全米映画トップ3(2017.12.26)

帝国の台頭

2017年12月22日から25日にかけてのアメリカ合衆国では、一体、何人のエックスウィング新人パイロットが誕生し、何人のパダワンがライトセーバーを新調した事でしょうか、その数は想像を絶する規模に到達したはずです。

しかも今や彼らは、あの帝国、「WDエンパイア」の意思を遂行するために活動しているという事を思うと、畏怖の念さえ感じてしまいます。

「けして、、、けして皇帝の力をあなどるでないぞ、、、」、というジェダイマスターの言葉を、あらためて思い出しているという映画ファンも少なくないはずです。

あらたなる帝国の世界支配を担うというその映画、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の攻勢は弱まる事もしらず、公開後2週目である今回の週末も、1億70万ドルという売上額を記録して、当然の事ながら、興行成績ランキングのトップを堅持しました。

世界の歴史は、彼らの手によって確実に塗り替えられてゆきます・・・

また、あのジャングルへ行こう!

さて、どの様な勢力が世界を支配していたとしても、必ず、それに立ち向かうレジスタンスが存在します。

この事は、かの「WDエンパイア」自身もよく承知している話。

今週、巨大な帝国によって映画興行収益の全てが吸い上げられる事を阻止すべく、立ち上がった急先鋒は、ドウェイン・ジョンソン、カレン・ギラン、ジャック・ブラック、ケヴィン・ハート、ジャック・ブラックら共演の、ファンタジックなアドベンチャー、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」。

その売り上げ額は、5,220万ドルと、まぁまぁなレベルの数字を記録しました。

伝説の異次元ゲームアドベンチャーを、VR時代のイマジネーションでリブートしたのが、この「ジャングル」。お仕置きのために学校の物置部屋を掃除させられていた4人のティーンが、偶然発見した奇妙なビデオゲームの世界に取り込まれてしまいます。

果たして彼らは、文字通り生き残る事ができるのでしょうか・・・

〔広告〕

歌で世界が1つになる!?

完璧なハーモニーは、人の心を根底から揺さぶるパワーを持っています。

とは言えまぁ、音楽と歌によって、世界が1つになる事もあれば、さらに分断される事もあるでしょう。

世界No1のコーラスグループである、「ベラズ」にとって歌は、争いとは言わないまでも競い合うための道具である、と運命つけられているものの様です。

その事がはっきりするのが、映画市場が厳しい状態にあったはずの、この週末に、初登場にして2,560万ドルの売り上げを獲得した映画「Pitch Perfect 3」。

前作までで、世界タイトルを獲得した後、別々の道を歩むかに見えたベラズのメンバー達が、もう一度だけ大舞台で観客を魅了しようと立ち上がります。

年末年始にはぴったりな感じのストーリーが、この作品のようですね。

変化

振り返ってみると、2017年も色々な変化が進行した年だったと思います。

大して強くないのに、室内犬みたいにキャンキャン吠えまくる事で、周囲を威嚇し関心を引こうとする国も有りましたし、かと思えば、しなくて良い変更ばかりぶち上げてヒンシュクを買った政治的リーダーも居ました。

一方、インターネットの上だけに記録されているコインに、信じられないくらいの多くの人がお金を投じたりもしましたし、ハリウッドでは、超期待のブロックバスターシーズン(8月)が総ズッコケしたという事も、何かしらの変化の表れでしょう。

まぁ、世界は不安定化に向かっているとは言いますが、2018年は、もうちょっと賢い年になってくれないかなぁ、と念じております。

それでは皆様、よいお年をっ!

〔広告〕

ズレ太

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。