全米映画トップ3(2017.7.31)

2017夏の、米国ブロックバスター映画も一巡!?

景気も、それほど悪くない状態にあるアメリカですので、その国が誇る世界最大の映画産業としては、アクションスペクタクル作の制作予算にも、1億ドルくらいは出すというのが常識ラインになっているようです。

まぁ、その大きな投資額が、必ずしも作品の評価を持ち上げる事につながらないというのも、このビジネスの難しくて面白い所なんですよね。

2017年7月29日からの週末で、売上ランキングトップを堅持した、「ダンケルク(Dunkirk)」は、大作映画としては節度を保ちつつ十分な金額(ジャスト1億ドル)で作られた一本ですが、映画としての質が認められる形で人気を獲得した作品、という事らしいです。

しかし、その映画でも週末2日間の売上額は、2,810万ドルでの1位という事で、夏休みシーズンのピークは遠ざかりつつあるのかな、という印象も感じられます。監督は、あのクリストファー・ノーラン。

のぞき込んでいるのに見えない世界のハナシ・・・

まぁ、季節が季節ですから、たくさんの人がお出かけの約束や変更、その取り消しなど、スケジュール管理にスマフォやタブレットを忙しく活用していらっしゃる事でしょう。

そのスマフォの中の真実を暴き出すのが、初登場で今週の売り上げ2位(2,570万ドル)に入ったコメディー・アニメ、「The Emoji Movie」です。

なんと、あなたのスマフォの中には、絵文字たちが暮らす世界があって、あなたのタップに合わせてその中から画面に登場しているのだ、という設定の作品。

ユーザーのコミュニケーションを確保するため、普通のエモジは、その生涯をただ一つの表情で暮らさなければなりません、、、普通はね。

でも、その世界にただ一つ、複数の感情表現が出来てしまうエモジが誕生したから大変です。果たして、エモジ世界の秩序はどうなってしまうのでしょうか?

ちなみに、この映画の製作費は約5,000万ドルとの事です。

〔広告〕

はちゃめちゃ女四人旅、の話

制作予算の話で行くと、2,000万ドルでおつりが来ちゃうという低価格で仕上がったのが、今週3位に入った「Girls Trip」です。

この週末2日間の売り上げ額は2,010万ドルという事で、凄い黒字を計上し続けているヒット作がこれ。

レジーナ・ホール、クィーン・ラティファ、ピンケット=スミス、そして、ティファニー・ハディッシュの4人が、ニューオーリンズで「フェス」やら「パーリー」やらで、「ハメ」を外しまくるという話ですね。

この映画も、R指定を受ける事で、失ってはいけないエッジとかトゲを上手く維持した一本だと言えそうです。

ワンダーな4億ドルも見えてきた

公開から9週間を経過しても、ぎりぎりトップ10圏内にとどまったのが、DCヒーロー系アクション映画の「ワンダーウーマン」。主演は綺麗なお姉さん、ガル・ガドット。

今のところ、この夏、世界で最も成功した娯楽映画がこの一作だと言えそうで、累積の売上総額は3億9,540万ドルに到達しています。

これ自体は、なかなか景気の良い話ですが、この後に出てくる「Justice League」と、時代設定がずれちゃってないのかなぁ、と、他人事ながら心配。といっても、余計なお世話ですね。

いずれにしても、アメリカだのみである日本の景気のために、米国の方では「ワンダーウーマン」とか「スパイダーマン」その他の人に、もっともっと頑張ってもらわないといけません。

がんばれ、スーパーヒーロー!!

〔広告〕

ズレ太

Author: ズレ太

いろんな事がズレまくってるズレ太です。 でも、意外とまじめですよっ! (記事の中で引用している映画批評は、米国の電子版メディアから抽出しての大意翻訳です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。