これからやって来る、ヤバそうな内容の映画3選

以前の様に、色々いっぱい調べて記事をでっち上げる事が難しくなってきたので、しばらくの間は手抜き更新をしてゆこうと思います。

まっ、僕以外の人にはまったく関係ないコトだと思いますけど。とにかく、適当に見繕ったハリウッド新作映画を3つほどどうぞ。

〔宇宙では、パラダイスなんてあり得ない〕

リドリー・スコット監督のエイリアンシリーズ最新作、「Alien: Covenant」が2017年の9月に日本上陸する予定です。

出演は、マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストンなど。

今回も人類は、行かなくて良い深宇宙へとデカい宇宙船でもって乗り込んで、着陸しなくてもいいのによその惑星に足を踏み入れ、挙句の果てに変な卵を見つけてから、不用意にも上から覗き込んでしまいます・・・。

題名の‟Covenant”は、その格好良い宇宙船の名前だそうで、彼らの目的は人類が住み着く植民惑星を見つける事。でも辿り着いたパラダイスは、実は、抜け出られない怪物の蟻地獄みたいなところです。

果たして、何人が生き残れるんですかねぇ。

〔埋蔵金なんてクラスじゃないもの、掘り当てちゃった!〕

日本では、7月に公開予定なのが、トム・クルーズ&ラッセル・クロウ共演のアクションスリラー、「The Mummy」

超古代の邪悪な魔物を発掘しちゃったトム・クルーズが、そいつの呪いで死ななくなるという、ついてゆくのがちょっと困難なプロット。

古代の悪魔さんは、ビル一つを埃の山にするパワーがあるんだけど、なぜか、クルーズ兄さんと拳vs拳の格闘をしたりもするようです。

〔引きこもっても、安全じゃなかった・・・〕

最後の一作品は、日本公開は未定のホラー、「It Comes at Night」

夜に何かがやって来る、らしいんですけど、映画の中の怖いヤツって大概、夜にやってくるもんですわw。

このお話の背景設定は、世界を何かの脅威が襲って現代社会が崩壊したっぽい、けど、よく解らないというものらしいです。そんな状態で、いくつかのファミリーが山奥の一軒家へと引き込もり、サバイバルを目指すんです。

もちろん、その場所にも、よく解らないものの恐怖が入り込もうとします。もちろん、夜の間に・・・。

アメリカでも、とりあえずは限定スクリーンだけでの公開になっている、小型のホラースリラーがこの一作ですね。まぁ、ホラーは予算が少ない方が良いものが出来ますから、その意味でもちょっと興味をそそります。

・・・・・・

とまぁ、今回は、そんな3つを手抜きでご紹介いたしました。また今度、よろしくお願いいたします。

ズレ太

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。