全米映画トップ3(2017.10.30)

ジグソウ蘇る!

デーモンやゴーストよりも、本当に怖いのはニンゲンそのもの。

たとえフェイクであっても、同胞が血を流す姿を見て興奮する生き物なんて、ヒト以外に存在しないです。

宗教的な解釈によると、この世の中には大量のサタンがうろついていて、最も善良なタイプの人を魔界へ引きずり込もうと画策しているそうです。

とりあえず無罪と思われる人々を捕まえて、窓も無い薄暗い部屋に拘束し、時計仕掛けで動く不気味な刃物により切り刻む。それが、映画史上最悪の連続殺人鬼ジグソウ。今回、10年ぶりに人々の前に姿を見せる彼は、やはり人の世に潜むというサタンの化身なのでしょうか?、

それとも、人の皮を被り被害者を装う狡猾な悪鬼たちを、地獄へ追い返す使命を帯びた、ダークなヒーローなのでしょうか?

どちらにしても、この殺人鬼のビジネスに継続性があるかどうかは、この週末にどれだけの観客が劇場に足を運ぶかにかかっていました。

かくして、ハロウィーンにぴったりと照準を合わせて復活した、殺戮のホラー映画「Jigsaw」の売上額は、1,630万ドルという数字を記録。見事ランキングのトップを奪取したのですが、はたしてこれは良い事なのか・・・

怖いもの知らずも逃げ出すハロウィーン

連続殺人鬼で騒いでいる様じゃ、まだまだシロウト。

と言う訳で、今年のマディア(タイラー・ペリー)は、ありとあらゆる(そして、どこかで見たような)モンスターの集う、呪われたキャンプ場へとわざわざ出向き、いつも通りの大騒動を繰り広げているそうです。

シリーズ最新作である、この「Tyler Perry’s Boo 2! A Madea Halloween」は、この週末3日間の売り上げに1,000万ドルという数字を記録して、ランキング2位を堅持。

既に、何年も前から「マディア・ユニバース」と呼ぶべき世界観を生み出して、無駄な金を使うことなく(本作の予算は2,500万ドル)作られているこの人気シリーズ、この分だとトリロジー化は必至。ファンとしては、来年は「Boo 3!」が期待できそうです。

〔広告〕

地球の危機もまだまだ続く

まぁ、ここでハロウィーンのコスプレ熱を少し冷まして、リアリティのある世界に戻りましょう。

人類にとって真の脅威とは何か?、そうそれは、あの世からやって来た幻などではなく、ヒトがこの地上に作り出したテクノロジーそのものなのです。

その重大な事実について、ハリウッド的に正しい方法を用いて僕らに再考させるのが、今週、570万ドルの売り上げを記録してランキング3位に滑り込んだ超大作、「Geostorm 」なのだと言えそう。

ノアの大洪水を完全に凌駕する程の大災厄を、21世紀の映像世界に再現する事で、全世界の人々に破滅の警鐘を鳴らすのが、制作に1億2,000万ドルを投じたという、この一本。

ですが、まぁ、映画制作会社といのはお好きですねぇ、ディザスターパニックもの映画。

映画業界は無風状態

理由はともあれ、8月のハイシーズンに深刻な業績不振に陥ったハリウッド業界は、未だにそれを引きずっているようです。

季節的には、これからホリデー映画の時期でもあるし、サンクスギビングの休日にはたくさんの観客を家から引きずり出したいところ。

そのためには、もう一発、業界に疾風を吹かせる起爆剤が必要ですし、まだまだ公開する話題作も残っているハリウッドです。

そんな中の一本には、タクヤ・キムラ、ハナ・スギサキ共演の「Blade of the Immortal」という一作も控えています。

果たして風は吹くのでしょうか?。

〔広告〕

ズレ太

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。