったのです。

みつかったその場所。テントの下には、寝袋やいくつかのツール、そして聖書やエンサイクロペディアの1セットなどが有りました。さらには、テントの横に小さな畑まで整備されていたのです。

キャンプには問題の男性は居ませんでしたが、捜索を続けた警官隊が、少し離れた地点でついに彼を補足します。

この男性の名前はフランクといい、53歳の元海兵隊員なと名乗り、供に居る女の子は自分の娘でルースという名だと言いました。

話を聞けば、2人は、この森の中で4年に亘り生活を続けていたとの事。フランクの現金収入は、月に400ドル程度の障碍者手当です。

様々な虐待や犯罪を疑った当局は、ルースの健康状態を調べますが、完全に健康体である事が分かります。なんと彼女には虫歯の1本すら無かったのです。更には、父親から良く教育を受けていた彼女は、同じ年ごろ並かそれ以上の会話能力を見せました。

何年か前オレゴンにやってきた時、フランクは無一文であり、そのままホームレスとなって娘を街角の悪い環境にさらすより、世の中から外れて森林での引き込もり生活を選んだのだとの事。

それ以来彼らは、ほぼ誰からも気づかれる事なく、森のなかでひっそりと生活をつづけていたのです。

【続きを読む】 “傷を抱えた父娘の奇異なストーリー:映画「Leave No Trace」の評価とは?”