全米映画トップ3(2017.10.9)

30余年の時を超えて、その先の深い未来を描く

考えてみると、すべての物の成否を決定するのは、それをいつ行うかという点につきます。つまり、すべての結果はタイミングの良否が生み出すものなのです。

いつ新型のスマートフォンを発売するか、とか、いつ別々の政党が合併するか、とか、いつマイホームのローンを組むか、はたまた、いつインスタントラーメンをお湯から上げるかまで、すべては厳密なタイミング論によって支配されています。

かくして、30年間以上の準備期間を経て、満を持するように公開される名作映画の続編については、配給会社が設けた企画部のエリート達の間で、その公開期日をめぐって相当な議論がなされたはずです。

その映画とは、今週初登場で興行成績ランキングの1位を奪取した、「ブレードランナー2049(Blade Runner 2049)」。売上額は3,150万ドルという数字を記録しました。

夏の間には寒風が吹きすさんだ2017年のハリウッド映画産業を、デングリ返す役割を与えられたこのSF大作。全部のタイミング、ばっちりですよね・・・

〔広告〕

一足早い極寒体験

一部の人達にとっては、深い雪に覆われる真冬の季節は、一年を通しても最も祝福すべき時期でしょう。

そんな風に極寒を待ち望む人達や、あるいは、厳しい自然の中での冒険を疑似体験したいと考えている人にとって、かなり良いタイミングで公開されたのが、初登場で今週のランキング2位に入った「The Mountain Between Us」で、売上金額は1,010万ドルという数字を記録しました。

夏の間のVFX祭りが、いまいち盛り上がり切らなかった事を思うと、上級の俳優2人による上質な演技で、雪山でのサバイバルの緊迫感と、そこにあるべき感情性を描写しきる、という映画らしい映画は、ある意味で時流に乗っているかもしれません。

そんな本作でダブルで主演をはっているのが、イドリス・エルバとケイト・ウィンスレットです。

ハロウィーンの恐怖が地獄のクラウンをさらに強化

いくらハロウィーンの前だからと言って、新作映画の全てがオバケ話や殺人鬼スリラーになるという事も有り得ません。

という事で、大物ホラーをどこでリリースするかというのも、これまた配給会社が考えなければいけない大切なポイントでしょう。

そして、ともすればリリース日が早すぎたと感じさせた、このホラー映画「It」が、10月31日の前後まで延命しそうなのは、タイミング理論上でも特筆すべき現象だと言えます。

今週もランキングの3位に滑り込んで、売上金額は970万ドルを記録した本作ですが、米国内だけの累積売り上げも3億ドルを突破(制作予算は3,500万ドル)するという成功作となっています。

このスティーブン・キング原作による恐怖映画、続編にも、たくさんの人が期待している、といったところですが、一体ナニをみたら全部おわりなんでしょうね?

まぁ、秀逸な邦題も含めて、公開時期を絶対にはずさない日本の配給会社さん達は、やっぱりすごいのです・・・

それではまたっ!

〔広告〕

ズレ太

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。