ホラーミステリー映画「Hereditary」の評価・あらすじ

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Hereditary
    • ヘレディタリー
  • ジャンル:
    • ホラー / ミステリー
  • 制作:
    • 2018年
    • PalmStar Media
  • 日本公開:
    • 未定

親の秘密は暴かない方が良い…

どんな人にも歴史が有り、歴史の裏には秘密が有ります。あなたの身近にいる大切な人も、隠し続けている秘密を1つ位は持っているはずです。

それが恥じるべき過去なのか、はたまた人を傷つけた罪なのか、人が秘密を隠し通そうとする理由は様々。問題なのは、その秘密が何時、どの様に暴かれるか、という事なのです。

今回ご紹介する映画『Hereditary』は、母親を失った女性が、その人の裏側に隠されていた秘密に、最悪の形で直面して行く様子を描くホラー映画だそうです。主演をするのは、『シックス・センス』でオスカーノミネーションを受けた事も有る、実力派女優のトニ・コレット。

1人の人間が居なくなるという事は、残された人々の生活だけでなく、多分その人自身も変えてしまう。そんな1つの事象を冷たい視線で描いてゆくという印象のこの映画、その評価はどの様なものでしょうか。 【続きを読む】 “ホラーミステリー映画「Hereditary」の評価・あらすじ”

梅雨~お盆にかけて観たいホラー映画-6選(2018)

梅雨からお盆は、恐怖でうっとうしさを吹き飛ばす

誰しも、ネガティブな感情を持ったり気分がふさぐ時は有ります。

でも、それを理性で抑圧せず、むしろその感覚に骨の髄まで浸ってみようと開き直ると、意外に後で気持ちが晴れたりするもの。

そして、ふさいだ気持ちをさらに加速させ、最終的にあたなの心を開放へと導く何かこそ、出来るだけ恐くて後味の悪いホラー映画と言う事になるのです。

今回は、梅雨に増幅しがちな日常のストレスを吹き飛ばす、ホラー映画を6作品ご紹介します。

まぁ、どれかをお勧めするとか言うものではありませんが、データが出ている作品については制作予算と興行収益を記載し、作品としての成功度合(収益を予算で割り算してパーセンテージにしたもの)をお示しする事で、みなさんがホラー映画の仕訳をするのに便利な様にしてみました。

それでは、2018年、恐怖の夏をご一緒にどうぞ・・・ 【続きを読む】 “梅雨~お盆にかけて観たいホラー映画-6選(2018)”

大人のあそびが酷い事になるブラックコメディ:映画「Game Night」の評価・あらすじ

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • Game Night
    • ゲーム・ナイト
  • 制作:
    • 2018年 Aggregate Films / Davis Entertainment / New Line Cinema

いつも通りの週末じゃ飽き足らない、と言いつつも

誰しも、成長して社会人になり人生のパートナーがみつかったりすれば、守る事が増えて保守的になっていくものです。

でも実は、安定した生活を継続しながら、その中に普通の楽しみや幸福感を見つけて行くという事の方が、本当はリスキーな仕事なのかもしれません。

何と言っても、僕らの周囲を取り囲むこの世界は、常に、そして勝手に変わってゆくものですから、想定外の事はいつでも起こり得ます。

だから、ちょっとした週末の火遊びだったはずが、大やけどを負う結果になったりする訳です。気を付けましょう。

さて、安全を第一に考えて過ごす日々の中でも、時には非日常を感じさせてくれるものの一つが、映画ということになります。そして映画には、ちょっとした気の迷いや好奇心から一線を越えた挙句に酷い目にあう、という人々が描かれ続けてきたのです。

ここでご紹介する映画「Game Night」は、そんな、日常逸脱系映画の分野に作られた最新のダークコメディー、という事の様です。 【続きを読む】 “大人のあそびが酷い事になるブラックコメディ:映画「Game Night」の評価・あらすじ”

映画「リメンバー・ミー(Coco)」の気になる評価とは?

予告編と作品基本情報

  • タイトル:
    • リメンバー・ミー/Coco(原題)
  • 制作:
    • 2017年 Pixar Animation Studios /Walt Disney Pictures

ピクサーが贈る、記憶に永遠に残る異文化体験

誰にとってもエキゾチックで魅力的に見える、外国の文化や風習。

いろいろな祭事に使われる道具などの色彩や造形が、自分の国のセンスからはかけ離れていたりして、いつでも新鮮な驚きやインスピレーションを与えてくれるでしょう。

特に、その習わしが土地の死生観に根差すイベントだったりすると、詳しい事情は知らない人であっても、何か奥深い文化や歴史を感じ取るものですし、同時にとてもロマンチックな気分にもなるかもしれません。

さて、昔から方々で自己中と揶揄され、最近は内向きスパイラルに陥りそうなアメリカは、同時に、多文化の共栄を是認する自由主義世界のリーダーでもあります。

そんな国では、子供を相手にする娯楽産業にも、常に多様性が盛り込まれるように配慮されなければなりません。そして、そんなビジネスの中でもとりわけ成功を収めているのは、かの、ウォルト・ディズニー・カンパニーある事に、疑問の余地は有りません。

さらに言うと、そんなWDCの中でも、老若男女にアピールする多様なファンタジーを展開して、世界でも認められているのが、ピクサー・アニメーション・スタジオでしょう。

今回ご紹介する映画、「リメンバー・ミー(Coco)」は、メキシコの文化を通して人間の生と死を映し出すという、それでいて、とてもロマンチック&カラフルな一作となっているそうです。

この映画も、秀逸な邦題が決定しているだけでなく、日本における公式ウェブページも既に用意されているくらいなので、細密な情報や深淵な解析は、他の上位のエリートサイトにお任せした方が賢明です。

ここでは、米国内での公開直後、英語メディアに書かれた本当の評価を、いくつかピックアップしてお伝えする事にします。 【続きを読む】 “映画「リメンバー・ミー(Coco)」の気になる評価とは?”

全米映画トップ3(2017.7.24)

2017年の極め付けは史実に基づいた戦争エピック

真打が登場したかと思うと、その翌週には別の大トリが登場するので、一つの作品が何週間もランキング1位に居続ける事が困難。そんな感じのするのが、昨今のハリウッド映画業界です。

そして、2017年の夏が始まって以来、幾多の大戦争が勃発してきた、そんな映画世界ですが、ここに来て、満を持したかのように極め付けが登場してきました。

クリストファー・ノーラン監督による、第2次世界大戦ものエピック、「Dunkirk」が、この週末初登場で、5,050万ドルの売り上げを記録してのランキングトップ。

この話は、1940年の5月、ナチスがフランスを占領した直後、ダンケルクという港町に孤立した連合国軍40万人の行った、生き残りをかけた壮大な撤収作戦の模様を、如実に描き出すというもの。

出演は、フィオン・ホワイトヘッド、トム・ハーディなど。 【続きを読む】 “全米映画トップ3(2017.7.24)”

えんたほ的「引き寄せの法則」の考察

〔魔法なのか、科学なのか・・・最低でも錬金術じゃあないっ^^〕

いよいよハロウィーンも近づいてきたので、今回はオカルトというかスピリチュアルというか、若干は宗教チックかもしれないお話です。

とは言えまぁ、何かの思想を押し付けたりするものではないので、ご安心を。ここを開いた方々が、どの様に受け取られているかわからないのですが、このサイトはあくまでも軽いスタンスで作っています。

さて、最近流行の「引き寄せの法則」です。雑な解釈で言うと、これは、寝る前の深いリラックスした時や目覚めた直後の気分がリセットされた状態で、自分が欲しいと思うモノやコトが本当に手に入ると自分に言い聞かせれば、それが実現するのだ。というような「ワザ」の事を言っているらしいです。

もちろん、その目標はひとそれぞれで、「次の面接には合格する」とか「半年後に資産が50倍になる」とか「今度会ったら、絶対ズレ太君に告白する」とかとか、なんでもOK。

最大のポイントは、とにかく続ける事らしいんですね。 【続きを読む】 “えんたほ的「引き寄せの法則」の考察”

ほんとにあった曰くつきの邸宅(アメリカ版)!?

こう見えて(どう見える?)、僕ズレ太もオカルト話とかが大好きなんです。最近じゃ、ネットの世界にオカルトがあふれかえっていて嬉しい限りですね。

てな訳で、たまにはそんなネットネタを挟んでみようと思います。これは、いわくつきの家にあえて引っ越してみたアメリカの男性、メイソンの話。おそらく彼は、クリエーターさんだと思います。

実は、この「The Poltergeist Diaries(ポルターガイスト・ダイヤリーズ)」はYouTubeのシリーズになってる話で、劇場用に編纂される計画もあるとの事です。

上に張り付けた第一話では、前の借主が夜中に逃げるも同然に退去したという曰くがある家に、この男性が移り住んだ日のレポートになってます。足を踏み入れた当初から、なんとも重く不穏で暗いムードを感じ取る彼。

超常現象的なものが撮れないかと期待しつつ、家中にビデオカメラを設置した彼ですが、実際、期待を上回るほどに恐ろしい出来事が次々と収録されていきます、、、。

会話が全部英語なのですが、動画としてしっかり作られているのでそれなりに楽しめます。ストーリーが進むにつれ、エスカレートしてゆくメイソンの周囲の超常現象。

ご興味のある方は、その顛末を追いかけてみてください。

ブレア・ウィッチが復活する!

7月に米国カリフォルニア州サン・ディエゴで開催された、「Comic-Co」て言う名のイベントでトレーラー映像が公開されてたんですね。

今回は、再びファウンドフッテージの形式にもどして、数人のイケてる男女があの森へと踏み込みます。

映画「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(Demolition)」:これでアナタも壊したくなる?

〔ぶち壊れちゃった人生のバランス〕

一部を除いて、僕達は皆、社会の規律とか仕組みに従わないと生きてゆけないと、ちゃんと理解しています。そしてそう言う抑圧的な環境の中で、お金とか愛情とか、承認・信頼などの見返りを糧にして心と行動のバランスを取っているんです。

まぁ、僕ズレ太みたく、見返りが得られるだけの能力も人徳も無い場合は、ひたすら縮こまって静かにしてるしかない訳ですけど。

とにかく、そうやって一人の人間を支えていた大事な柱の一本が、突然に、そして絶対に復旧不可能な形で奪われたらその人はどうなる?、と言うのは、ホラーでもコメディーでも、あるいはドラマとしても一番面白い題材の1つではあります。

と言う訳で、またも登場した「ぶっ壊れ系」の新作映画が、ここでご紹介する「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(Demolition)」なんだそうです。

その中心に居る人の名前はデーヴィス(ジェイク・ジレンホール)彼は、投資系金融機関でお金を動かすという上級な仕事で成功していて、同時にジュリア(ヘザー・リンド)という美人の奥さんも居ました。ちなみに、彼の勤め先は奥さんの父親フィル(クリス・クーパー)が所有する企業です。

でも、そんな人生のバランスが、ある日一機に崩壊しちゃう事件が起きたんです。夫婦でドライブ中にあった交通事故で奥さんだけが他界・・・。

そして、そんな大事件が起きた直後でも、彼の仕事と雇い主である義父は彼に休みを与えてくれませんでした。本来なら深すぎる悲しみに落ちているはずのデーヴィスなのに、泣き暮らすって事もない代わり、なんとなく精神状態が妙な具合です。

そんな彼は、商品が引っかかって取り出せなかった自動販売機のメーカーに、長々としたクレームの手紙を書き始めます。そしてそれに応対するため電話をしてきたカレン(ナオミ・ワッツ)という女性と、交流を始めました。シングルマザーである彼女には、クリス(ジューダ・ルイス)という息子がいます。

その出会いが彼の心を癒した?、いや、、、そうでもなさそう。ひょっとしたら全部をやり直したい、という潜在的な衝動が有ったのかもしれませんが、デーヴィスは、色んなものをぶっ壊しはじめたんです。最初は冷蔵庫や家具から始まり、とうとうジュリアとの思い出が息づくはずの自宅そのものまで手をだします。その意味が解っているのかどうなのか、今や、クリスまで一緒になって破壊行為にふける始末。

このままいって、デーヴィスは救われる事が出来るんですかね・・・。 【続きを読む】 “映画「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(Demolition)」:これでアナタも壊したくなる?”

映画「Intruders」の前評判

〔要領よく大金をゲット?、空き巣ねらい3人組を待つ地獄とは?〕

まぁ、僕ズレ太としても、ずるや悪さした人間の方により多く得が回るように世の中ができている、とかいう事実について、いまさら批判とかする気も有りません。

それでも、そんなは、変な病気とか事故とかで、この世からいなくなっちゃえば良いのに、とかは、正直思うことがあります。(結構ダークでしょ僕って^^)

もちろん、そんな事、現実には起こらないし起こる必要もない事は解っていますが、たとえば、この映画「Intruders」に出てくるらしい、3人のお安い強盗団ならば、相当、懲らしめられてしかるべきなんです。何せ、フィクションですからね。

今日、彼ら3人、J.P.(ジャック・ケシー)、ペリー(マーティン・スター)、そしてヴァンス(ジョシュア・マイケル)が忍び込んだのは、彼らの街に建っているルック家の立派なお屋敷です。なんでも、ワルの間では、その家に相当量のキャッシュが置かれている、と噂が流れているそう。

そして今日は、コンラッド・ルック(ティモシー・T.マッキニー)のお葬式の日ですから、家は完ぺきに留守なはす。こんな良い機会を逃しちゃ、悪ガキやってる意味が無いってもんです。ガサガサっと荒らして大金かっさらって、おさらばしましょう、大した準備なんかもいりません。

でも彼らは知りませんでした、いまは孤独の身となったアンナ・ルック(ベス・リースグラフ)は、兄の葬式に参列はせずに家に居た、というか、家から出られないために参列できなかった、と言う事を。

彼女は、外出恐怖症。普段の生活でも、もう何年間も家の建物から出ていません。そんな彼女が顔を合わす他人といえば、デリバリー屋さんのダニー(ロリー・カルキン)か、遺言処理のためにこの家を訪れる弁護士のシャーロット(レティシア・ヘミネス)くらいのもの。

3人組の乱暴な押し入り方に、一度は震えあがって身を隠そうとしたアンナですが、すぐにつかまってしまい、金のありかを教えろ、とひどく脅されます。か弱い女性をビビラせる事なんて、彼らにとってはお茶の子さいさいってところなんでしょう。

でも、本当の所を言うと、真の恐怖を体験するのはアンナではなくて、この強盗3人組の方だったんです。だってここはアンナの家。

侵入者を制裁するために、彼女が数々の恐ろしい仕掛けを施した、恐怖の館なんですから。 【続きを読む】 “映画「Intruders」の前評判”

映画「Norm of the North」の前評判

〔ある日っ♪、街ぃでっ♪、クマさぁんにっ♪、出会ったっ♪、、て、えーっ!〕

エンターテイメント界には、ミッキー◎ウスから、白いお父さん犬まで、幾多のおしゃべり動物が輩出されてきた訳ですので、いまやこの業界も競争が激化しております。

それでも、ショウビズ界で名を売るという事は、ヒトのみならず動物達にとっても大きな夢と目標であり、特に、この映画「Norm of the North」の主人公である、ホッキョクグマのノーム(ロブ・シュナイダー)のように、自分自身が動物としてはいささかダメなタイプだったとしたら、将来的にニューヨークのブロードウェイ辺りでの活躍を夢に思い描くのも、自然な成り行きなのです。

でも、その才能がまだまだ珍しいとは言うものの、お話するという芸だけではショウビズのスターには足りません、なにかもう一つ特技が必要、という事なのか分かりませんが、シロクマとしてはめずらしい、ツゥイーキングを踊るのが彼ノーム。

しかし、よそのテリトリーへ進出する事にかけたら、人間の方がはるかに上手な訳です。ノームが北極でもたもたしてる内に、ニューヨークに本部をおく巨大不動産開発企業グリーン・ホームズが、北極に目をつけました。

そこを大々的に観光地化して、コンドミニアムとか商業施設でいっぱいにしようという作戦です。その事業を取り仕切るのが、同社の社長であるミスター・グリーン(ケン・チョン)です。彼のマーケティング担当スタッフ、ベラ(ヘザー・グラハム)は、今、北極でコマーシャルの撮影をしようとしている程、話は進んでいる様子。

この計画は、もちろん北極の生き物たちにとっては大きな脅威。おそろしい人間どもが押しかけたら、一体どうなってしまう事か。と、言う訳で、動物界では上手くいっていない我らがノームが、今立ち上がりました。

作戦の相棒として、3匹のレミングをしたがえ、果敢にも人間の大都会へ乗り込んだノーム。グリーン・ホームズのマスコットキャラクターに採用されて、内部へと侵入する事に成功しました。

そこで、北極の計画にやや疑念を抱いているらしい、あの、ベラの力などを借りて、事業計画をつぶそうと画策するノームですが、やはりどこか頼りなさげでもあります。

こんな事で、北極の仲間達を本当に救う事が出来るのでしょうか、そして、彼の渡米のもう一つの目的、行方不明の祖父(コルム・ミーニイ)と、この地で再開を果たすことなど可能なのでしょうか? 【続きを読む】 “映画「Norm of the North」の前評判”

2016年、友人より先に見るべき新作映画はコレかも!?

〔2016年も夢の続きに終わり無く、、、〕

そうです、今年も映画の世界はまだまだ広がり続けます、、^^。

とは言え、夢ばかりを追い求めてもよろしくないと思うんですが、でも仕方ないじゃぁありませんか、夢ってのをどんどん生産して、世界中で販売している巨大企業が存在するんですから。

見た後に、気分がどんよりする様なホラースリラーから、キュートなキャラが大活躍のアニメまで、結局映画というのは、夢を売りさばいてナンボのもんです。

しかし、夢の始まりがあれば、終わりもまたあるようでして、、、

〔本年におけるディズニー映画、公開日程が発表に〕

夢を売っていると言えば、何と言ってもこの人達が筆頭に出てくるべきでしょう。

ウォルト・ディズニー・スタジオは、その夢の始まり予定、つまり、2016年向け作品の公開日程を公表しました。その概要は以下の通り。

“The Finest Hours”(米国1月29日、日本2月27日公開)。1952年のアメリカ東海岸で、実際に起きたタンカーの遭難事故、そこでの湾岸警備隊の壮絶な活躍を描く作品です。出演は、クリス・パイン、エリック・バナ、ベン・フォスター他。

“Zootopia”(米国3月4日、日本4月23日公開)。人間の代わりに雑多な動物達が居住する大都市。しかし、その裏にはとある陰謀が隠されていて、、、というストーリー。出演、ジェイソン・ベイトマン、シャキーラ、イドリス・エルバ、他。

“The Jungle Book”(米国4月15日、日本8月11日公開)。こちら、もう一つの動物アニメ系作品は、言わずと知れた伝説的ストーリーのリブート版です。ルピタ・ニョンゴ、イドリス・エルバ、他出演。

“Captain America: Civil War”(米国5月6日、日本4月29日公開)。あの、キャプテン・アメリカと、あのアイアン・マン。これまで、力を合わせて地球を守ってきた二人に亀裂が?。出演は、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、ロバート・ダウニー・Jr、他。

“Alice Through the Looking Glass”(米国5月27日、日本6月1日公開)。こちらも、大ヒットファンタジーの続編。マッドハッターを窮地から救うため、再びワンダーランドへ足を踏み入れるアリスでしたが、、、。出演、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、ジョニー・デップ、他。 【続きを読む】 “2016年、友人より先に見るべき新作映画はコレかも!?”