政府の陰謀と戦った記者達:映画「Shock and Awe」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Shock and Awe
    • ショック・アンド・オウ
  • ジャンル:
    • ドラマ / 実話 / 政治
  • 制作:
    • 2018年
    • Acacia Filmed Entertainment
    • Castle Rock Entertainment
    • Savvy Media Holdings
  • 日本公開:
    • 未定

悪党をみつけて叩きのめす正義の戦争・・・

人は、内面で処理しきれない程の怒りや悲しみを抱えた時、とにかく、誰かもしくは何かの中に、その責任を見いだそうとします。

今回ご紹介する映画『Shock and Awe』が扱う、9.11同時多発テロ後のアメリカでは、アメリカ国民全員がそんな状態に陥っていたでしょう。

言ってみれば、これは人間の自然な反応。恥じるべきでも無ければ、責められる必要もないのかも知れません。

とは言え、世の中全体がそんなムードに支配されている時代には、煽情的な旗を掲げる事で数千万人の人間の思考を操作するのも容易です。戦争を始めたいと思っている政治家にとっては、まさに絶好のチャンスでもある訳です。

この映画『Shock and Awe』は、9.11後のアメリカ政府が、イラクへの軍事侵攻を正当化するために民衆へ流した情報のウソを暴こうと奮闘した、正義のジャーナリスト達を追うものです。

Shock and Awe、ブッシュ政権のイラク戦争とは?

3,000人に及ぶ犠牲者を出した、2001年9月のN.Y.同時多発テロ。

その犯人であるアルカイダを支援しているという理由で、アメリカと他数カ国(有志連合)の軍隊が、この年の10月にアフガニスタン空爆を決行しています。

アメリカ側の圧倒的な軍事力もあってか、この時の戦闘は2ヵ月程で集結。テロに対する実質的な報復行動はいったん集結していました。

ところが、翌年くらいから、時のブッシュ政権の対テロリズム姿勢が拡大します。イラクなど複数の国をテロ国家と位置付けて討伐すべきという口調に変わってきたのです。

その時のブッシュ大統領(および側近)の最大の主張は、イラクが、湾岸戦争停戦時に禁止されたはずの大量破壊兵器を製造・保持している、という内容でした。

そして、この開戦理由そのものが虚偽であったと、後に判明してしまうのです。

開戦前の早い段階から、その事実を掴んで報道しようとしていた、数人のジャーナリストが、この映画『Shock and Awe』の主人公達です。・・・ 【続きを読む】 “政府の陰謀と戦った記者達:映画「Shock and Awe」の評価とは?”

傷を抱えた父娘の奇異なストーリー:映画「Leave No Trace」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Leave No Trace
    • リーヴ・ノー・トレース
  • ジャンル:
    • ドラマ
  • 制作:
    • 2018年
    • Bron Studios
    • First Look Media
    • Harrison Productions
  • 日本公開:
    • 未定

ベン・フォスターがPTSDの帰還兵を演じる『Leave No Trace』

深い心の傷は、時に、とても非常識な行動を人間に取らせるものです。そして、いつの時代もそんな悪い影響を残すのは、あなたが過去に受けたトラウマの記憶です。

今回ご紹介する映画『Leave No Trace』は、実力派俳優ベン・フォスターが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の影響を受け、世の中のシステムから外れてしまった男性を演じている作品。

彼は、おそらくどこかの戦場で酷い体験をした人物。とは言えこのストーリーでは、アルコール、ドラッグ、うつ、そして銃の乱射など、PTSDを扱う話の定番要素に頼るものでもない様です。

むしろこの男性、標準レベルと比べても、自分の娘の養育に対する責任感はかなり強い、そんな父親でもあるのです。

そのストーリーの原作、実は、オレゴン州ポートランドで実際に起きた事件をモチーフに書かれた小説『My Abandonment』が使われています。

森林公園に4年間暮らした父娘

この映画のモチーフとなった出来事。その発端は、2004年の4月28日に一組のオーストラリア人夫婦が、ポートランド郊外にあるフォレストパークという自然公園で、10代の女の子を連れた歩く男性を目撃した所からはじまります。

この謎の男が子供を連れていた事から、犯罪の可能性を感じた目撃者夫妻は、地元警察へと通報しました。

そして、通報者の男性に案内された警官隊が深い森で発見したのが、他人に見つかりにくい様に巧みに作り上げられた、誰かのキャンプサイトだったのです。

みつかったその場所。テントの下には、寝袋やいくつかのツール、そして聖書やエンサイクロペディアの1セットなどが有りました。さらには、テントの横に小さな畑まで整備されていたのです。

キャンプには問題の男性は居ませんでしたが、捜索を続けた警官隊が、少し離れた地点でついに彼を補足します。

この男性の名前はフランクといい、53歳の元海兵隊員なと名乗り、供に居る女の子は自分の娘でルースという名だと言いました。

話を聞けば、2人は、この森の中で4年に亘り生活を続けていたとの事。フランクの現金収入は、月に400ドル程度の障碍者手当です。

様々な虐待や犯罪を疑った当局は、ルースの健康状態を調べますが、完全に健康体である事が分かります。なんと彼女には虫歯の1本すら無かったのです。更には、父親から良く教育を受けていた彼女は、同じ年ごろ並かそれ以上の会話能力を見せました。

何年か前オレゴンにやってきた時、フランクは無一文であり、そのままホームレスとなって娘を街角の悪い環境にさらすより、世の中から外れて森林での引き込もり生活を選んだのだとの事。

それ以来彼らは、ほぼ誰からも気づかれる事なく、森のなかでひっそりと生活をつづけていたのです。

【続きを読む】 “傷を抱えた父娘の奇異なストーリー:映画「Leave No Trace」の評価とは?”

実話系スパイドラマ:映画「The Catcher Was a Spy」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • The Catcher Was a Spy
    • ザ・キャッチャー・ワズ・ア・スパイ
  • ジャンル:
    • 実話 / ドラマ
  • 制作:
  • 日本公開:
    • 未定

あのアントマンが、謎のメジャーリーガー:M・Bになる!?

第二次世界大戦前に活躍したメジャーリーガー、モー・バーグ(M・B)は、少なくとも1つの都市伝説としては名を残した人と言えるでしょう。

彼は、今から70年以上も前の人。最近のカリスマ〇〇〇な人の様に、SNSで自分の表も裏も全部発信する事は出来ませんでした。

むしろ彼は、謎の部分を残した事によって、永遠に人々の話題に上り続けるレジェンドになった、と言えそう。ネットどころかテレビすら無かった時代を生きたバーグには、数々の逸話が残されています。

アスリートとしてだけでなく、学歴その他の実務能力も一般人を完全に凌駕していたと言う、モー・バーグという人。そんな彼を、アントマンことポール・ラッドが演じ、世界を悪の枢軸国から救うため暗躍したスパイの姿を描きだすと言うのが、今回ご紹介する映画『The Catcher Was a Spy』です。

野球界で最も頭が良い、と呼ばれたこの男のストーリー。一体、どんな評価が与えられているのでしょうか。 【続きを読む】 “実話系スパイドラマ:映画「The Catcher Was a Spy」の評価とは?”