映画「ザ・コンサルタント(The Accountant)」:ベン・アフレックがマフィア系から仕事を受けるワケとは?

〔その人の特別な才能がスリルを呼ぶっ〕

ハリウッドが作るスリリングなドラマの中で、ただの平凡な人間が中心となり活躍したという話は、一度も見た事がありません。

まぁ、僕スレ太の集中力と記憶力も並み以下なので、ただ忘れているだけなのかも。

ですが、ハリウッドという場所自体が特別な才能の持ち主の集まる場所です。そんな空気の中で、平々凡々としたヒーローを描く事自体不可能なのかも。また、スリラーの真ん中で凡人が活躍する事も、論理的な整合性に欠けるのですね。

さて、まちがいなく、ベン・アフレックさんは特別な俳優さんで、この映画「ザ・コンサルタント(The Accountant)」の主役を演じています。この映画で彼が役を務めるのはクリスチャン・ウルフと言う名の公認会計士。

実は彼、自閉症の傾向があるのですが、その反面、数字を扱わせたらその才能は天才的なのです。だから、会計士にはぴったりの能力を持っているという訳ですね。

ただ、その性質のおかげで、クリスチャンの子供時代は必ずしも幸福だったとは言えません。友人との関係もそうでしたが、さらに父親からは厳しく扱われてもいました。

そして今、彼はシカゴにあるそれほど大きくもない会計事務所に勤めているのですが、実はそこに秘密があります。彼が相手にするクライアントには、国際的な犯罪組織がいくつかあり、クリスチャンはマネーロンダリングに加担してもいるんです。

まぁ一応、仕事はうまく回っていたものの、やはり財務省には目を付けられていたみたい。今、特捜班リーダーのレイ・キング(J・K・シモンズ)という人が、クリスチャンの周囲を本格的に洗い始めました。その現場担当に指名されたのは、マリーベス・メディナ(シンシア・アダイ=ロビンソン)さん。

頭の良いクリスチャンは、そんな動きをかぎつけたのか、最近、合法的なクライアントを増やしました。ラマー・ブラック(ジョン・リスゴー)という人の設立したベンチャー企業、「リビング・ロボティクス社」です。

このロボティクス社にも会計士がいて、名前をダナ・カミングス(アナ・ケンドリック)さんと言います。でも、そこにもちょっと問題が、、、最近ダナは、雇い主の会社の帳簿に大きな矛盾を発見しちゃったんですね。額にして6100万ドル位でしょうか。

おなじ会計士ですから、クリスチャンとダナの間には交流が生まれ、そしていつしか二人は、この巨額の会計疑惑を追い始めます。それが、想像を超えた巨悪の存在を明かす事になるとは思いもしないまま・・・。 【続きを読む】 “映画「ザ・コンサルタント(The Accountant)」:ベン・アフレックがマフィア系から仕事を受けるワケとは?”

えんたほ的「引き寄せの法則」の考察

〔魔法なのか、科学なのか・・・最低でも錬金術じゃあないっ^^〕

いよいよハロウィーンも近づいてきたので、今回はオカルトというかスピリチュアルというか、若干は宗教チックかもしれないお話です。

とは言えまぁ、何かの思想を押し付けたりするものではないので、ご安心を。ここを開いた方々が、どの様に受け取られているかわからないのですが、このサイトはあくまでも軽いスタンスで作っています。

さて、最近流行の「引き寄せの法則」です。雑な解釈で言うと、これは、寝る前の深いリラックスした時や目覚めた直後の気分がリセットされた状態で、自分が欲しいと思うモノやコトが本当に手に入ると自分に言い聞かせれば、それが実現するのだ。というような「ワザ」の事を言っているらしいです。

もちろん、その目標はひとそれぞれで、「次の面接には合格する」とか「半年後に資産が50倍になる」とか「今度会ったら、絶対ズレ太君に告白する」とかとか、なんでもOK。

最大のポイントは、とにかく続ける事らしいんですね。 【続きを読む】 “えんたほ的「引き寄せの法則」の考察”

映画「ガール・オン・ザ・トレイン」:エミリー・ブラントが捕らわれる、悲哀と疑念の罠

〔見たはず聞いたはずなのに、憶えていないのはナゼ?〕

真夏のスリルと言えば、ビーチとかで出会ったイケてる異性を、友人と自分のどっちがものにできるか、という競争にあります。

でもまぁ、秋になればそんな「熱さ」よりも、落ち着いた「謎とき」の方が具合よくなるんです。ハロウィーンも近づきますしね。

んなワケで作られた一本が、テイト・テイラーさんていう作家が2015年にヒットさせたミステリー小説の映画化である、この「ガール・オン・ザ・トレイン(The Girl on the Train)」て事のようです。

ひと月くらいの遅れで、日本でも公開される予定だから、僕みたいなのがここで書く情報なんて無意味ですが、とはいうものの、少し大人な気分になって見てみるには良さげな映画みたい、って事は言えそう。

あらすじも、他の優れた映画サイトが紹介していると思います。ざっくり言うと、主人公はレイチェル(エミリー・ブラント)さん。彼女はアルコール依存症で、そのため仕事も結婚生活も失い悲しい人生を過ごしています。

飲酒以外でレイチェルの日課といえば、元夫のトム(ジャスティン・セロー)と新しい妻アナ(レベッカ・ファーガソン)に、ストーカーまがいな行為を働いたり、彼らの家を通過する列車の中から監視しようとしたりする事。

そんなことをしているうち、同じ沿線に立つもう一軒の家も監視するようになるレイチェルですが、ある日、予想していなかったものを目撃してしまいます。それが、彼女に襲い掛かる恐ろしい事件のはじまりでした・・・。

という感じです。 【続きを読む】 “映画「ガール・オン・ザ・トレイン」:エミリー・ブラントが捕らわれる、悲哀と疑念の罠”

映画「バーニング・オーシャン(Deepwater Horizon)」について

〔マーク・ウォールバーグが最悪の海洋事故を救う!?〕

世の中には「手抜き工事」ってのが相当数あるんだと思います。でも、中にはその手抜きがとてつもない大惨事へ発展することもあるんです。

ピーター・バーグ監督によるこの新作映画「バーニング・オーシャン(Deepwater Horizon)」は、現実に起きた大惨事の一つを描くドラマ。

2010年4月20日、イギリスの石油会社がメキシコ湾に持っていた海底油田が起こした爆発・炎上・油流出事故の真実を明かします。

この物語、当時、この油田で電気系の技術者をしていたマイク・ウィリアムズ(マーク・ウォールバーグ)の目を通して描かれます。彼は、3週間の職務担当期間のために丁度このオイルリグへやって来たところ。ここでは、別の技術者のアンドレア(ジーナ・ロドリゲス)や、ケイレブ(ディラン・オブライエン)を含む多数の労働者を、指導力と確かな仕事で尊敬を集める責任者、ジミー(カート・ラッセル)が統率しています。

そして彼ら全体を後ろから監視しているのが、親会社から派遣されてきた重役、ヴィドリン(ジョン・マルコヴィッチ)。実はこの油田施設、行程が予定より43日も遅れているんです。

実際のところ、この施設には問題が山積で、トイレや空調さえもまともに働いていません。ジミーは、その問題を抜本的に解決してから前に進むべきと考えていますが、ヴィドリンには時間がありません。

だから彼は、いくつかの必須安全テストを省くように、施設スタッフに強要しました。もちろん、ますます設備は不安定で危険な状態へと落ち込んで行きます。

そして迎えた4月のあの日。ネットのテレビ電話で地上の自宅に居る家族と会話中だったマイクの耳に、突然、何かが破裂したとしか思えない爆音が聞こえてきたのです・・・ 【続きを読む】 “映画「バーニング・オーシャン(Deepwater Horizon)」について”