2018年夏に出てくる話題のファミリー系コメディー映画3作品

夏の映画は世相を映す!?

2018年も、ハリウッドにとって最大の書き入れ時、ブロックバスターシーズンがやって来ました。毎年、この夏の時期には、超大型作品が多数用意され世界中の話題をかっさらいます。

そこには、巨額のドル紙幣の臭いがプンプン。

まぁおそらく、その時代ごとのムードというか雰囲気が、ある程度そういった作品群にも影響を与えていると思えます。なので、夏の休暇シーズンに出てくる映画を分析すれば、その年終盤にかけての米国経済だって占える、かも知れません。

さて、そんな金の話は横に置いておくとして、夏休みに封切られる作品群の中には、何かと嫌な事の多い今の世相を元気づけるための、コメディー映画も多数リリースされます。

今回は、今年2018年の夏に話題となる事必至のコメディー映画から、あらすじ的なものを3つ程、軽くご紹介する事にいたしましょう。

夏休みの新作コメディ1:『Hotel Transylvania 3: Summer Vacation』

世界中の人を怖がらせるのは、モンスター達の大切なお仕事。そして、人を恐怖のどん底へ陥れるのは、メロドラマで泣かせるよりはるかに難しい作業なのです。

そんな仕事に日々身をすり減らしたモンスター達は、ここトランシルヴァニアに有る、あの「モンスター・ホテル」へとやって来て、ひと時その牙や爪を休めます。

このホテルで、愛すべき怪物達に癒しの休暇を提供する、これまた大切な仕事をし続けてきたのが、我らが吸血鬼ドラキュラ。

何百年この仕事に打ち込んできたか分からない彼ですが、最近になって、ちょっと心に隙間風が吹き始めた様子。そう、彼は気づいてしまったのです、自分はいかに孤独かと言う事に。

そんな父親を気遣い、彼自身にも一時の休暇を取ったらどうか、と娘のメイヴィスは提案します。

かくして、モンスター・ホテルご一行様の、豪華クルーザー上でのバケーションが始まりました。そしてドラキュラは、自分のソウルメイトかもしれない女性と出合ってしまったのです。彼女の名前はエリカ、なんとクルーザーの船長でした。

ひと目見た瞬間から、ドラキュラは彼女の魅力にメロメロです。とは言うものの、エリカには大きな秘密が有りました。彼女は、全モンスターの宿敵であった、あのヴァン・ヘルシングの末裔だったのです。

それに一早く気づいたメイヴィスは、父親と船長の中を何とか引き離そうと、色々画策するのでしたが・・・

– – – – – – – – –

と言うあらすじの映画が、この『Hotel Transylvania 3: Summer Vacation』。

冒頭に出てくる、言葉のアクセントが強すぎてスマホ音声認識が機能しない、とか、ヴァンパイアが日焼けしたらどうなるのだろう、とか、色々辛辣なジョークが込められているのが、この一本の様です。米国公開は7月13日。

  • タイトル:
    • Hotel Transylvania 3: Summer Vacation
    • モンスター・ホテル3
  • ジャンル:
    • コメディ / アニメーション
  • 出演:
    • アダム・サンドラー
    • セレーナ・ゴメス
    • キャスリン・ハーン
    • アンディ・サムバーグ
    • スティーヴ・ブシェミ
    • メル・ブルックス…他
  • 日本公開:
    • 未定

【続きを読む】 “2018年夏に出てくる話題のファミリー系コメディー映画3作品”

ホラーミステリー映画「Hereditary」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Hereditary
    • ヘレディタリー
  • ジャンル:
    • ホラー / ミステリー
  • 制作:
    • 2018年
    • PalmStar Media
  • 日本公開:
    • 未定

親の秘密は暴かない方が良い…

どんな人にも歴史が有り、歴史の裏には秘密が有ります。あなたの身近にいる大切な人も、隠し続けている秘密を1つ位は持っているはずです。

それが恥じるべき過去なのか、はたまた人を傷つけた罪なのか、人が秘密を隠し通そうとする理由は様々。問題なのは、その秘密が何時、どの様に暴かれるか、という事なのです。

今回ご紹介する映画『Hereditary』は、母親を失った女性が、その人の裏側に隠されていた秘密に、最悪の形で直面して行く様子を描くホラー映画だそうです。主演をするのは、『シックス・センス』でオスカーノミネーションを受けた事も有る、実力派女優のトニ・コレット。

1人の人間が居なくなるという事は、残された人々の生活だけでなく、多分その人自身も変えてしまう。そんな1つの事象を冷たい視線で描いてゆくという印象のこの映画、その評価はどの様なものでしょうか。 【続きを読む】 “ホラーミステリー映画「Hereditary」の評価とは?”

梅雨~お盆にかけて観たいホラー映画-6選(2018)

梅雨からお盆は、恐怖でうっとうしさを吹き飛ばす

誰しも、ネガティブな感情を持ったり気分がふさぐ時は有ります。

でも、それを理性で抑圧せず、むしろその感覚に骨の髄まで浸ってみようと開き直ると、意外に後で気持ちが晴れたりするもの。

そして、ふさいだ気持ちをさらに加速させ、最終的にあたなの心を開放へと導く何かこそ、出来るだけ恐くて後味の悪いホラー映画と言う事になるのです。

今回は、梅雨に増幅しがちな日常のストレスを吹き飛ばす、ホラー映画を6作品ご紹介します。

まぁ、どれかをお勧めするとか言うものではありませんが、データが出ている作品については制作予算と興行収益を記載し、作品としての成功度合(収益を予算で割り算してパーセンテージにしたもの)をお示しする事で、みなさんがホラー映画の仕訳をするのに便利な様にしてみました。

それでは、2018年、恐怖の夏をご一緒にどうぞ・・・ 【続きを読む】 “梅雨~お盆にかけて観たいホラー映画-6選(2018)”

感染スプラッター系ホラー映画「Feral」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Feral
    • フェラル
  • ジャンル:
    • ホラー / ドラマ
  • 制作:
    • 2017年
    • Alternate Ending Films
  • 日本公開:
    • 未定

呪いの森に踏み込む若者がまた数名…

現代人が、孤島のビーチとか山奥の湖畔にあるロッジへわざわざ出かけるのは、日常の生活パターンから抜け出したいがためです。

バケーションで普段とは異質な環境に身をおけば、人生のための新しいインスピレーションが得られたりもするでしょう。あるいは、同行した仲間たちの意外な一面を知るチャンスも有ったりして。

ただ、大自然には危険が潜んでいる事も確か。だから皆さんは、文明生活では有り得ない想定外の事態にみまわれる可能性も、ちゃんと認識して次の休暇に向かうべきです。

さて、今回ご紹介するホラー映画『Feral』で、山奥のロッジに向かっていた医大生のグループには、ひょっとしたらそんな心構えが足らなかったのかも知れません。

その森の中では、彼らの仲間が意外な一面を見せるどころか、ニンゲン以外のモノに変わっていくという、恐ろしい出来事が襲ってくるのだそうです。

このホラー映画、以前から有るスプラッターものの焼き直しに、ある程度プロット上の工夫も加えた一作らしいのですが、はたして、どんな評価を受けているのでしょうか・・・ 【続きを読む】 “感染スプラッター系ホラー映画「Feral」の評価とは?”