カテゴリー: シリアス

スーザン・サランドン

映画「Viper Club」気になる海外メディアの評価とは?

紛争を報道するジャーナリストが拉致されたら・・・ 戦場ジャーナリストの仕事は、自ら体を張って危険な紛争地に足を踏み入れ、そこで本当に起きている事や、現地の人々の生活についてを、西側先進国の中で安穏とした生活を送る我々に伝

続きを読む
ポール・グリーングラス

2011年オスロの悲劇を描く映画「22 July」気になる海外メディアの評価とは?

惨劇のシンボリズム 9.11、11.22、3.22、10.01、、、 数字には、神秘的なパワーが有って、それが示す日付には歴史に残る大事件が勃発する。世の中には、そんな様な考え方をする人もいます。 まぁ、数字の超常的なパ

続きを読む
アマンドラ・ステンバーグ

命と尊厳のドラマ:映画「The Hate U Give」海外メディアの評価とは?

16歳の少女が直面するアメリカの今 国内のメディアが上手くまとめた報道では、なかなか肌感覚が伝わらないアメリカの人種差別問題。 その現実を、ドラマという形で我々に伝えてくれる、そんな印象なのが、今回ご紹介する映画『The

続きを読む

映画「Operation Finale」気になる海外メディアの評価とは?

ナチ戦犯大物を捉えるサスペンスドラマ 今回は、オスカー・アイザック主演、実話ベースの映画『Operation Finale』の評価をご紹介します。 1960年にモサド(イスラエルの諜報機関)の手により、アルゼンチンで逮捕

続きを読む

ボー・バーナム監督による青春映画「Eighth Grade」の評価とは?

エルシー・フィッシャーが演じる等身大の青春 ボー・バーナムの監督が、エルシー・フィッシャーを主演に迎えて描く負け組中学生の青春ドラマ、映画『Eighth Grade』の評価をご紹介します。 小学、中学、高校の時代が人生で

続きを読む

イラク戦争の陰謀と戦う記者達を描く:映画「Shock and Awe」の評価とは?

開戦前夜、ホワイトハウスでは何が行われていたのか? アメリカ政府が、イラク攻撃ありきの政策を推し進める中、その主張に疑問を呈したジャーナリスト達の活躍を描くドラマ、映画「Shock and Awe」の評価をご紹介します。

続きを読む

傷を抱えた父娘の奇異なストーリー:映画「Leave No Trace」の評価とは?

ベン・フォスターがPTSDの帰還兵を演じる『Leave No Trace』 実力派俳優ベン・フォスターが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の影響を受け、世の中のシステムから外れてしまった男性を演じているという、映画『L

続きを読む

映画「レディ・バード(Lady Bird)」:グレタ・ガーウィグが描く女子高生のリアル

さりげない日々に埋もれたストーリー 人間は、体験から学習する生き物。ですから、人が人生を構築しようとする時、周囲の環境からは計り知れない影響を受ける事になります。 なので、子供がまっすぐに成長してゆくためには、最低限の環

続きを読む

映画「Most Beautiful Island」:美しき容姿が導くアンダーグラウンド世界

予告編と作品基本情報 タイトル: Most Beautiful Island 制作: 2017年 Glass Eye Pix ルックスを売るビジネスの危険な誘惑 現代社会においては、テレビ地上波放送の番組に繰り返し顔を出

続きを読む

映画「かごの中の瞳(All I See Is You)」海外メディアの評価とは?

夫婦のチカラ関係が見せる物語 好むと好まざるとに関わらず、僕達は人間関係という空間に拘束されて生きています。そしてそれは、不平等な上下の階級に支配された世界です。 原始の頃は、上に立つ者に権力を集中させて、そこから複数の

続きを読む

リーアム・ニーソン対ニクソンの陰謀:映画「ザ・シークレットマン」の評価・あらすじ

権力の陰謀渦巻く、この世界 どの様な国家の元首でも、最大の関心事項は、領土内の秩序を保つという事です。 そして、どんな世界でも秩序を乱そうとするのは人民達。国家や共同体に対する責任感を持たない彼らは、自らを堕落的な生活に

続きを読む

映画「The Mountain Between Us」:素敵な2人を惹き合わせたのは命の危機

よい映画を作るのも、やっぱり素材から 一年の季節も押し迫ってくると、ハリウッドとしては、いわゆるアンサンブルキャストによるホリデー映画の準備に余念がない事でしょう。 時代を代表する俳優を、各年代から取り揃えつつも、彼らを

続きを読む

大人の自分探しは意味深い:映画「Brad’s Status」について

何も不足はないはずの自分なのに 成人年齢の人の多くは、「いつかは取り組もうと思いながらも20年くらいお蔵入りになってる課題」を、ひとつくらい心の深い所に持っているものです。 人は、何かを手に入れるために何かを手放すもの、

続きを読む

ロバート・パティンソンが大都会の裏社会を走る:映画「グッド・タイム(Good Time)」について

キャリアメーキングはご心配無用です 「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2」が2012年の作品ですから、世界中が青年バンパイアと美少女の純愛色に染められていたあの時代から、もう5年が経っているんですね。

続きを読む

神の光は地のめぐみを通じてあたえられん:映画「オール・セインツ 幸せのはじまり(All Saints)」について

信じなければ地獄行き、というのではちょっと困ります 大抵の宗教というのは、超自然的な奇跡を起こしたとされる何かが、その信仰の対象となっていますよね。 信仰心のある人は、天の雲の上に居るとされる存在を全身全霊で信じぬく事で

続きを読む

オーブリー・プラザが見せる、いいね!、のヤバい真実:映画「イングリッド-ネットストーカーの女-(Ingrid Goes West)」について

まだ増やしますか? あなたのフォロワー・・・ 三省堂辞書サイトに寄れば、セレブ(celebrity)という言葉は、誉め称える(celebrate)などというワードから来ているのだそうです。 それが発展して、名声のある人、

続きを読む

映画「デトロイト(Detroit)」:キャスリン・ビグローがアメリカの不寛容さを斬る

人の作ってきた理不尽な歴史をみつめて 僕達が普段考えている事は、全部、別の所で誰か(もしくは何か)に吹き込まれた情報がベースになっています。 この世の中が、頼りにできる位に安定した状態にあるためには、「普通」とか「常識」

続きを読む
IP Blocking Protection is enabled by IP Address Blocker from LionScripts.com.