全米映画トップ3(2018.1.15)

バーチャルジャングルの謎を解け

一作年だかなんだかが、VR(仮想現実)元年とか言われていた記憶があります。

その機会に、仮想現実のデバイスとかコンテンツとかが一気に普及するのかと思いきや、いまだに、僕の身近にVRなんて1ミリも届いていません。そうこうするうちに、2017年は仮想通貨元年と言う、もう一つの良く分からないものが始まって、こっちの方は、まぁまぁ盛り上がっているみたいです。

ともあれ、あの無骨なVRゴーグルを装着して、よたよた動き回る姿は、スタイリッシュな今時の若者に受け入れられる訳もありません。

逆に、VRゲームと言う観点からは、ゴーグルよりずっと進歩した参加方法を(バーチャルに)提案しているのが、映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(Jumanji: Welcome to the Jungle)」です。

こちらの方は好調で、公開4週目に入た週末においても、2,700万ドルの売り上げを記録してランキングのトップに輝きました。

この中では、秘密のビデオゲームにエントリーしたプレイヤーが、ゲーム内部の世界へ取り込まれてアドベンチャーをサバイバルするのだそうですよ。

こんな魔法の技術も、意外とアメリカとか中国のベンチャー企業が開発しているかもしれません。それが出てくるまで、VR元年の三が日は明けなさそう・・・

リアルな真実と戦うジャーナリスト

まぁ、僕らがバーチャルの陶酔感に浸っている間も、現実の世界では色々な物事が進行している事を忘れてはいけません。

そして、ジャングルで戦う様なファンタジーより、リアルに存在するジャーナリストと政府の戦いの方が、ひょっとしたらもっと刺激的かも。

今週、1,860万ドルの売り上げを記録して、ランキング2位に飛び込んだのが、国防総省が隠し続けてきた、ベトナム戦争がらみの機密文書を公の目に晒そうと奮闘する、2人のジャーナリストを追うドラマ、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(The Post)」です。

ここで、その機密を追い求めるのは、リアルな実話の重々しさを体現できる2人の俳優、メリル・ストリープ&トム・ハンクス。監督は、誰あろう、あのスティーヴン・スピルバーグ。という事で、各種の暴露が大流行している今のご時世にも、充分存在感を発揮する一本だと言えましょう。

日常からはじき出されるドラマの疑似体験

別に、ペンタゴンやCIAから発注を受けていなくても、ハリウッド映画は体の良いプロパガンダであることは、殆どの人が認知している事実です。

そして、そのビジネスを円滑に進めるため、脚本のテンプレートというものが存在するのです。

たとえば、さして特徴もない平凡な生活を送る男性が、ある時、予想もしなかった事件に巻き込まれ、アクションヒーローの様になって大きな陰謀を阻止するというのも、米国映画としては便利なプロットの1つでしょう。

あとは、その主役にどの俳優を当てはめるか、によって、映画としての品位が決定するだけ。という事で、今回、その役割を担って立ち上がった役者が、あのリーアム・ニーソンでした。

出来上がった映画「The Commuter」は、初登場の週末に1,350万ドルの売り上げ額を記録しランキング3位に飛び込みました。

今回、ニーソンが演じるのは、元NY市警で現保険会社の営業という、この手のアクション娯楽にはうってつけの男性。彼は、10年間毎日乗り続けた通勤列車の中で、ミステリアスな女性から常識外の依頼を受けるという事です。

僕ら小市民の代理として、日常生活から突如放り出された彼を待ち受ける運命とは?

いろんな物が全部バーチャル

映画自体が、原始的な仮想現実と呼べるものです。

そして、ゾンビ退治や、360度回転のローラーコースターを、視覚情報からだけ仮想体験させるおもちゃより、見る人の感情に訴える演出がなされた映画は、今の所、品質感の上で分があると言えそうです。

ただ、これからVRにもキラーコンテンツが生まれれば、一機にエンタメ業界の勢力図を書き換える事になるかもしれません。

しかしながら、僕らの生活すべてが、どこかのスパコンの中で動いているシミュレーションだ、なんて説を唱える人もいるようですから、何と言うか、体験生活という言葉の意味も、あやふやな世界に溶け込んでしまいそうなのが、21世紀の今の時代だと言えそうです。

ひょっとして、あなたが読んでいるこのページも、あなたのイマジネーションが生んだ疑似的な存在かも知れませんね。

だとしても、他の記事にも目を通してみてくださいね。

それではまたっ!