映画「ヘイル、シーザー!(Hail, Caesar!)」の前評判

〔大変だっ、シーザー(役の人)が消えちゃったっ!〕

この映画「ヘイル、シーザー!(Hail, Caesar!)」の主な題材に、ジョエルとイーサンのコーエン兄弟が取り上げた人物、エディー・マニックスっていう映画プロデューサーは、1950年代のハリウッドで実施に活躍した人なんだそうです。

まぁ、夢の世界を映像化するために必要な現実の部分、ややもすると汚れ仕事みたいなのを、よく請け負ったらしいんですね。この映画の中でもそんな事になってるみたいです。

まぁ、彼、エディー・マニックス(ジョシュ・ブローリン)の制作会社は、今日も絶賛映画撮影中です。今現在でもスタジオのセットでは、イケメンのタップダンサー、バート・ガーニー(チャニング・テイタム)が回転テーブルの上で華麗に踊り謡い、また、しつらえられた巨大なタンクでは、水上に浮かんだディーアナ・モラン(スカーレット・ヨハンソン)もまた美しくパフォーマンスを決めようとしています。

そして、そんなスタジオが、おそらく今一番オシているのが、“Hail, Caesar!”という題名の時代物エピック超大作です。主演はあの名優、ベアード・ホワイトロック(ジョージ・クルーニー)。

その撮影は快調に進行中、のはずだったんですが、とんでも無い事が起きてしまいます。ある日、主演のベアードが姿を見せなくなってしまったんです。もちろん、映画スタッフは大慌てで探していましたが、そんな中、何と、彼を誘拐したという一団から脅迫の手紙が届いたじゃぁありませんか。

どうしよう、大作映画の撮影がままなりません、会社にも大損害となる事必至です。こんな時は、問題解決人エディーの登場、彼ならきっとなんとかしてくれるはず、なのですが・・・。

〔独自の世界へ、ハリウッドコメディーを投影するコーエン兄弟〕

映画の中に、別の映画を埋め込むのは、たとえそれが部分的であっても、結構コストのかさむものなんでしょうね。実際、複数の映画を撮るのと同じレベルになっちゃうんではないかなぁ、とか思います。

だから、脚本がまとまっても、制作立ち上げの話がまとまるかどうか、そこん所が難しそうです、そして、そんなプロジェクトを動かせるのも、コーエンご兄弟の力量があったればこそ、なんでしょう。

映画業界パロディー、である今回の一本については、

「およそ、どんなコメディーでも古きハリウッドを舞台にしていれば、登場人物達の名前は重要な要素になるものだ。そして、この映画“Hail, Caesar!”にいくつも登場するそれらは、殆どの時間で、私の顔から笑みを絶やさせる事は無かった。もちろんそれは皮肉な苦笑といったものではないが、ここでのジョークが驚くほど足らないという事情から、最高でも微笑みといった程度のものではあっただろう。ジョエルとイーサンのコーエン兄弟が、広範なジョークを取り入れる感性をここへ適用した結果、出来あがった一作は、正直なところ、強引でやや遠巻きな印象の一本である。(Chicago Tribune)」

とか、

「そこに詳細に描かれる映画製作スタジオや、その代表作などを通して、過去のハリウッドにひょうきんなトリビュートを送りつつパロディー化したこの一作は、最初から最後まで楽しませるもので、上映時間の間中、あなたを笑顔にし続けるだろう。(Los Angeles Times)」

などと評価は悪くない印象です。

皆がやっていて、一番ウケが良さそうな事を焼き直ししまくる、というのが、ハリウッドのマーケティング至上主義だろうと思っているんですが、コーエンさん達はかなり違うスタンスの人、みたいですよね。

「たとえ、観客達は、古いハリウッドでスカーレット・ヨハンソンがもうちょっと活躍するコメディーとか、ジョージ・クルーニーが演じるあらたな道化を観たいと願っていたとしても、本作はジョシュ・ブローリンのための一本としか言えない。人々が望むような人間像を、コーエン兄弟が描くことは稀であり、彼らは自分達が好む映画を製作するだけなのである。(Chicago Tribune)」

そして、

「コーエン兄弟は、自分らのためだけに映画を作っている、と見えていたとしても、彼らが、なじみの人、そうでない人の両方を、このパーティーに招き入れようと願っているのは確かだろうし、その楽しみをシェアするよう招待された我々もまた、幸運を享受するのである。(Los Angeles Times)」

、とか。

オスカー直前と言う、あんまり得がないような、それでいて競争相手も無くて楽そうな、微妙と言えば微妙なシーズンに、わざわざリリースするのも、容易に予想される事はしたくないというスタンスの表れかも知れませんよね。

もちろん、その話の構造上、映画業界や作品群、そして俳優達についての莫大な知識が必要になったろう、と思えるのが、この作品の脚本執筆です。

「しかし、本作“Hail, Caesar!”の楽しみは、観客がそのパロディーの原典を理解しているかどうか、などに頼っている物ではない。ハリウッドの名作を愉快に再現している場面に加え、たとえば、“お許しください神父様、私は罪を犯しました。激怒して映画スターの事をぶん殴ってしまったのです”、などと言うセリフが、人を楽しませない訳など本当に絶対あり得ないのだ。(Los Angeles Times)」

、あるいは、、

「ここで描かれるエディー・マニックスからは、大ヒット作以外に、卑しく気難しいながらも、もっと興味深い作品を残しているという意味において、コーエン兄弟自身を理想化した自画像、といった様なものが読み取れるだろう。(Chicago Tribune)」

などの評価が見られますね。

まぁ、どんな個性派でも、あるいは変わり者でも、それが故に魅力が有るんだって認めてもらったら、人生は生きやすくなるんだろうと思います。

ただ、そう言う評価ってのは、ネットの世界ではあんまり無いのかなぁ、だいたい、某検索エンジンのアルゴリズムが、サイトの有用性を勝手に代弁しちゃいますからねぇ。とにかく、ネットを見る人に取り上げてもらおうとしたら、検索で成功してるサイトの文章の書き方を、完全コピーするのが一番だとかなんとか言います。

でも僕はやっぱり、日本のブログ界のコーエン兄弟になりたいです。無理、かなぁ。

、、、それではまたっ!

参照元
Chicago Tribune
Los Angeles Times

ズレ太

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。