全米映画トップ3(2017.11.6)

さわらぬ神にスペクタクル無し

ユニバースは、ハリウッド映画業界にとって最後のフロンティア。この無限に変容する雄大な空間は、偉大な国家をさらに偉大にするのに十分な利得をもたらし続けています。

そんな宇宙の中でも、ビッグバンと同時に生まれたという老舗中の老舗「マーベル・ユニバース」は最強で、そこを統治する神の力に抗える者は、全米の映画ファンを探しても一人も見つからないのです。

かくして、今週初登場にして、週末3日間だけの売り上げは1億2,100万ドルを記録し、当然のごとくランキングトップに輝いたのが、巨大なユニバースを支配する「マイティ・ソー バトルロイヤル(Thor: Ragnarok)」。

まぁ、この映画については、正しいサーティフィケーションを取得した、正当なファン(もしくは批評家)しか語ってはいけなさソーなので、僕は、ちょっと距離をおいていた方がよさソーですね・・・

ホリデーの準備は早めに

2017年も、北半球の殆どの国ではこれからファミリーホリデーがやってくる、という嬉しいシーズンに入りました。

どんな楽しみでも、飾りつけをしたり料理やイベントを考えてと、それを思い描いて計画している時が一番楽しいもの。とは言うものの、その支度の殆どはママ達がやらなきゃならないのです。

そんな風に大忙しな3人のママ達に、さらなるやっかい事がのしかかった時、とうとう彼女達は自分らのためのクリスマスを過ごす事を決意。でも、その顛末は?

と言ったような内容が、初登場で今週2位に滑り込んだR指定コメディー「A Bad Moms Christmas」のようです。

この映画。久しぶりに、ほっこりした題名の作品が出てきたなぁ、と思ったら、本物のホリデーにぶつけるには悪い刺激が強すぎる、大人向けのコメディー映画でした。

〔広告〕

伝説級の惨劇は3位に

実は、ソウはソウでもやばい方のソウも未だに映画業界で健闘しているソウで、ハロウィーンの惨劇祭りが終わっても、アメリカの映画ファン達はもう少しだけ殺戮展覧会を見学可能なのだソウです。

そんな方のソウ、「ジグソウ:ソウ・レガシー(Jigsaw )」が、売上金額670万ドルで、今週のランキング3位に入りました。

2017年、アメリカで言うところのサンクスギビング、日本では祝日(11月23日)に当たるようなので、彼女をデートに誘う男子も多かろうと思います。でも、11月10日に日本公開されるこの「ジグソウ」みたいな映画に連れて言ったら絶対に趣味を疑われるでしょうから、その計画をお持ちの方は考え直した方が良さソウです・・・

日本の秋には湯と映画

なんだかんだ言っても、日本も今は行楽シーズンのど真ん中ですから、皆さんご自慢のSUVは、シネコンの駐車場なんかに止めておくなんてもったいない話。

やっぱりその素敵な愛車は、日光、箱根、別府や湯布院などへ温泉旅行をするのに使ってください。

ただ考えてみると、映画館を併設した温泉宿というのは無いんですよね。大概の大型ショッピングセンターには入っているのですから、どこかのホテルチェーンが作ってみたら良いのに、と思います。

温泉で疲れを癒した後、浴衣のままオールナイトで「ソウ6連発」なんて、相当ウケそうな気がしますが、いかがですかねぇ。

それではまたっ!

〔広告〕

ズレ太

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。