男のくせに女に負けるなんてあり得ない??:映画「Battle of the Sexes」について

つぶやきアカ、停止ギリギリのテーマ!?

僕を含めた多くの日本人は、この映画のタイトルである「Battle of the Sexes」を読んだ時、倦怠期に入った夫婦を描くR指定のコメディ映画を想像すると思います。

あるいは、もっとグっとくる内容を想像するかもしれませんが、このタイトルの最後の単語に、あまり気を取られてはいけません。

この映画、実際には、現代社会の根幹をなしている性別による格差や差別を扱いつつ、さほど重くならない風に仕上がった、実話ベースのストーリーなのだそうです。

そぞれの「Sex」から代表され、この物語で文字通りの「Battle」を演じるのは、スティーヴ・カレルとエマ・ストーン。

この2人の戦いは、全米どころか全世界にも大きな話題を提供するのだそうですが、一体、その中身とは・・・?

あらすじ

時は1973年。

かつては名声を博した事もある、元プロテニスプレイヤー、ボビー・リッグス(スティーヴ・カレル)は、もうすでに55歳。

テニスを引退した今は、日中をごく普通の仕事をして過ごし、夕方になると妻プリシラ(エリザベス・シュー)の小言を逃れるように、友人とギャンブル通いをするという生活に甘んじています。

一方、29歳の女子テニスプレイヤー、ビリー・ジーン・キング(エマ・ストーン)は、まさにキャリアの絶頂期。時のテニス界では世界最高の名を欲しいままにしています。だけれども実際のところ、女性が特筆すべき成果を出したからと言って、男達に比べれば何分の一かの報酬しか受けられないのは、この世界の古くからの習わし。

もちろん、その状況を少しでも変えたいと願う彼女ではありますが、試合のプロモーターであるジャック・クレーマー(ビル・プルマン)からは、「単に、男性選手の方が見ていて面白いからだ」、なんて言葉が返ってくるだけです。

自分達の地位向上のため、女子テニス選手の協会を代表する役目を受け持ったりするビリー・ジーンですが、社会に強く根差した考え方は、一朝一夕に変わったりしないものです。

さて、あのボビーに話を戻します。彼にとっては、やはり過去の栄光は忘れがたい、と言うのが本音。もう一度、プロアスリートの地位に返り咲けないものか考えているうちに、あるアイディアが浮かびました。

それが、男性選手と女性選手によるテニスのエキシビジョンマッチ。

もし、人気、実力ともにあるスター女性選手を打ち負かせば、ボビーの名前を再び世に知らしめる事ができるはずです。

その相手に最もふさわしいのは、今をときめくプレイヤー、ビリー・ジーン以外有り得ません。という訳で、ぶしつけにも彼女に電話をし、試合の申し込みを繰り返すボビー。

もちろん、こんな突拍子もない申し込み、当初は断りつづけたビリー・ジーン。しかし、ボビーがオーストラリアの女性テニス王者、マーガレット・コート(ジェシカ・マクナミー)との試合を実現し、勝利した事で、現役プロの代表として彼との試合に臨まない訳にはいかなくなります。

ここに、完全に盛りの過ぎた元男性プロと、現役でも最高レベルの女性テニス選手による、歴史に名を刻む試合のお膳立てが整いました。

果たして、この試合の結果はどうなるのでしょうか?。その結果が何かの大きな変化を生み出す事になるのでしょうか?

キャスト&スタッフ

  • 監督:
    • ジョナサン・デイトン
    • バレリー・ファリス
  • 脚本:
    • サイモン・ボーファイ
  • 制作:
    • ダニー・ボイル
    • クリスチャン・コルソン
    • ロバート・グラフ…他
  • 出演:
    • エマ・ストーン
    • スティーヴ・カレル
    • サラ・シルバーマン
    • ビル・プルマン
    • アラン・カミング
    • ナタリー・モラールズ…他

実際に行われた不思議な対決を描くストーリー、気になるその評価は?

このストーリーが舞台を置く1973年という年を紐解くと、あのJ・F・Kが暗殺されてから10年が経ち、彼が推進したアメリカの宇宙開発も、前年の72年にはアポロ計画が(17号の月面着陸で)一区切りを迎えたという時期にあたる事が分かります。

また、ベトナム戦争で挫折したアメリカ軍の、すべての兵隊の撤退が完了したのもこの年。もちろん、世界は、東西冷戦の真っただ中にあります。

ハリウッド映画でいうと、「燃えよドラゴン」や「エクソシスト」など、歴史に名を残す名作が公開されたのもこの年なんですね。

という事で、いろいろな分野で節目を迎えていたり、現代につながるよりモダンな物が産声を上げた時代が、この73年という事のようです。そんな時に、テニス試合で男女間の勝負をつけようとしたのも、歴史の上では意味のある出来事だった、とも言えるでしょう。

さて、そんな時代性が一つの魅力であるだろう本作には、

「この映画『Battle of the Sexes』は、我々にとって、未だに性差別に関する諸問題を考える必要が有る事を思い出させるものではある。しかし同時に、主役の男女が共に見せる素晴らしい演技を、心を込めて描いて見せている一本だとも言えるだろう。そのストーリーは、何度かの電話でのやり取り以外は個別に進行するもので、後半で実際に顔を合わせる段までは、2人の間に起こる相互作用を楽しむ事はお預け状態にされる。監督である、ジョナサン・デイトンとバレリー・ファリスは、(その内の一人)ボビー・リッグスについて史実に忠実に描く代わりに、ビリー・ジーン・キングに並ぶような個人的な諸問題を彼にも設定し、双方に平等な重みを与えて描いている。(USA TODAY)」

、という評価があります。

70年代のアメリカの文化や風俗は、今の目線で見てみると、ノスタルジーの中にも独特なポップさというか色合いを感じさせるものです。この映画は、社会性のある問題を、そんな魅力的なムードの中にうまくはめ込んでいる、そんな印象も伝わります。

俳優達の演技などについては、

「本作においてスティーヴ・カレルは、自分の名声を留めたいと必死になる男性に深みを与える、かなり良い演技を見せている。とはいえ、反対側のコートから彼に相対する女性、エマ・ストーンはそれを上回っているだろう。ここで見せるテニス選手としての描写は、『ラ・ラ・ランド』における芝居より、さらに多層的で生命を感じさせ記憶にも残るもので、また、いくつかの場面はこの作品全体にとって重要なポイントともなっている。そして、監督の2人は、サラ・シルバーマン、アラン・カミング、ナタリー・モラールズなど他の役者達にも輝きを見せる場所ができるように、このストーリーを組み立てているのだ。(USA TODAY)」

、といった評され方をしています。

それが、意味のある問題定義だったとしても、ただ暗い側面だけを連ねるのでは、映画というより壮大な愚痴にしかなりません。

そういった作り込みに関しては、

「本作『Battle of the Sexes』は、個人的、あるいは、政治的な問題を取り扱うものだが、同時にその周囲に十分盛り付けをする事で、エンターテインメントとしてもなりたっている作品だろう。ジョナサン・デイトンとバレリー・ファリスら2人の監督は、ビリー・ジーンとボビーの生活の中へ、他のキャラクター達や出来事をを詰め込むようにして、映画前半の部分に上手く動きを与えている。特に、諸問題を抱えつつも魅力的に個性のある女性達に囲まれた、ビリー・ジーンの物語は、より生命観と共感を与えるものだ。(The New York Times)」

、という事や、あるいは、

「サイモン・ボーファイが執筆した忙しい脚本の上で、本作の監督らは、個人的な瞬間と公的な出来事の間を行き来しつつ、そこに多彩な要素が展開するように作り上げている。そして、(社会にとっての)大きな変革を2時間の長さに押し込めるのは簡単ではないだろうが、この映画『Battle of the Sexes』は、見栄えのよい表面を上手いスキップで移動する事で、それを達成してみせたのである。そこには繰り返し問題定義がなされるのだが、かと言え、特別な緊急性や痛みなどは伴わないものになっている。(The New York Times)」

、などが書かれています。

この映画に、ある種のキュートさを与えているのは、まちいがいなくビリー・ジーンになり切った、エマ・ストーンの力でしょう。

そんな彼女の存在も含めて、こちらでは、

「‘あなた達が手に入れてきたものの少しを、私たちだって求める事はできるのよ、どうせ気に入らないんでしょうけどね’。そう言って(ビル・プルマンが演じる)テニスプロモーターをビリー・ジーンがやり込める場面がある。それは、控えめな現実表現を用いて、世の中に根差した男性上位主義を強調する場面だ。そして、エマ・ストーンはこの場面を、震える程の怒りの中でも正しい姿勢を維持するというコントロールされた演技で、実に適切に描写して見せる。(The New York Times)」

、と言った評論が見られました。

まぁ、性差別についてなどを、あんまり軽やかに描いてしまうと、真剣な社会問題活動家の人達から総攻撃を受ける事になりかねません。ですので、触れるべき部分にはきちっと言及しているのだと思います。

それでも、主役の2人を含めた確実性のあるキャストで織りなすドラマとして、特に70年代に興味のある向きは楽しめそうな一本のようです。

40年ぶりに語りなおされた、男女バトル

とりあえず一般論として、差別はいけないというのは多くの人が理解している所です。

でも同時に、人間は「普通」という観念がないと生きていけません。そして、「普通じゃない」ものを自然と敬遠したり軽視したりするのも、これまた「普通なこと」なのです。

この世に、「完璧な公平正大さ」なんて存在しないとすれば、僕らのような小市民にできる事と言えば、最低限の思いやりと、健全なユーモアを忘れないようにして、できるだけ前向きに生活するしかないのでしょう。

なんだか、そんな事を考えました。

それではまたっ!

参照元
USA TODAY
The New York Times

ズレ太

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。