復讐系アクション映画「イコライザー2(The Equalizer 2)」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
  • ジャンル:
    • アクション / 復讐
  • 制作:
    • 2018年
    • Columbia Pictures Corporation
    • Escape Artists
    • Fuqua Films
    • Sony Pictures Entertainment…他
  • 日本公開:
    • 2018年10月5日

デンゼル・ワシントンの秒殺技、再び

あくまでも空想ですが、目には目を歯には歯を、なんて事が今でも一般の世の中に通用するなら、傷つけられた過去に悩み苦しむ人の数は、実際、かなり減少すると思うのです。

とは言え、現実世界でもフィクションの中でも、そんな風に力技で問題を解決する人には、格別の判断能力とモラルが必須となるでしょう。例えば、、、そう、デンゼル・ワシントンみたいな人が、相応しいと言えます。

今回、問題渦巻く現代世界で苦しむアメリカ国民の求めに応じ、キャリア上で初めての続編映画に出たワシントンが、再び正義の私刑人を演じたというのが、今回ご紹介する『The Equalizer 2』です。

虐げられた者に代わり復讐を果たす、それがイコライザー

2014年に公開された第一作めの『イコライザー』は、5,500万ドルの制作予算で作られ、最終的に世界中で1憶9,200万ドルの売り上げを達成するヒット作となりました。

その中で、デンゼル・ワシントンが抑制した感情と共に時折見せる、穏やかなやさしさや悪に対する厳格で厳しい態度が、現世の不条理に悩み苦しむ世界中の人から指示され、この続編誕生という運びとなった様です。

大元は、1985年から89年にかけてアメリカのTVで放映されたシリーズであったのが、この『イコライザー』。劇場用に生まれ代った事により、殺しと血のりの量は倍増していそうですが、第一作のレーティングはPG12であった、という事実にも驚かされます。

一応、大人から子供までの客層をカバーできる様、配給側が考慮したという事かも知れませんが、この続編ではR指定となって、よりハードコアに近づいています。

ロバート・マッコールが、前回より、さらに大きな悪との闘いへ踏み込むという、この『The Equalizer 2』。アメリカ本国で公開された際の評価とは、どの様なものだったか興味が湧く所です。 【続きを読む】 “復讐系アクション映画「イコライザー2(The Equalizer 2)」の評価とは?”

ザ・ロック主演のアクション:映画「スカイスクレイパー(Skyscraper)」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Skyscraper
    • スカイスクレイパー
  • ジャンル:
    • アクション / スリラー
  • 制作:
    • 2018年
    • Legendary Entertainment
    • Flynn Picture Company
    • Seven Bucks Productions
    • The Third Floor
  • 日本公開:
    • 2018年9月21日

平成最後の暑い夏に、超絶アクションが炸裂

今回ご紹介する、超ド級最新アクション大作『スカイスクレイパー(Skyscraper)』は、あの、ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)主演で、彼とは過去にも仕事をした事がある、ローソン・マーシャル・サーバーが監督を務めた娯楽作。

米国リリースの約2ヵ月後というスピードで、日本でも劇場公開される話題作です。

アクションのパフォーマンスと、愛嬌のある表情を併せ持つザ・ロックは、日本でもさらなる訴求力を発揮する事が見込めるハリウッドスターでしょう。

今回は、そのザ・ロック最新作について、アメリカ本国メディアの評価を4つ程拾ってご紹介します。 【続きを読む】 “ザ・ロック主演のアクション:映画「スカイスクレイパー(Skyscraper)」の評価とは?”

政府の陰謀と戦った記者達:映画「Shock and Awe」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Shock and Awe
    • ショック・アンド・オウ
  • ジャンル:
    • ドラマ / 実話 / 政治
  • 制作:
    • 2018年
    • Acacia Filmed Entertainment
    • Castle Rock Entertainment
    • Savvy Media Holdings
  • 日本公開:
    • 未定

悪党をみつけて叩きのめす正義の戦争・・・

人は、内面で処理しきれない程の怒りや悲しみを抱えた時、とにかく、誰かもしくは何かの中に、その責任を見いだそうとします。

今回ご紹介する映画『Shock and Awe』が扱う、9.11同時多発テロ後のアメリカでは、アメリカ国民全員がそんな状態に陥っていたでしょう。

言ってみれば、これは人間の自然な反応。恥じるべきでも無ければ、責められる必要もないのかも知れません。

とは言え、世の中全体がそんなムードに支配されている時代には、煽情的な旗を掲げる事で数千万人の人間の思考を操作するのも容易です。戦争を始めたいと思っている政治家にとっては、まさに絶好のチャンスでもある訳です。

この映画『Shock and Awe』は、9.11後のアメリカ政府が、イラクへの軍事侵攻を正当化するために民衆へ流した情報のウソを暴こうと奮闘した、正義のジャーナリスト達を追うものです。

Shock and Awe、ブッシュ政権のイラク戦争とは?

3,000人に及ぶ犠牲者を出した、2001年9月のN.Y.同時多発テロ。

その犯人であるアルカイダを支援しているという理由で、アメリカと他数カ国(有志連合)の軍隊が、この年の10月にアフガニスタン空爆を決行しています。

アメリカ側の圧倒的な軍事力もあってか、この時の戦闘は2ヵ月程で集結。テロに対する実質的な報復行動はいったん集結していました。

ところが、翌年くらいから、時のブッシュ政権の対テロリズム姿勢が拡大します。イラクなど複数の国をテロ国家と位置付けて討伐すべきという口調に変わってきたのです。

その時のブッシュ大統領(および側近)の最大の主張は、イラクが、湾岸戦争停戦時に禁止されたはずの大量破壊兵器を製造・保持している、という内容でした。

そして、この開戦理由そのものが虚偽であったと、後に判明してしまうのです。

開戦前の早い段階から、その事実を掴んで報道しようとしていた、数人のジャーナリストが、この映画『Shock and Awe』の主人公達です。・・・ 【続きを読む】 “政府の陰謀と戦った記者達:映画「Shock and Awe」の評価とは?”

傷を抱えた父娘の奇異なストーリー:映画「Leave No Trace」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Leave No Trace
    • リーヴ・ノー・トレース
  • ジャンル:
    • ドラマ
  • 制作:
    • 2018年
    • Bron Studios
    • First Look Media
    • Harrison Productions
  • 日本公開:
    • 未定

ベン・フォスターがPTSDの帰還兵を演じる『Leave No Trace』

深い心の傷は、時に、とても非常識な行動を人間に取らせるものです。そして、いつの時代もそんな悪い影響を残すのは、あなたが過去に受けたトラウマの記憶です。

今回ご紹介する映画『Leave No Trace』は、実力派俳優ベン・フォスターが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の影響を受け、世の中のシステムから外れてしまった男性を演じている作品。

彼は、おそらくどこかの戦場で酷い体験をした人物。とは言えこのストーリーでは、アルコール、ドラッグ、うつ、そして銃の乱射など、PTSDを扱う話の定番要素に頼るものでもない様です。

むしろこの男性、標準レベルと比べても、自分の娘の養育に対する責任感はかなり強い、そんな父親でもあるのです。

そのストーリーの原作、実は、オレゴン州ポートランドで実際に起きた事件をモチーフに書かれた小説『My Abandonment』が使われています。

森林公園に4年間暮らした父娘

この映画のモチーフとなった出来事。その発端は、2004年の4月28日に一組のオーストラリア人夫婦が、ポートランド郊外にあるフォレストパークという自然公園で、10代の女の子を連れた歩く男性を目撃した所からはじまります。

この謎の男が子供を連れていた事から、犯罪の可能性を感じた目撃者夫妻は、地元警察へと通報しました。

そして、通報者の男性に案内された警官隊が深い森で発見したのが、他人に見つかりにくい様に巧みに作り上げられた、誰かのキャンプサイトだったのです。

みつかったその場所。テントの下には、寝袋やいくつかのツール、そして聖書やエンサイクロペディアの1セットなどが有りました。さらには、テントの横に小さな畑まで整備されていたのです。

キャンプには問題の男性は居ませんでしたが、捜索を続けた警官隊が、少し離れた地点でついに彼を補足します。

この男性の名前はフランクといい、53歳の元海兵隊員なと名乗り、供に居る女の子は自分の娘でルースという名だと言いました。

話を聞けば、2人は、この森の中で4年に亘り生活を続けていたとの事。フランクの現金収入は、月に400ドル程度の障碍者手当です。

様々な虐待や犯罪を疑った当局は、ルースの健康状態を調べますが、完全に健康体である事が分かります。なんと彼女には虫歯の1本すら無かったのです。更には、父親から良く教育を受けていた彼女は、同じ年ごろ並かそれ以上の会話能力を見せました。

何年か前オレゴンにやってきた時、フランクは無一文であり、そのままホームレスとなって娘を街角の悪い環境にさらすより、世の中から外れて森林での引き込もり生活を選んだのだとの事。

それ以来彼らは、ほぼ誰からも気づかれる事なく、森のなかでひっそりと生活をつづけていたのです。

【続きを読む】 “傷を抱えた父娘の奇異なストーリー:映画「Leave No Trace」の評価とは?”

実話系スパイドラマ:映画「The Catcher Was a Spy」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • The Catcher Was a Spy
    • ザ・キャッチャー・ワズ・ア・スパイ
  • ジャンル:
    • 実話 / ドラマ
  • 制作:
  • 日本公開:
    • 未定

あのアントマンが、謎のメジャーリーガー:M・Bになる!?

第二次世界大戦前に活躍したメジャーリーガー、モー・バーグ(M・B)は、少なくとも1つの都市伝説としては名を残した人と言えるでしょう。

彼は、今から70年以上も前の人。最近のカリスマ〇〇〇な人の様に、SNSで自分の表も裏も全部発信する事は出来ませんでした。

むしろ彼は、謎の部分を残した事によって、永遠に人々の話題に上り続けるレジェンドになった、と言えそう。ネットどころかテレビすら無かった時代を生きたバーグには、数々の逸話が残されています。

アスリートとしてだけでなく、学歴その他の実務能力も一般人を完全に凌駕していたと言う、モー・バーグという人。そんな彼を、アントマンことポール・ラッドが演じ、世界を悪の枢軸国から救うため暗躍したスパイの姿を描きだすと言うのが、今回ご紹介する映画『The Catcher Was a Spy』です。

野球界で最も頭が良い、と呼ばれたこの男のストーリー。一体、どんな評価が与えられているのでしょうか。 【続きを読む】 “実話系スパイドラマ:映画「The Catcher Was a Spy」の評価とは?”

2018年夏に出てくる話題のファミリー系コメディー映画3作品

夏の映画は世相を映す!?

2018年も、ハリウッドにとって最大の書き入れ時、ブロックバスターシーズンがやって来ました。毎年、この夏の時期には、超大型作品が多数用意され世界中の話題をかっさらいます。

そこには、巨額のドル紙幣の臭いがプンプン。

まぁおそらく、その時代ごとのムードというか雰囲気が、ある程度そういった作品群にも影響を与えていると思えます。なので、夏の休暇シーズンに出てくる映画を分析すれば、その年終盤にかけての米国経済だって占える、かも知れません。

さて、そんな金の話は横に置いておくとして、夏休みに封切られる作品群の中には、何かと嫌な事の多い今の世相を元気づけるための、コメディー映画も多数リリースされます。

今回は、今年2018年の夏に話題となる事必至のコメディー映画から、あらすじ的なものを3つ程、軽くご紹介する事にいたしましょう。

夏休みの新作コメディ1:『Hotel Transylvania 3: Summer Vacation』

世界中の人を怖がらせるのは、モンスター達の大切なお仕事。そして、人を恐怖のどん底へ陥れるのは、メロドラマで泣かせるよりはるかに難しい作業なのです。

そんな仕事に日々身をすり減らしたモンスター達は、ここトランシルヴァニアに有る、あの「モンスター・ホテル」へとやって来て、ひと時その牙や爪を休めます。

このホテルで、愛すべき怪物達に癒しの休暇を提供する、これまた大切な仕事をし続けてきたのが、我らが吸血鬼ドラキュラ。

何百年この仕事に打ち込んできたか分からない彼ですが、最近になって、ちょっと心に隙間風が吹き始めた様子。そう、彼は気づいてしまったのです、自分はいかに孤独かと言う事に。

そんな父親を気遣い、彼自身にも一時の休暇を取ったらどうか、と娘のメイヴィスは提案します。

かくして、モンスター・ホテルご一行様の、豪華クルーザー上でのバケーションが始まりました。そしてドラキュラは、自分のソウルメイトかもしれない女性と出合ってしまったのです。彼女の名前はエリカ、なんとクルーザーの船長でした。

ひと目見た瞬間から、ドラキュラは彼女の魅力にメロメロです。とは言うものの、エリカには大きな秘密が有りました。彼女は、全モンスターの宿敵であった、あのヴァン・ヘルシングの末裔だったのです。

それに一早く気づいたメイヴィスは、父親と船長の中を何とか引き離そうと、色々画策するのでしたが・・・

– – – – – – – – –

と言うあらすじの映画が、この『Hotel Transylvania 3: Summer Vacation』。

冒頭に出てくる、言葉のアクセントが強すぎてスマホ音声認識が機能しない、とか、ヴァンパイアが日焼けしたらどうなるのだろう、とか、色々辛辣なジョークが込められているのが、この一本の様です。米国公開は7月13日。

  • タイトル:
    • Hotel Transylvania 3: Summer Vacation
    • モンスター・ホテル3
  • ジャンル:
    • コメディ / アニメーション
  • 出演:
    • アダム・サンドラー
    • セレーナ・ゴメス
    • キャスリン・ハーン
    • アンディ・サムバーグ
    • スティーヴ・ブシェミ
    • メル・ブルックス…他
  • 日本公開:
    • 未定

【続きを読む】 “2018年夏に出てくる話題のファミリー系コメディー映画3作品”

ホラーミステリー映画「Hereditary」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Hereditary
    • ヘレディタリー
  • ジャンル:
    • ホラー / ミステリー
  • 制作:
    • 2018年
    • PalmStar Media
  • 日本公開:
    • 未定

親の秘密は暴かない方が良い…

どんな人にも歴史が有り、歴史の裏には秘密が有ります。あなたの身近にいる大切な人も、隠し続けている秘密を1つ位は持っているはずです。

それが恥じるべき過去なのか、はたまた人を傷つけた罪なのか、人が秘密を隠し通そうとする理由は様々。問題なのは、その秘密が何時、どの様に暴かれるか、という事なのです。

今回ご紹介する映画『Hereditary』は、母親を失った女性が、その人の裏側に隠されていた秘密に、最悪の形で直面して行く様子を描くホラー映画だそうです。主演をするのは、『シックス・センス』でオスカーノミネーションを受けた事も有る、実力派女優のトニ・コレット。

1人の人間が居なくなるという事は、残された人々の生活だけでなく、多分その人自身も変えてしまう。そんな1つの事象を冷たい視線で描いてゆくという印象のこの映画、その評価はどの様なものでしょうか。 【続きを読む】 “ホラーミステリー映画「Hereditary」の評価とは?”

感染スプラッター系ホラー映画「Feral」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Feral
    • フェラル
  • ジャンル:
    • ホラー / ドラマ
  • 制作:
    • 2017年
    • Alternate Ending Films
  • 日本公開:
    • 未定

呪いの森に踏み込む若者がまた数名…

現代人が、孤島のビーチとか山奥の湖畔にあるロッジへわざわざ出かけるのは、日常の生活パターンから抜け出したいがためです。

バケーションで普段とは異質な環境に身をおけば、人生のための新しいインスピレーションが得られたりもするでしょう。あるいは、同行した仲間たちの意外な一面を知るチャンスも有ったりして。

ただ、大自然には危険が潜んでいる事も確か。だから皆さんは、文明生活では有り得ない想定外の事態にみまわれる可能性も、ちゃんと認識して次の休暇に向かうべきです。

さて、今回ご紹介するホラー映画『Feral』で、山奥のロッジに向かっていた医大生のグループには、ひょっとしたらそんな心構えが足らなかったのかも知れません。

その森の中では、彼らの仲間が意外な一面を見せるどころか、ニンゲン以外のモノに変わっていくという、恐ろしい出来事が襲ってくるのだそうです。

このホラー映画、以前から有るスプラッターものの焼き直しに、ある程度プロット上の工夫も加えた一作らしいのですが、はたして、どんな評価を受けているのでしょうか・・・ 【続きを読む】 “感染スプラッター系ホラー映画「Feral」の評価とは?”

犯罪ミステリー映画「Terminal」の評価・あらすじ

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Terminal
    • ターミナル(原題)
  • ジャンル:
    • 犯罪、スリラー
  • 制作:
  • 日本公開
    • 未定

マーゴット・ロビー=正体は殺し屋

美しいバラにはトゲが有ります。だから、その魅力に惹かれたからと言ってやたら手を出せば、必ず怪我をする事になるのです。

しかし、クールで危険なバラは、ハードボイルド系映画には古くから欠かせない題材の一つであり、今回紹介する映画「Terminal」にも、危険な香りを漂わせる美しい花が登場します。

舞台のようにスタイライズされ、謀略と殺しのスキーム渦巻くこの映画の世界で、うかつに手をだすとヤバそうな謎のウェイトレスを演じているのが、あのマーゴット・ロビー。どぎつい色彩で飾られたその映像美は、自称プロを名乗る映画ファンの人にも好まれそうな一本でしょう。

色々と物議を生んだフィギュアスケーターから一転、もっと物議を醸しそうな悪い女に変身したマーゴット・ロビー。その評判はどんなものなのでしょうかね? 【続きを読む】 “犯罪ミステリー映画「Terminal」の評価・あらすじ”

映画「タリーと私の秘密の時間(Tully)」の評価とは?

予告編と作品基本情報

家事に燃え尽きるシャーリーズ・セロン

映画というものは、一種の贖(あがな)いで、カタルシス(浄化)でもあります。それ故に、そこで活躍する人物には、並ならぬカリスマ的魅力が備わっていないといけません。

今時の主役級俳優の中では、多くの意味でキレのあるシャーリーズ・セロンは、そんなカリスマの代表格の一人だと言えます。

これまで、東西冷戦の狭間で活躍する女エージェントや、ファンタジーの国の冷たい女王、はたまた連続殺人を犯す娼婦から宇宙飛行士まで、あらゆるシゲキ的役柄を演じてきた彼女は、今やハリウッドを動かすエンジンの一つです。

そんなセロン姉さんが、一番最近に取り組んだ役どころ、それがなんと、「家事に疲れ果てた一人の既婚女性」。そう、今回ご紹介する映画「タリーと私の秘密の時間(Tully)」は、生活にも人生にもくたくたになったシャーリーズ・セロンが見どころの一つになっている、そんな映画のようです。

家族への愛ゆえに、自分自身をすり減らし見失ってしまった女性。しかし、一人の若い乳母が彼女の元にやってきた時から、少しずつ何かが変わり始めると言うのですけど、一体何が起こるんですかね? 【続きを読む】 “映画「タリーと私の秘密の時間(Tully)」の評価とは?”

祟り系ホラー映画「Truth or Dare」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Truth or Dare
    • トゥルース・オア・デア
  • ジャンル:
    • ホラー
  • 制作:
  • 日本公開:
    • 未定

ゲームの悪魔に追い詰められるルーシー・ヘイル

「注意:このゲームはお遊びではない。参加者はこれがもたらすだろう結果について、十分考慮の上で参加の決断をするように」

B級ホラー映画に登場するゲームに、そんなルール上の但し書きが添えられていたとしても、登場する若者達はまともに取り合ったりはしない事でしょう。

何故かって、彼らはバケーションの真っ最中で、おそらく朝からビール瓶を何本も空けているはずだから。

そして、お約束通りゲームの本質を見くびった彼らが、一人また一人と呪いの罰を受けて行くというのが、今回ご紹介するホラー映画「Truth or Dare」なのです。

もちろん、ホラー映画の中ではと書いてと読むのも、従来からのルール通り。

本来、人が死ぬ様子を娯楽として観るなんて、実に不道徳なお話な訳ですが、それがB級恐怖映画であり、正当な料金を払ってそれを観ている限りは、観客がその点の責任を問われる事はありません。

そんなふしだらな映画ファンの身代わりとして、あの手この手と趣向を凝らしたデーモンに、モデル級のルックスを持った若者達が呪われ祟られる、というこの作品。

どんなお話なのでしょうかねぇ?・・・ 【続きを読む】 “祟り系ホラー映画「Truth or Dare」の評価とは?”

地政学と科学のロマンス映画「Submergence」の評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Submergence
    • サブマージェンス
  • 制作:2018年 会社
  • 日本公開

映画的運命に翻弄される愛:映画「Submergence」

運命とは、実は不確かで、そして残酷なものです。

魂レベルでつながりあえる男女が運命の出会いを果たしても、二人はすぐに引き離され、それぞれ地の果てへ追いやられた挙句、運命が用意した過酷な試練に直面するのです。

そして迎えるクライマックスに、観客は涙を止める事ができません。

・・・

そんな風な映画的ロマンスの典型に、これまで作られてきた各種娯楽作品の大まかな内容を盛り込み、まとめあげたという印象なのが、今回ご紹介する映画「Submergence」です。

ただのラブストーリーで終わらせない、新鮮なアイディアが与えられた映画のようにも思えますが、逆に、ただ甘いムードだけに浸らせてくれないプロットでもある様です。

それを、ジェームズ・マカヴォイとアリシア・ヴィキャンデルという輝くキャストに演じさせたなら、クラシック作にはならなくとも、趣味が合う観客は十分呼び込めるハズ。

そんな読みが、この映画のプロデユーサー達に有ったかどうか分かりませんが、とにかく、大きな物語が展開する作品ではあるようです・・・ 【続きを読む】 “地政学と科学のロマンス映画「Submergence」の評価とは?”