カテゴリー: ホラー

J・J・エイブラムス

第二次大戦スプラッター映画「Overlord」海外メディアの評価とは?

第三帝国、その呪われた科学実験を描く ナチスドイツは、本気で『契約の箱』を見つけようとしていたそうですし、ヒットラーの命により幽閉されたムッソリーニを救出する際に、担当士官であったオットー・スコルツェニーは、占星術やダウ

続きを読む
ダコタ・ジョンソン

映画「Suspiria」気になる海外メディアの評価とは?

アート表現は、鮮血を求める 芸術とは、それに携わる人間にある程度の犠牲を要求するもの。 1977年にホラー界の名匠ダリオ・アルジェントの手により創作された『サスペリア』は、ひょっとしたら、アートが持つそんな残酷な側面を比

続きを読む
ドーナル・グリーソン

ゴシックホラー映画「The Little Stranger」気になる海外メディアの評価とは?

歴史の節目に姿を現す亡霊達の影 古い国の古い土地、そこに建つ古い家と、そこに住む古い家族。もし、これだけの条件が揃ったら、そこに、曰く因縁の1つや2つは必ず見つかるはず。 そんな風な、いわば勝手なステレオタイプに乗じて作

続きを読む
ジョーイ・キング

ホラー映画「Slender Man」の評価とは?

ネットのカオスから子供達を狙う悪霊、スレンダーマンが映画化 今回は、ホラー映画『Slender Man』の評価をご紹介します。 インターネット上の画像や動画を通じて、10代の女の子達にその呪いが伝搬するという21世紀的な

続きを読む

ホラー映画「へレディタリー/継承」気になる海外メディアの評価とは?

親の秘密は暴かない方が良い… 実力派女優のトニ・コレットが、自分の血筋にまつわる恐怖に遭遇するというホラー映画『へレディタリー/継承(Hereditary)』の評価をご紹介します。 どんな人も、かならず1つ位は持っている

続きを読む

感染スプラッター系ホラー映画「Feral」の評価とは?

呪いの森に踏み込む若者がまた数名… 今回は、深い森の中に潜むナニカに、若者達が一人づつ襲われて行くというホラー映画、『Feral』をご紹介します。 友情、そして恋人同士は愛情を深め合うため、バケーションで山奥のロッジに向

続きを読む

映画「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」:コリン・ファレルに向けられた復讐の呪い

怨念は燃え尽きるまで消えず・・・ 奥ゆかしき文化を誇る我が日本では、昔から、人を呪わば穴二つ、という言い回しが使われています。 他の誰かを恨んで呪い続けたって、むしろ自分にとって、ろくな事はないよという教訓な訳ですが、2

続きを読む

ホラー映画「Happy Death Day」:ジェシカ・ローテが最後に繰り返す怖い事とは?

やり直しが効くからって良い事ばかりじゃ・・・ 人の好みというものも、それぞれではあります。 ですので、かなり特殊な趣味とも言える‘殺戮系ホラー’の楽しみ方も、これまた十人居れば十通りあるのです。 その中には、誰かの頸動脈

続きを読む

ホラー映画「フラットライナーズ(Flatliners)」:あっちの世界を垣間見たエレン・ペイジ

全ての終わりの先には何がある? 世の中で、「死」について直接的に言及する事が許されているのは、医者や、一部の学者、そして宗教家くらいのものです。 人が、その人生を終えるという事は、それほどに厳格であり、ある種、絶対的な事

続きを読む

ジャパンで悪霊にであう恐怖:映画「Temple」について

本当は怖い海外旅行・・・日本編 大抵の人は、エキゾチックな外国の文化に魅力を感じていると思います。 自分のものとは違った生活や行動様式は、どういう訳だかお洒落に見えますし、それ以上に、世界の文化的多様性に触れる事自体が、

続きを読む
IP Blocking Protection is enabled by IP Address Blocker from LionScripts.com.