えんたほ的「引き寄せの法則」の考察

【広告】

〔魔法なのか、科学なのか・・・最低でも錬金術じゃあないっ^^〕

いよいよハロウィーンも近づいてきたので、今回はオカルトというかスピリチュアルというか、若干は宗教チックかもしれないお話です。

とは言えまぁ、何かの思想を押し付けたりするものではないので、ご安心を。ここを開いた方々が、どの様に受け取られているかわからないのですが、このサイトはあくまでも軽いスタンスで作っています。

さて、最近流行の「引き寄せの法則」です。雑な解釈で言うと、これは、寝る前の深いリラックスした時や目覚めた直後の気分がリセットされた状態で、自分が欲しいと思うモノやコトが本当に手に入ると自分に言い聞かせれば、それが実現するのだ。というような「ワザ」の事を言っているらしいです。

もちろん、その目標はひとそれぞれで、「次の面接には合格する」とか「半年後に資産が50倍になる」とか「今度会ったら、絶対ズレ太君に告白する」とかとか、なんでもOK。

最大のポイントは、とにかく続ける事らしいんですね。

〔実は自分が拒絶している!?〕

例えば、ヒトの行動の多くの部分は、深い無意識の中にある価値観とか統制ルールによって、ほぼ一瞬のうちに自動的に決定されていると、そんな仮説をたてましょう。

そして、「ある一つの事柄」について、現実的には合理性があまり無いのに、深層心理がネガティブな態度をとっているのなら、それが実生活上の行動に表現されるとします。

例え小さくとも、このネガティブな反応が日々積もり積もってゆけば、僕たちの立ち位置は「ある一つの事柄」から、ゆっくり着実に離れてゆくことになりますよね。この「事柄」が、実は、自分に本当に必要なものだったら、人生はホントに残念なものになっちゃいます。

まさに、僕ズレ太なんかの人生がこれ、と言っても過言ではございません。そして、無意識のルールをポジティブな方に変更したら、上のものと逆のプロセスがおっぱじまる、それが「引き寄せの法則」の基本原理なのだと思っているんです。

実は人間は、意識するよりもずっと多くの情報を色々な形で受け取っていて、その中の幾つかだけを選んで反応していると思います。そして、そういう自動的な選択処理に影響を与えるのが無意識です。

あるいは、問題を解決するための妙案を一生懸命に考えても何も思い浮かばない時、これも、ひょっとしたら無意識が何かをブロックしているからかもしれません。

だからもし、外から入ってくる情報のすべてを有効活用して、深い部分にある自分の思い込みをポジティブ方向に変換したら、自分の発想・行動も前向きになるので何かに成功する確率も上がります。またその時は、自分に運がめぐってきたと感じられるかもしれません。

実際には、「運」ではなくて「自分が生み出した結果」です。だから、それをしばらく継続していれば、最後には「引き寄せ」の目標点へ自分自身が到達することができるだろう、そんな風にありがたい論法も成り立つのです。

結論を言えば、「引き寄せの法則」を成功させるコツは、ただ自分に言い聞かせるのではなく、自分の深層心理を大きくポジティブな態度に変える事にある。そう言えそう。

もちろん、世の中には本質的に否定されるべき事柄もありますので、そんなモノを無理して肯定する必要はありません。また、目標に掲げる事柄は、自分自身が本当に欲しいと思う何かであるべきです。

皆さんにとっての、「ある一つの事柄」って何でしょう?。この秋から年末にかけて、それが本当に自分に近づいてくるのか、密かに「引き寄せの法則」の実験をしてみるのも、面白いかもしれませんね。

さて、超否定的マインドだけが自慢だった、そんな僕ズレ太ですが、この生き方にもそろそろ疲れてきたので、この秋からは「ポジティブ君」に変身してみようかな、なんて思う、今日この頃なのでした。

ではまたっw。

ズレ太

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。