全米映画トップ3(2017.10.2)

ペニーワイズの反撃

少なくとも、10月に入った時点で日米の消費者が(参加するしないは別として)意識し始める事と言えば、そう、あの一大仮装イベント、ハロウィーンの存在です。

毎年、フェイクから本当にヤバい輩まで、キラークラウンはコスプレの定番。そして、今年は彼らがお手本にすべきカリスマが米国全土の劇場に出没中です。

それこそ、あのペニーワイズですよね。

と言う訳で、2017年10月の第1週末における、米国内映画興行成績のトップに返り咲いたのが、スティーブン・キング原作のホラー映画、「It」という事になりました。

ただまぁ、売上額は1,730万ドルと言う事で、業界全体の生煮え状態は依然継続中だと、感じざるを得ません…。

ダーティワークが似合う男

実際に、ハリウッド映画スタジオの重役達や出資者を手玉に取っている。

そんなワケじゃないと思いますが、本当にやり手である事は確かなのが、クル様、いや、トム様、いえいえ、トム・クルーズ様です。

そんな彼が、「M:I6」あるいは「Top Gun: Maverick」というアイコニックな大作の撮影までの合間に(ちょいちょいと)仕上げたのが、今週初登場でランキング2位に入ってきた、「バリー・シール/アメリカをはめた男(American Made)」で、売上額は1,700万ドルという数字を記録しました。

この物語は、アメリカCIA、DEA、そしてコロンビアの恐ろしい麻薬王までも‘手玉に取った’実在の男、バリー・シールの半生を描くものだそうです。

まさに、クル様にはぴったし、といった役どころですよね(あ、トム様です)。

大西洋をまたいでスパイが組めば、ウルトラな力になる!

そうです、MI6とかCIAなどが大々的に手を組んで、世界にはびこる、とりあえず極悪人と思しき連中を、マシンガンやロケットランチャー、さらには超ハイテクギアなどを大量に投入して追い詰め殺しまくれば、この地球は瞬く間に平和になります。

そんな事を期待する観客は、新作スパイ映画「Kingsman: The Golden Circle」へと足を運び続けているようで、結果として、今週末の米国内売り上げ額を1,700万ドルまで押し上げ、ランキングも3位に入りました。

しかしまぁ、CIAとかスパイとか、最近の映画業界では良く目にする気がしますよね。

現実の世界に、超めんどうくさい事態がたくさん発生していて、その事件をニュースで見るのもめんどうくさくなった大衆に、諜報部の極秘作戦で簡単に解決して欲しいと言わせるための、米国上層部による印象操作なのでしょうか・・・

映画は、そのような事にも使われています。信じるか信じないかは、アナタ次第ですけどね。

えへへ、それではまたっ!