格差と偏見そして恋愛コメディ:映画「The Big Sick」について

〔独特なタッチで語る格差社会の異文化恋愛模様〕

格差社会の問題が世界中でブームになった切っ掛けは、米国で始まった、例の「オキュパイ・ムーブメント」だった気がします。

まぁあれは、「世の中の富の4割だか5割だかを、全人口の1%が握ってるのはズルい、、、」というアジテーション運動です。同じものが、日本でも少しは行われたかもしれません。でも、アメリカの場合は世界から移民を受け入れ続けて、彼らが活躍できるようにそれなりな「自由」を用意しているでしょうから、日本人が観ている格差社会とは、また違う風合いがあるのかも。

例えば「Uber」みたいなビジネスを発展させられるのも、自由を縛る法的規制が少ないからでしょう。

この映画、映画「The Big Sick」の主役である、パキスタン系アメリカ人の男性、クメイル(クメイル・ナンジアニ)も、シカゴの街のウーバードライバーとして、なんとか生計を立ている一人。

しかし、彼にはしっかりとした目標と夢があります。それは、スタンドアップコメディアンとして成功する事。実際、お客を前にステージに立って、笑いの腕前を磨き続けているんです。

彼の家族は、パキスタンの保守的な文化を守る人々。だから、クメイルをパキスタン系の女性と結婚させようとしています。クメイルは、そんな家族の気持ちをくみつつも、外で自分好みの女性を見つけてはデートを重ねたりしています。

そんな彼に、人生を変える出会いが訪れたのは、とある日のライブの後。そこで知り合った女性、エミリー(ゾーイ・カザン)と意気投合したのです。2人は、すぐに深い関係になりました。

一度はうまく行きそうに見えた2人の仲。でも、クメイルが自分の事を家族に話せずにいると知ったエミリーは深く傷ついてしまい、彼の下を去ろうとします。そして、事態はもっと深刻な方向へ向かいました。

なんとエミリーが突然入院、意識さえない昏睡状態へ陥ったのです。

もちろん、エミリーが心配でたまらないクメイルですが、同時に、彼女の家族へこの事を連絡するという、難しい仕事も降りかかってきます。

一報を受け、シカゴへと駆けつけたエミリーの両親(ホリー・ハンター、レイ・ロマーノ)が、娘と親しそうにしているイスラム教徒らしき男性に、いぶかしげな視線を投げた事は、言うまでもないでしょう。

果たして、エミリーの意識は回復するのでしょうか? もし、そうなったとしても、2人の関係について、双方の家族を納得させる事など、クメイルに出来るのでしょうか? 【続きを読む】 “格差と偏見そして恋愛コメディ:映画「The Big Sick」について”

ケイト・マーラと軍用犬の絆、新作映画「Megan Leavey」について

イラクで多くの兵士を助けたワンちゃんの実話

大きな災害の直後などに、よく、活躍する姿が見られる、救助犬。

こういった現場に彼らを送り込むのには、犬としての鋭敏な感覚に頼む、という理由もございましょうが、正直な所は、ヒトが入り込むのにははばかられる危険なポイントへと、身代わりに入ってもらうという意味が大きいのだろうと思います。

そんな意味でいうと、合衆国海兵隊が所有するK9ユニットは、危険な現場を引き受ける犬達としては精鋭中の精鋭と言えます。なんと言っても、人間の世界で最もヤバい領域へと派遣され、兵隊達のために働くのです。

人間には出来ない仕事を、体を張って引き受ける彼らは、まさに本物のソルジャーなのです。

さて、今回ご紹介する、映画「Megan Leavey」では、そんな、世界でも最も危険で厳しい現場で培われた、一人の女性兵士と一頭の軍用犬の絆が描かれて行くそうです。 【続きを読む】 “ケイト・マーラと軍用犬の絆、新作映画「Megan Leavey」について”

全米映画トップ3(2017.6.26)

〔ドデかい映画のシーズン到来!、今週の一位は?〕

日本では、西日本から東北まできれいに梅雨入りしました。こんな風に雨の多い季節は、外で遊んだりしないで映画を観ましょう。

そんな事をお考えのあなたのために、パラマウントピクチャーズとマイケル=どんぱち・ベイ監督が用意したのが、CG増し増しのSFアクション「トランスフォーマー/最後の騎士王(Transformers: The Last Knight)」

公開後、最初の週末での売上額は、4,530万ドルを記録しランキング1位でした。推定総予算が2億ドル超えの超大作としては、やや控えめなスタートでしょうか。

なんでも、母星が滅びる原因の一部が自分にあると知った、オプティマスプライムが、それを食い止めるために地球に隠された「ある物」を探し出そうとして、いろいろぶっ壊しまわると言う話らしいですね。 【続きを読む】 “全米映画トップ3(2017.6.26)”

天才児とその母が体験するスリル:新作映画「Book of Henry」について

〔ナオミ・ワッツ主演でユニークな展開が売りの物語、その概要(あらすじ)は?〕

毎度のことながら、アメリカ映画には特別な人ばかりが登場します。

特別に優れた人、特別に普通な人、時には特別にひどい人も。

この新作映画「Book of Henry」も、ある意味でそんなテンプレートを出発点にしている一本かもしれません。 【続きを読む】 “天才児とその母が体験するスリル:新作映画「Book of Henry」について”

全米映画トップ3(2017.6.19)

〔一度ポンコツになっても、必ず立ち直れる!〕

The photo is provided by Janin123456789(Attribution-ShareAlike 4.0 International)

日本では「梅雨入り詐欺」みたいな状態が続いている2017年の6月上旬ですが、同じこの時期、おそらく米国のティーンエイジャー達の方は、夏休みの予定を立てながら、テンションMAXになっていることでしょう。

そんな彼らのバカンスシーズン、キックオフを飾るために登場したのが、ディズニー=ピクサーの最新CGアニメーション。「カーズ/クロスロード(Cars 3)」

言わずと知れた神レーサー、ライトニング・マックィーン(声:オーウェン・ウィルソン)が、再び音速バトルを繰り広げる激烈アクション、、、かと思いきや、今回は、彼のキャリアにも若干暗雲が垂れ込めてきます。

邦題をみると、NASCARっぽかったマックィーンのボディが、クロカン仕様に改造されてラリーデビュー?、なんて思われますがどうなんでしょうか・・・

他に声を務める役者さんとしては、クリステラ・アロンゾ、クリス・クーパーなど。初登場だった今週末の売り上げは5,350万ドルを記録して堂々の1位でした。 【続きを読む】 “全米映画トップ3(2017.6.19)”

これからやって来る、ヤバそうな内容の映画3選

以前の様に、色々いっぱい調べて記事をでっち上げる事が難しくなってきたので、しばらくの間は手抜き更新をしてゆこうと思います。

まっ、僕以外の人にはまったく関係ないコトだと思いますけど。とにかく、適当に見繕ったハリウッド新作映画を3つほどどうぞ。

〔宇宙では、パラダイスなんてあり得ない〕

リドリー・スコット監督のエイリアンシリーズ最新作、「Alien: Covenant」が2017年の9月に日本上陸する予定です。

出演は、マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストンなど。

今回も人類は、行かなくて良い深宇宙へとデカい宇宙船でもって乗り込んで、着陸しなくてもいいのによその惑星に足を踏み入れ、挙句の果てに変な卵を見つけてから、不用意にも上から覗き込んでしまいます・・・。

題名の‟Covenant”は、その格好良い宇宙船の名前だそうで、彼らの目的は人類が住み着く植民惑星を見つける事。でも辿り着いたパラダイスは、実は、抜け出られない怪物の蟻地獄みたいなところです。

果たして、何人が生き残れるんですかねぇ。 【続きを読む】 “これからやって来る、ヤバそうな内容の映画3選”