映画「Concussion」の前評判

【広告】

〔真の倫理のためにウィル・スミスが巨大組織に立ち向かう〕

予告編映像の中で、主演ウィル・スミスが、「僕にとって、天国がこの辺だとすると、アメリカはそのすぐ下だったんだ。」、と言う場面が出てくるのが、この最新作「Concussion」です。

現実世界では、格別なアメリカンセレブである彼が、今回演じているのはナイジェリア出身の神経病理学者ベネット・オマル。そして、オマルこそが、現実世界での本当のヒーローなのかもしれません。

事の起こりは2002年。Drオマルが、ペンシルベニア州はピッツバーグで検死解剖医として働いていた時の事。その夜運び込まれたのは、地元ピッツバーグ・スティーラーの元フットボールスター、マイク・ウェブスター(デヴィッド・モース)の遺体でした。

この解剖を行ったオマルは、アスリート引退後のウェブスターが、自身の奇行と異様な症状に悩まされ続けていた事を知ります。神経病理学者として、この症例を調べ始めるオマル医師。

すると、他にも多くのフットボールスター選手たちが、最終的に自殺している事が判明、そしてついにオマルは、その原因を特定してしまうんです。

それは、選手時代に繰り返された脳震盪の後遺症で、実際に受けたダメージより数年以上たってから、脳に異常なタンパク質が増加する事で発症する病気だったんですね。

もちろん、この重大事をすぐにNFLへ知らせる事にしたオマル医師ですが、そこで彼は、予想もしていなかった対応を受けます。なんとNFLの上層部はそれを却下したばかりか、症例の存在にも疑義を申し立ててきたのです。

彼らにとっては、選手の一生を通しての健康より、その時の試合の売り上げの方がはるかに大切な事。

それでもオマルは諦めません。そしてついに、彼の後押しをしてくれる人物、元フットボールチームドクターであるジュリアン・ベイルズ(アレック・ボールドウィン)に出会います。

彼の助力を得て、さらには、オマルにとって新妻となったプレマ(ググ・バサ=ロー)の、心強い励ましに押されて、ベネット・オマルは、この全米を揺るがす一大事を明らかにしてゆきます・・・。

と言う感じの、社会問題系スリラーという体を取った一作が、この映画らしいです。

〔アクセントを操るウィル・スミス〕

オマル医師の功績は、これから未来永劫、スポーツを始める全ての人を守る大きな成果だろうと思います。

そして、国益のためになる、彼の様な優秀な人材を、国外からどんどん受け入れる事が出来るのは、やっぱりアメリカの強みと、そして正義なのだと評するべきなんでしょうね。

ナイジェリア出身者の言葉のトーンを、ここで、うまく表現していると思われるスミスですが、

「例えば、マイケル・マンによる99年のスリラー、“インサイダー”などでも、業界とヒューマニズムの衝突は真ん中の最前列に置かれ、強く主張してくるものである。一方、本作“Concussion”が、そこに背景となる科学、そしてウィル・スミスの存在など、はっきりわかる良点を持っていたとしても、依然として、それが、この非道ともいえる事件に見合ったレベルに持ち上げられるだけの、エキサイティングで打ち込んだ制作姿勢というのは、足りていないというのも事実であろう。(The New York Times)」

人々が、自分の仕事のために、結果として重篤な健康被害を受けていて、しかもその事実が、力によって隠ぺいされている、と言うのは、軽々しく扱う事を許さないテーマですから(あっちとこっちと、両方の権利問題も有りそうです^^;)、簡単に面白く、そして怖く描くというのも無理かもしれません。

とは言え、やっぱりこれはウィル・スミス映画でなければならないのですよね。

「本作“Concussion” は、節度を備えていながら、同時に、むらも有る作品である。監督のピーター・ランデスマンは、スリルが要求する程度以上に、オマルの日常生活へと目を向けてしまう。このスキャンダルが舞台の中心に置かれなければならない時でさえ、それは、主人公の恋愛事情や結婚などへ、余計な程に視線を移すのである。(Star Tribune)」

そして、

「ウィル・スミスは、彼が演じている人物とは似ても似つかないと言っても良いが、それでも、偉大な映画スターが行うべき全ての事は、ここでやって見せているだろう。それは、彼の直面している物事がどんな物であれ、見ている我々を釘づけにするものだ。それより問題なのは、この映画が、説得力のある相手役、誰かか何か、筋書き上の火花が光るる所まで、彼を押し当てさせるに十分なものを、ベネット医師に与える事が無いまま終わるという点だろう。(The New York Times)」

、という評も有るみたいです。

まぁ、ねぇ、事実を基にした映画を、どこまで脚色するか決めるというのは、倫理や節度や、そして大人の諸事情もからんで、なかなかむつかしい裁量が要求される仕事なんですよ、ぇぇ。

それでも、このシナリオは、いくつかの怪しげな行為や威嚇に、NFLか関与していそうな空気も持たされているようなんですが、どうなのかぁ、たかだか一つのスポーツ団体ですもんねぇ、のちのちの商売の事を考慮しても、変な暴挙にでますかね・・・。

〔関連作品〕
7つの贈り物 (ブルーレイディスク)
7つの贈り物 (ブルーレイディスク)

最後に、

「ここでの最大の(映画的)強みは、NFLが昨年まで受け入れようとしなかった、この事態の内情そのものの中にある。連邦裁判所においては、引退後の選手の1/3は、今後長期にわたり認知機能の障害に苦しむだろうとされている点だ。それでも、腐敗と市民の権利を扱った一つのドラマとしては、ソフトにロマンスを扱ったり、問題点を告発するだけでは、レベルアップする事にはならないのだ。(Star Tribune)」

、とかも書かれています。

でも、オマル医師の本当の行動や、その日々は、意外と地道だったのではないでしょうかねぇ、そんな気もします。

一つの新しい科学的知見が、一般の世の中に受け入れられるためには、やっぱりそれなりの苦労を伴うんではないでしょうかね。それが見た目に美味しかったり、あるいは得になりそうな何かなら別ですけど・・・。

そして、やっぱり、大きな組織で権力と利権を握った人間は、あんまりきれいな事をしないもんだ、というのも、洋の東西を問わずに通じる先入観であったりもするんです。

本当に潔い指導者ってのは、どこに居るんだろう、、、

それではまたっ!

ズレ太

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。