えんたほ流レビュー:残穢【ざんえ】 引っ越し先の家賃にはご注意を

〔ホントでなくてもコワいハナシ・・・〕

僕スレ太は、ほぼほぼ、ホラーかSciFiかスリラー映画しかみないんです。だから、ホラー中心に世の中が回るハロウィンシーズンは、僕にとっては凄くうれしい時期だとも言えます。

今年2017年のこの時期、運よく「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」ていうJホラーが借りれました。でも、どこで生まれてどんなお話なのかも、誰が出ているのかも、ほとんど知らない状態からの鑑賞です。

んで、結論を言うと、想定外に面白くて良い出来でした^^。

話のモチーフには、最近オカルト界で流行りの「実話系怪談」というものが取り上げられています。実話、という2文字がつくだけで怖さが倍増どころか10倍増するのが怪談の世界で、だからこそ興味深い。この映画でも、最初のオープニングシーンから、観客の興味をうまく引き付けてくれています。

僕はネタバレは書きませんが、ストーリーの大枠としては、某怪談雑誌向けに投稿されたコワい話を、売り物になる形へ書き直す仕事をしている女性作家さん(竹内結子)を中心にして展開する、そんなものになっています。

そして、その投稿の中に、久保さん(橋本愛)という美人女子大生が現在進行形で体験しているという、「怪音」についての話がまじっていたところから、すべてが始まってゆきます。

新しく引っ越したアパートで、誰も居ない場所からブキミな音がしてくる、てのは、今更聞かされても苦笑しかできないお化け話ではありますが、なんと、この映画のストーリーでは最初から最後まで、このモチーフが非常に有効に活かされて使われます。

最近のお化けホラー映画のテンプレートは、話の発端があり、まず誰かが死に、もう一人死に、みんなが居なくなるすんでのところで、ヒロインと怨霊が「某廃墟」で対決し呪いが終結する、そんなのが固定的になっています。でも、「残穢」にはそんな稚拙な展開も疾走感も見られません。

そのトーンは、途中で加速してゆくというより、失速&墜落しない程度に、それでもスムーズに飛びながら、軽いお化け話であった発端の事件がゆっくり厚みをましてゆく印象です。

結局、この「残穢」はホラー映画ですらなく、興味深いミステリーの話だと形容した方が正しいかもしれませんね。そして、実話は小説よりも奇なり、そんな不条理の面白さをうまく扱った一本でしょう。

最近、マネタイズ主導の企画でやたら作られるホラーに飽き飽きしている、そんな人にとっても、場合によるとすごく新鮮な一作となりそうな映画です。

でもまぁ、、、今後もし、「残穢2 運転してはいけないクルマ」なんてのが作られるとしたら、かなり心配な事でもありますね、その仕上がり具合に関しては^^;。

ではまたっw。

〔広告〕

ズレ太

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。