全米映画トップ3(2016.2.8)

【広告】

まず、とりあえずは、おめでとうございます。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の米国内総売り上げが、9億ドルを突破しました。旧正月に入ってきたアジア圏では、再びそのブームに火が点いて強烈なリピーターの波が押し寄せるかもしれませんから、全世界を累計したときの売り上げは、最終的には60億ドルくらい行くかもしれませんし、行かないかもしれません。

この1週間で言うと、ランキングは4位に位置(瞬間売り上げで言うと689万ドル)するのがSW7ではありますが、それでも、公開8週目にして一つの大台を突破、新たな伝説の誕生である事は間違いありませんね。

さて、そのランキングです。今週もトップを堅持したのは、豪華な俳優陣による絶妙なボイスアクトにより、楽しく作り上げられた、コミック・アドベンチャー・アニメーション、「Kung Fu Panda 3」で、累積の売上額は6905万ドルに達しました。

今回、主役のポーは、とうとう自身のルーツにたどり着きますが、平和なその故郷もまた、悪いヤツの侵略という危機に瀕する事になるそうです。立ち上がれっ、カンフーマスター=ポーっ!

今週の第2位に入ったのが、初登場の「Hail, Caesar!」で、イーサン&ジョエル・コーエン監督によるコメディードラマだそうです。売り上げ額は1144万ドルでした。

1950年代のハリウッド。ばっくれたスター俳優を見つけ出し、映画製作に間に合わせようと奮闘する、業界のお掃除役を描く話だそうです。

そして、第3位に入った作品は、レオナルド・デカプリオ主演のドラマ、「レヴェナント: 蘇えりし者」で、累積売り上げは1億4970万ドルに到達しています。

あれ、これって日本ではいつから公開でしたっけ?、、、、、、あ、入学式後なんですな。観てる方がブルっちゃう程の極寒映像で奮闘するレオ様の壮絶演技を、日本では、温暖な気候の下ゆっくり堪能できるって寸法ですわい。

その頃になったら、今よりいろんな事がスムーズに進んで、皆が暖かい気分で居られるようになってたら、嬉しいですねぇ〜。

それではまたっ!

ズレ太

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。