映画「白鯨との闘い(In the Heart of the Sea)」の前評判

世界には、伝説と化した人や物語がいくつも有るのですが、伝説というのは伝説であり、つまり語り伝えられたストーリーです。

それは、伝達される度にデフォルメや強調(持ち上げたり下げたり)が加えられ、どんなに小さな噂でも、いつしか宇宙の一大事件みたく言われ始めます。例えば、方向性は違うけれど、口裂け女の噂も、ただ大げさにブレークしたという意味では似たようなもんですね^^。

さて、2015年のホリデーシーズンに向け引っ張り出された、もう一つの伝説は、19世紀にアメリカ北部で活躍した捕鯨船、エセックス号の運命を伝えるものです。

それを今、しぶしぶながら語りはじめるのは、自身が10代の頃、その最後の航海に乗船していたという男、トム・ニカーソン(ブレンダン・グリーソン)で、嫌がる彼を、なんとか話すよう説得に成功したのは、小説家であるハーマン・メルヴィル(ベン・ウィショー)。

エセックス号は、1820年の秋に東海岸ナンタケット島から出帆しました、しかし今考えると、あの悲劇的ドラマは、旅立ちの前に始まっていたのかもしれないんですね。

それは、ちょっとしたいざこざ。つまり、この船には、既に、経験豊富な船長オウェン・チェイス(クリス・ヘムズワース)が乗ると決定していたのですが、出発直前になって親会社がジョージ・ポラード(ベンジャミン・ウォーカー)を責任者としてねじ込んできたんです。

どうしてそんな事に、、、だって、ジョージには、島の名家の影響力が後ろたてとして有るうえに、実はオウェンは島の生まれでもなんでもないから。

出発直前にこんな出来事、ちょっと先行きに不安を感じさせるでしょ?、その不安は現実になります。エセックス号は、超巨大なクジラ達の群れと遭遇し、それを捕獲するどころか逆に襲われてしまい、遥か大海原に沈没してしまったんですよね。

しかしそれは、この事故から辛くも逃げおおせた船員達を襲う残酷な運命の、その始まりにすぎませんでした・・・

あぁ、果たして、あなたの大好きなヘムズワースの運命やいかに?、というのが、ロン・ハワード監督によるこの映画「白鯨との闘い(In the Heart of the Sea)」の大枠だそうです。 【続きを読む】 “映画「白鯨との闘い(In the Heart of the Sea)」の前評判”

映画「レジェンド 狂気の美学(Legend)」の前評判

写真:トム・ハーディ双子のクレイ兄弟ってのは、1950から60年代にかけてのロンドン東地区において、ギャングとしてならした連中だそうです。(The photo by GabboT is used here under the license of Attribution-ShareAlike 2.0 Generic

いろんな意味で“伝説”でもある、そんな二人組が絶好調だった日々を描くのが、この映画「レジェンド 狂気の美学(Legend)」という事らしいです。(僕、ズレ太は、暴力だけでなく力ずくで自分の都合を通す輩が大嫌いなので、今、ネットでこの兄弟の顔写真を見ただけで、若干不愉快です・・・^^;)

ブライアン・ヘルゲランドが脚本&演出を手掛け、何と、トム・ハーディに、ロナルドとレジ―のクレイ兄弟両方を演じさせたというのが、この作品のミソなのかもしれませんね。

もともとボクサー志望だったという、クレイ兄弟は、時のロンドン東地区に経営するナイトクラブを根城に、殺人、強奪、放火、上納金取たて、などのあらゆる犯罪に手を染めつつのし上がって行き、その影響力がピークの時は、セレブリティ扱いまでされていたという、まぁ、確かに逸話には残りそうなギャングではあります。

映画ではクリストファー・エクルストンが演じている、レオナルド・リード刑事の執念によって、二人が逮捕されたのが1968年の5月9日。ロニーは、1995年3月17日に病院に収監されたまま他界し、レジ―の方は、2000年の10月1日に釈放されましたが、その8週間後に病死しました。

そんな彼らの伝説について、エミリー・ブラウニング演じる(レジ―の愛人)フランシスが語ってゆくのがこの映画の構成だという事です。 【続きを読む】 “映画「レジェンド 狂気の美学(Legend)」の前評判”

映画「シークレット・アイズ(Secret in Their Eyes)」の前評判

The photo by David Shankbone(Attribution 3.0 Unported))

写真:キウェテル・イジョフォージェス(ジュリア・ロバーツ)が、13年ぶりに再会した元同僚のレイ(キウェテル・イジョフォー)は、重ねた年齢を通して見ても、相変わらず誠実な正義感でした。

彼が、突然ジェスの前に姿を見せた理由、それは、13年前のあの事件を解決する糸口を、とうとう見つけたという事だったんです。

13年前、9.11直後で、アメリカ世論も政治も殺気立っていたあの時期、ロサンゼルスで一つの惨殺事件が起きました。そして、その頃捜査官であった二人にとってもっと残酷だったのは、その被害者が、あろう事かジェス本人の娘だったという事。

悲痛な思いの中、二人はマージン(ジョー・コール)という名の容疑者を割り出し逮捕します。そして、連邦地区検事であったクレア(ニコール・キッドマン)と共に、その男を裁判に送ろうとしました。所が、そこへ突然介入してきた特捜捜査官モレールズ(アルフレッド・モリーナ)は、その権限で容疑者を釈放してしまいます。

なぜ?、実は、国内の潜伏テロリスト操作のために、連邦捜査局へ重要な情報を提供したとして、マージンには特権が与えられていたんです・・・。

しかし今、レイの執念は、完全に姿をくらましたはずのマージンを、とうとう見つけ出したんです。彼は、元の3人チームで、今度こそこの男を捕まえるんだ、とジェスを強く促すのですが・・・。

と言うのが、オスカー受賞のアルゼンチン製スリラー「瞳の奥の秘密」をリメイクしたという、この映画「シークレット・アイズ(Secret in Their Eyes)」で起こる事の大枠だそうです。

テロばかりでなく、理解しがたい程に残酷で陰湿な事件ばかりが起きて、ほぼ、そういった力で支配されてしまっている、と思えさえするのが今の地球ですよね、、、。 【続きを読む】 “映画「シークレット・アイズ(Secret in Their Eyes)」の前評判”

映画「Krampus」の前評判

〔このXマスが嫌な思い出になりませんように、、、〕

The photo by Eva Rinaldi (Attribution-Share Alike 2.0 Generic )

写真:トニ・コレットバブルの頃は、たいして勉強しなくても大丈夫な位優秀な大学生のお兄さん達でさえ、◎十万円とかの大金を持っていいて、クリスマスイブの夜なんぞは、とっても美人で可愛い彼女にブランド物をプレゼントしなきゃいけなかったらしいっす。

それで、24日の夜は東京辺りの小じゃれたホテルにしけこむ事になるのだそうですが、こんな特別な日に、簡単に宿泊する部屋が取れるほど、大都会は甘くないんですね。寒い夜空に放り出される憂き目にあったカップルは、当然の事ながら25日の朝をともに迎える事はなかったそうです・・・。

クリスマスだからと言って、神様がすべてを上手い方向へ進めてくれるなんて事、もちろん無いという事ですわ。それに、この宇宙では光あるところに必ず影(闇)が生まれる訳で、どっかのよさげな部屋に入れた二人組がいれば、別の所にははじき出されたカップルも、また必ず存在するのです。

別の例でいくと、例えば、この映画「Krampus」のストーリーに置かれた一つの家族には、ほぼ何の責任もないのに、クリスマスの災厄が降りかかるそうです。

その災厄のはじまりは、父親トム(アダム・スコット)、母親サラ(トニ・コレット)、娘のベス(ステファニア・ラビー・オーウェン)、そして息子のマックス(エムジェイ・アンソニー)らの一家の元へ、親戚一同が集合した事から始まるんです。

鈍くて、のろいくせに、不仕付けな彼らに、マックス達のストレスもあっという間の全開状態へ。

とうとう自室へ逃げ込んだマックスですが、何やら便箋に手紙を書き始めました。その宛先を見てみると「サンタ・クロースさんへ」と書かれています。

そして今度は、その手紙を手でびりびりに破いてしまい、窓から外へと放り捨ててたじゃありませんか。寒風に吹かれるまま冷たい夜空へ消えてゆく、その手紙。。。

しかし、次の瞬間、彼の近所一帯が突然停電し、暖房も電話も使えなくなってしまったんです。さらに、マックスの家の屋根の上から、不気味な笑い声とともに変な足音がし始めました。

それを聞いた時、やさしい祖母のオムニ(クリスタ・スタドラー)は、こう言いました、「これは、クランパスの仕業だわ、、、」。

それは、サンタの影の部分であり邪悪なデーモン。オムニは、子供の頃に一度、遭遇した事があると言うのですが、、、。

マックスのクリスマスは、一体どうなっちゃうんでしょうね? 【続きを読む】 “映画「Krampus」の前評判”

全米映画トップ3(2015.12.7)

写真:トニ・コレット今、やっと今月のカレンダーをめくりまして、最後の一枚を出してしまいました。(The photo by Eva Rinaldi is used here under the license of Attribution-Share Alike 2.0 Generic

と同時に、なんとも沈ウツというか重くて辛くて虚しい気分が沸き起こっています・・・。僕、ズレ太の今年2015年は、やっぱりズレまくってダメダメな一年で終わりそうです。

まぁ、ズレ太のズレ具合は、まだまだ(多分、一生)矯正できなさそうなのは良いとして、今週も全米一位という難し過ぎる的を射止めようと、たくさんの映画が競い合ってます。

この週末までの興行成績を見てみましょう。 【続きを読む】 “全米映画トップ3(2015.12.7)”

映画「Chi-Raq」の前評判

写真:テヨナ・パリスアジテーションの仕方というのも色々有るんでしょうし、中には、ただの自己満足じゃないか、と思えるようなアジテーションも見受けられる気がするのも、これまた事実です。(The photo by PunkToad is used here under the license of 表示 2.0 一般.)

自己満足が悪い訳じゃあないし、一応、筋の通った思想を持って法に則った行動に移し、結果的に本人が満足ならそれに越した事もないんですけれど。

しかしその後も、世を表す数字は、冷酷に、固く、厳然として存在し続けます。それは動かしようのない結果です。

例えば、この映画「Chi-Raq」の中で、監督を務めたスパイク・リーが主張しているのも、ある種、おぞましい現実を表す数字なんです。

それは、「2003〜2011年にイラク戦争で死んだアメリカ人の数は4424人、対して、2001〜2015年にシカゴで殺された人数は、7356人」、という統計。

そんな、実在の街シカゴを舞台に、リー監督がいま描き出したのは、対立しあう架空のギャング集団、サイクロプス(ウェズリー・スナイプス)が率いるトロヤン、そして、シ=ラク(ニック・キャノン)が率いるスパルタン。そして、シ=ラクの恋人であるリューシストラテー(テヨナ・パリス)をはじめとした女性達。

終わりのない暴力と破壊の押収。そしてついに、リューシストラテーの住居までもが破壊されるにいたり、彼女は一つの決意をします。

他のギャングの恋人・愛人達とともに、彼女はこう宣言したのです。「抗争を止めなさい、さもなくば、あなたたちとの性交渉は一切拒絶します。」

・・・この映画「Chi-Raq」は、古代ギリシアの喜劇作家アリストパネスによって書かれた戯曲「女の平和」を、現代のシカゴを舞台に描きなおすという、鋭い作りの一作なのだそうですよ。 【続きを読む】 “映画「Chi-Raq」の前評判”

映画「オデッセイ(The Martian)」の前評判

〔リドリー・スコットが描く新たな宇宙開拓史〕

不思議な事に、とっても不思議な事に、人類は、月、意外の地球外天体へ、その肉体を到達させた事が今まで一度もないんですよね。

映画などの世界、そう、この映画「The Martian」みたいな物語の中を除けば、人類はお隣の惑星にだって到達していないんです。まぁ、月と地球を平均時速1000Km/時で旅しても、往復に800時間位かかる計算ですから、距離だけ考えても宇宙旅行がまだ現実的じゃぁない事は解ります。

それに、宇宙旅行は、現代の日本では多分絶対に許されない、命がけの冒険に人を送り出す事にもなり得ます。たとえばそこでは、一人のメンバーを見捨てて、クルー全体の安全を確保するという、究極の判断も求められ得る事でしょう。

マーク・ワトニー(マット・デーモン)も、そうして火星の探査基地に取り残されました。彼の仲間達、メリッサ(ジェシカ・チャステイン)、リック(マイケル・ペーニャ)、ベス(ケイト・マーラ)、クリス(セバスチャン・スタン)、アレックス(アクセル・ヘニー)にとって、あの破壊的な大嵐の中でマークが生きているとは到底思えなかったのです。

だからクルー達は、宇宙船のエンジンを起動して、命からがら火星を離脱するしかなかったんですね。

ところが、マークは生きていました。大した怪我をする事もなく無事に生きていたんです。これは、あの状況を考えるととても幸運な事です。その点だけで言うと、、、ですけどね。

何しろ、彼の目の前にあるのは無人になった探査基地と、残された限りある食料くらい。このまま何もしなければ、いずれ最後の時が来るのは明白です。

しかし、そうさせないための最後の財産がマークには有ったんです。孤独で不安であらゆる面において危険なこの状況を生き抜く、しっかりした植物学と科学の知識、そして自分を救ってくれる小さなユーモアという、人間パワーがっ!。

そうして、彼の困難なサバイバルが始まりまってから、そう時がたたないうちに、上空から探査を続けるNASAの衛星は、あり得ないはずの地上での活動マークのサバイバルを検知したのですが、、、 【続きを読む】 “映画「オデッセイ(The Martian)」の前評判”

謎の物体〝WT1190F”

隕石写真最近、気に入ってちょくちょく聞かせていただいているポッドキャスト番組で、「都市伝説 オカンとボクと、時々、イルミナティー」、と言うのが有りまして、今回の記事は、その中からの受け売りです。

この番組でも、「ポッドキャストは入り口でしかなく、本編が有るのはリスナーの頭の中です」、と常日頃からおっしゃられているので、僕も頭の中で反芻しなしてみます。

今回、この番組の語り手で、最近オカルトスターに就任されたという作家、早瀬さんから出てきたのが、「2015年11月インド洋沖に宇宙からの物体が落下する。」という衝撃のニュースでした。

しかも、CNNが正式に報道したニュースだと言うんです。早瀬さんは、地球の終わりは近いから、貯金なんて全額、今のうちに使っちまいなさい、と強く推奨されています。

え〜〜〜、と、言われてもなぁ、、、、、ど、どうしよぉーー(> < )!とパニクる前に、僕らも問題のCNNの報道を見てみましょう。 【続きを読む】 “謎の物体〝WT1190F””

映画「Victor Frankenstein」の前評判

今、世界中にジェームズ・マカヴォイのファンである女性は、何人くらいいるんでしょうかね?、ダニエル・ラドクリフのファンは?、その二人とも敬愛しているという人はどうでしょう。

その二人のファンであると同時にゴシックホラーのファンだという女の子は、やっぱりそう多くはなさそうですし、その二人が共演しているからといって、おどろおどろしいホラーを感謝祭からクリスマスにかけての時期に鑑賞したいという人は、どのくらい居るのでしょう・・・。

そう考えると、おそらくは純なホラースリラーの体より、すこしだけ俳優推しの作品なのかなぁ、なんて勝手に思うのが、この映画「Victor Frankenstein」です。

タイトルキャラクター、ビクター・フォン・フランケンシュタイン(ジェームズ・マカヴォイ)は野望を抱く若き医学研究生。彼は最近、とあるサーカスにおいてクラウンを演じていたイゴール(ダニエル・ラドクリフ)に出会ったのです。

イゴールがサーカス小屋で働くしかないその理由。それは、彼が背中にしょっている大きな腫物です。しかし天才ビクターの手にかかれば、その治療だってあっと言う間でした。

かくして、イゴールはビクターの助手として働くようになります。今までの扱われようからは想像もつかないほど、実はイゴールは理知的な青年なのでした。そんなイゴールは、ローレライ(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)と良い雰囲気にもなっています。

さて、ビクターの野望、それは、一度死んだものに再び生命を宿すという、禁断の実験を成功させる事。おそらくそれは許されない蛮行なのかもしれません。

だから、彼が実験を重ねるにつれ、刑事バーナビー(ダニエル・メイズ)は疑いの目を強め周囲を捜査しはじめました。

そして、あの嵐の夜。ついにビクターは実験の最終段階へ足を踏み入れてしまいます。雷の強力なエネルギーをつぎはぎした死体へ流し込み、生命のある状態に呼び戻す実験、それがなんと言う事か成功してしまったのです。

しかし、ビクターが今造り出したものは一体なんなのでしょう?、到底人とは思えない存在。そのモンスターはビクターの制御からは離れ、狂暴な本性をむき出しにしてゆくのでした・・・。 【続きを読む】 “映画「Victor Frankenstein」の前評判”

映画「アーロと少年(The Good Dinosaur)」の前評判

〔もしもあの時、隕石がギリでかすめただけだったなら・・・!?〕

なんでも、ネッシーは年齢を重ねて巨大化したヨーロッパナマズである可能性が高い、って報告が有っとか無かったとか。あれだけ話題になって皆で探しまくったのに、目立った痕跡すら見つからないのであれば、ネス湖の水中に首長竜の生き残りは居ないのでしょう。

木曜スペシャルの怪奇特集に釘づけになった昭和の少年達には、なんとも残念な結末ですが、この21世紀を生きる少年少女には、あの頃よりもっと凄い夢を与えてくれる、例えば、ディズニー&ピクサーなんていう連中がいます。

この3Dアニメーション映画「アーロと少年(The Good Dinosaur)」では、6500万年前に地球に接近した隕石が、たまたま落下を免れていたとしたらどうだろう?、というファンタジーを見せてくれるんだそうですよ。

もちろんそうなれば、そのまま生き残った恐竜たちは進化を遂げ、何万年だか過ぎた頃には会話をしたり、農業だって営んだりし始めているんです。

そんな恐竜農家の一つが、パパ(ジェフリー・ライト)とママ(フランシス・マクドーマンド)の夫婦、そして、リビー、バックと、臆病者のアーロが暮らす一家です。

パパの最大の心配事は、アーロの肝っ玉の小ささ、彼は、どんな時でも悪い事ばかりに思いを巡らせているんです。そんなある日、一家に一大事が起きます、突然まきおこった異常な嵐のせいで、みんなは散り散りバラバラになってしまったんです。

荒野に一人取り残された臆病者のアーロ。しかし彼はそこで、奇跡的な出会いをします。その相手はスポット(ジャック・ブライト)という人間の少年です。

この広大な世界のなか、スポットから、自分より大きな相手に立ち向かう勇気を教えられつつ、アーロの家族探しの冒険がはじまります。 【続きを読む】 “映画「アーロと少年(The Good Dinosaur)」の前評判”

全米映画トップ3(2015.11.30)

写真ダニエル・クレイグアメリカ&カナダの感謝祭が過ぎて、国際資本主義世界にとっては公式のホリデーシーズンとなりました。(The photo by www.GlynLowe.com is used under the license of Attribution 2.0 Generic

まっ、僕なんかにゃほとんど無関係、一緒にクリスマスしてくれる人なんかいねーしよっ、と、斜に構えたくなるのが例年のこの時期ですが、どちら様にとっても、一年の労をねぎらう時ではありますし、最後の最後にとっても幸運な事件が、みなさんの目の前に舞い降りるかもしれません。

僕の所なんかにゃ、大した運はめぐってこないと思いますが、んー、だったらいっそ、超えげつないホラーDVDでも借りて、クリスマスを真っ黒に染めてやりますわっw。 【続きを読む】 “全米映画トップ3(2015.11.30)”

映画「クリード チャンプを継ぐ男(Creed)」の前評判

写真この作品の画像をちょこっと見た瞬間、僕は最初、冤罪かなにかで刑務所暮らしをくらったボクサーの話とイメージが重なったのですが、すぐに細部を読み込んで、驚きのあまり3回程ウサギ飛びをやっちゃいました。The photo byPatriarca12, used under the license of Attribution 3.0 Unported

主役のアドニス・ジョンソンを演じるのはマイケル・B・ジョーダン。もともと彼は偉大なる米国ボクシング界のアイコンを父に持つはずでした。しかし、彼が生まれてくる前に、冷酷なソビエト人ボクサーとのエキシビジョンマッチにおいて父は負傷し、他界してしまいます。

その後、アドニスは養護施設などへ送られた事もありましたが最終的に母親に引き取られ、今となってはロスの金融界でエリートの仕事をしつつ豪邸に暮らす日々を送っています

しかし、本当の彼は、その様な人物と違ったんです。彼には、父から引き継いだ偉大なるファイターの血が流れ、その衝動はついに抑えきれないものになってしまいます。

彼は、格闘技など絶対にゆるさない母から離れるため、ロスを後にしました、その向かう先はフィラデルフィア。

そこに居るはずの人物、亡き父アポロ・クリードの元ライバルにして最大の親友、ロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)に会い、ボクシングの師となってもらうよう嘆願するために・・・。 【続きを読む】 “映画「クリード チャンプを継ぐ男(Creed)」の前評判”

映画「 ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション」の前評判

The photo by Kurt KulacAttribution-ShareAlike 3.0 Unported
ジェニファー・ローレンスこんにちは、新しくここの管理人になった小ウサギのズレ太です。

サイトが前のバージョンだった頃やっていた、新作映画の前評判をまとめる記事、ちょっとずつですが復活させて行きたいと思います。その大一発目は、まさに全米を震撼させ続けているメガ・ギガヒットシリーズの最終章、「Hunger Games: Mockingjay — Part 2」です。

世界的な大戦争だか疫病だかなんだかで、人類が滅びる直前までいった後の未来に、世界を支配する独裁政権が、人心発揚、思想統制を目的に開催する残酷な競技会をモチーフにしたのが、このハンガーゲームシリーズですね。

まぁなんともオソロシイ、あるいは、自身の事を絶対的なリーダーの素質の持ち主だと疑わない一部の人々にとっては、なんとも爽快極まりないのが、こういったプロットなのでしょう。 【続きを読む】 “映画「 ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション」の前評判”

全米映画トップ3(2015.11.23)

ジェニファー・ローレンス何にもコンテンツが無いのもアレなので、以前やっていたように米国最新ボックスオフィスランキングをちょこっとやりますね。

IMDbによると、2015年11月23日からの週、売上額がトップなのは、あのジェニファー・ローレンス主演で贈る大人気シリーズ、「The Hunger Games: Mockingjay – Part 2」。

現状の売上は1億267万ドルですって、なんやかんにゃ言っててもアメリカは景気いいんだよね^^。ちょっと調べたら、アメリカで今時の映画チケットって$9前後の価格らしいけど、割り算すると何人くらいが観た事になってんのかなぁ。 【続きを読む】 “全米映画トップ3(2015.11.23)”

こんにちはっ。

写真皆さん初めましてっ。

僕の名前は「ズレ太」と申します。こう見えてもウサギのドレイなんです。奴隷じゃなくて土鈴。

あぁ、と、以前、この名前のサイトを管理していた偏屈オヤジが居たんですが、彼がこの仕事をぶん投げちゃったので、しばらくサイト自体も無くなっていました。でも、ドメインの有効期間は残っているんです。

と、言うわけで、これからは僕がこのサイトをいじくらせてもらう事になりました。どうぞよろしくね^^。

出来れば、以前からのテーマ(アメリカ映画)は引き継いで行きたいとは思うんですが、まぁ遊び半分の更新ですし固い事を書く気もないので、あんまし一つの事に固執しすぎないように行きますね。

あ、そうだ、Gグルのアナリティクスを復活させとこっとっ。