全米映画トップ3(2015.11.30)

写真ダニエル・クレイグアメリカ&カナダの感謝祭が過ぎて、国際資本主義世界にとっては公式のホリデーシーズンとなりました。(The photo by www.GlynLowe.com is used under the license of Attribution 2.0 Generic

まっ、僕なんかにゃほとんど無関係、一緒にクリスマスしてくれる人なんかいねーしよっ、と、斜に構えたくなるのが例年のこの時期ですが、どちら様にとっても、一年の労をねぎらう時ではありますし、最後の最後にとっても幸運な事件が、みなさんの目の前に舞い降りるかもしれません。

僕の所なんかにゃ、大した運はめぐってこないと思いますが、んー、だったらいっそ、超えげつないホラーDVDでも借りて、クリスマスを真っ黒に染めてやりますわっw。

さて、そんなホリデーシーズンの始まり、アメリカ映画業界はどうなっているでしょう?

今週の興行成績トップを維持したのは、やっぱりあの一作、ジェニファー・ローレンス主演のメガギガてんこ盛りヒットシリーズの、「The Hunger Games: Mockingjay – Part 2」で、累積売上額は1億9831万ドルになりました。これからは順位と売り上げが下がってくる段階だと思いますが、はたしてどこまで稼ぎあげるのでしょうかねぇ^^。

第2位だったのは、ホリデーらしいアニメーションの「The Good Dinosaur」で累積の売上額は5557万ドルになりました。もし、6500万年まえの隕石落下がなかったら、恐竜はその後も地上を闊歩してるはず。その一頭が少年となかよくなったら・・・、というファンタジーですね。

第3位に入ったのが、マイケル・B・ジョーダン主演、シルヴェスター・スタローン共演の「Creed」で、累積売上は4260万ドルでした。あの、フィラデルフィア伝説的な英雄ロッキー・バルボアが、7度目、ボクシングの世界へと復帰する、ただ今回は、亡き親友が残した息子の師となるために、、、て感じの話ですよ^^。

まぁ、今の所はこれから登場してくる超話題作を、映画業界がじっと待っているという状況でしょうか。たとえば12月18日の「Alvin and the Chipmunks: The Road Chip」とか、ね。

ん?、違ったかな?

〔広告〕

ズレ太

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。