映画「クリミナル 2人の記憶を持つ男(Criminal)」:凶悪なケビン・コスナーを書き換えてみると・・・

〔ふさわしくない者に頼らねばいけないこの世界〕

ヒトが存在するために一番必要なもの、それは心です。まぁそれも、上手く機能してるものから、ちょっとバランスが怪しいやつまで、色んな種類の心が有るんだと思います。

本当は、ヒト同士心で通じ合える、と思いたいですけどどうなんでしょうね。人間ていう、同じ種類の動物なかでも結構ヤバい人ってのも見受けるので、例え通じ合えたり理解しあえたところで、利害が一致するかはまた別の問題だったりします。

本当にヤバい犯罪者を、なにかの積極的な方法でまともな人にする事は可能か?。例えば、この映画「クリミナル 2人の記憶を持つ男(Criminal)」みたく、外科的にちょっと脳みそをいじったら人格の矯正とか出来るんですかね、、、。あ、まぁ、この物語は、その犯罪者ジェリコ・スチュワート(ケビン・コスナー)さんを救おうとした訳じゃないらしいんですけどね。

実は、ジェリコの脳みそをいじくったのは、CIAのために働くDr.フランクス(トミー・リー・ジョーンズ)。なんでも、人の記憶を外科手術で移植する研究の一人者らしいんです。そして、今回の手術はなんとか成功しちゃったんですね。ちなみに、ジェリコは幼少の頃の事故がもとで、脳に障害が残っていて、人の感情や感覚などを一切共感できないんだそう。

さて、移植されたその記憶とは、ロンドンで諜報活動をしていたCIAエージェント、ビル・ポープ(ライアン・レイノルズ)のもの。この諜報員は、ひょっとしたら世界の危機を救えるかもしれない情報を持ったまま、命を落としてしまったんです。

その情報はこうです。ダッチマン(マイケル・ピット)と呼ばれる天才ハッカーが、アメリカ軍の持つ全兵器の制御を手中に収める方法を見つけたらしく、その技術を使って全世界の国家を破壊しようとする、ヤバい連中もいるらしい、、、と。

CIAロンドン支局長の、クエーカー・ウェルズ(ゲイリー・オールドマン)は焦っています。もし、その想定が正しかったら、テロリストより先に、何としてもダッチマンの手口を奪取しなければならない。そこで、最終手段として上がったのが、例の記憶移植術だった訳です。

それで一応記憶は復元できたとは言え、その情報をCIAが思った通りに活用できるかは別問題です。脳みそいじられたからと言っても、ジェリコは依然としてただの犯罪者。だけれども、家族を愛し幸福を願ったビルの健全な記憶が、ジェリコの行動に影響を与えはじめました。

でもそれが、この事態をさらに複雑・不安定なものにしてしまったんです・・・ 【続きを読む】 “映画「クリミナル 2人の記憶を持つ男(Criminal)」:凶悪なケビン・コスナーを書き換えてみると・・・”

全米映画トップ3(2016.4.18)

「もし・・・たら、、、」は、小説や映画のストーリーを考始める出発点です。ひょっとしたら、物語を一行書くたびに「もしたら」でつないでいったら、それなりな作品になるかもしれません。

だけど、ハリウッドって何故か焼き直しが好きなんですよね。まぁ、悪い事ではないんですけど、もし、あのヒット作を別の主演で作り直したら、、、て発想を繰り返しているように思います。

マーケティング的には、ある年齢層が子供の頃に見た作品を作り直して、その人の子供世代にも売り込めば旨い商売になりそう、なのは確かだと思います。と言う訳で、今週のボックスオフィスランキング1位に飛び込んだのが、1960年代のアドベンチャーに新は息を吹き込んで復活させた、「The Jungle Book」で、公開最初の週の売り上げは1億360万ドルでした。

次の2位に初登場で飛び込んだのが、コメディーの「Barbershop: The Next Cut」で売上額は2020万ドルです。アイス・キューブとかセドリック・ザ・エンタティナーなんかがでてる映画です。

最後に3位には、これまたコメディーで「The Boss」が留まり、4040万ドルの累積売り上げに到達しています。

この春は、わらえる映画がそこそこ受け入れられているみたいですね、ハリウッド。ま、そうこうする内に、今年も長い夏休みシーズンがくるので、どんなヤツが用意されているか楽しみではあります。

ではまた。

映画「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(Demolition)」:これでアナタも壊したくなる?

〔ぶち壊れちゃった人生のバランス〕

一部を除いて、僕達は皆、社会の規律とか仕組みに従わないと生きてゆけないと、ちゃんと理解しています。そしてそう言う抑圧的な環境の中で、お金とか愛情とか、承認・信頼などの見返りを糧にして心と行動のバランスを取っているんです。

まぁ、僕ズレ太みたく、見返りが得られるだけの能力も人徳も無い場合は、ひたすら縮こまって静かにしてるしかない訳ですけど。

とにかく、そうやって一人の人間を支えていた大事な柱の一本が、突然に、そして絶対に復旧不可能な形で奪われたらその人はどうなる?、と言うのは、ホラーでもコメディーでも、あるいはドラマとしても一番面白い題材の1つではあります。

と言う訳で、またも登場した「ぶっ壊れ系」の新作映画が、ここでご紹介する「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(Demolition)」なんだそうです。

その中心に居る人の名前はデーヴィス(ジェイク・ジレンホール)彼は、投資系金融機関でお金を動かすという上級な仕事で成功していて、同時にジュリア(ヘザー・リンド)という美人の奥さんも居ました。ちなみに、彼の勤め先は奥さんの父親フィル(クリス・クーパー)が所有する企業です。

でも、そんな人生のバランスが、ある日一機に崩壊しちゃう事件が起きたんです。夫婦でドライブ中にあった交通事故で奥さんだけが他界・・・。

そして、そんな大事件が起きた直後でも、彼の仕事と雇い主である義父は彼に休みを与えてくれませんでした。本来なら深すぎる悲しみに落ちているはずのデーヴィスなのに、泣き暮らすって事もない代わり、なんとなく精神状態が妙な具合です。

そんな彼は、商品が引っかかって取り出せなかった自動販売機のメーカーに、長々としたクレームの手紙を書き始めます。そしてそれに応対するため電話をしてきたカレン(ナオミ・ワッツ)という女性と、交流を始めました。シングルマザーである彼女には、クリス(ジューダ・ルイス)という息子がいます。

その出会いが彼の心を癒した?、いや、、、そうでもなさそう。ひょっとしたら全部をやり直したい、という潜在的な衝動が有ったのかもしれませんが、デーヴィスは、色んなものをぶっ壊しはじめたんです。最初は冷蔵庫や家具から始まり、とうとうジュリアとの思い出が息づくはずの自宅そのものまで手をだします。その意味が解っているのかどうなのか、今や、クリスまで一緒になって破壊行為にふける始末。

このままいって、デーヴィスは救われる事が出来るんですかね・・・。 【続きを読む】 “映画「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(Demolition)」:これでアナタも壊したくなる?”

全米映画トップ3(2016.4.11)

クリエーターの人達というのはもともと、誰もやった事が無いような何かを創り出したい、っていう衝動がエネルギーになっているんだと思います。

でもプロになって、商業ベースで通用するかどうかって話になると、あんまり前衛的な作品とか自分の感性だけを満足させるようなモノとか、なかなか世にリリースさせてもらえない事にもなるんでしょうね。

ハリウッドみたいにドデカい業界に入り込んじゃうと、誰もやった事が無い映画作りというのは、例えば、それまで絶対に1つのスクリーン上で肩を並べる事がなかったモンスター2匹を抱き合わせる「VS」ものとか、後付けのCGの賑やかさをひたすら長く盛大に盛り付けるとか、そんな事になってゆくみたいです。

まぁ、別に文句もないんですけれど、そうやって型破り感を演出しつつ、一流産業界の商品としての品質をきっちり守る点については、彼らはとても長けているんでしょう。

そんなハリウッドの製作者が、今週の興行成績ランキング1位に放り込んできたのが、新作映画「The Boss」です。これは、型破りな人物が常識を壊すような大騒ぎを引き起こすという、「定型的なコメディー映画スタイル」の映画みたいです。 【続きを読む】 “全米映画トップ3(2016.4.11)”

映画「Creative Control」の前評判

〔人工◎◎仮想△△で全てが変わる〕

ミスター都市伝説などによると、もうじき人工知能が人間に反旗を翻す時が到来するそうです。

そうなったら、やばいです。僕みたいな小物はまっさきに排除されてしまうはずです。

一方で、例のオキュラスとかの仮想現実ギアは、エンタメやゲーム好きな人間にとっては、かなり期待してしまう道具になっていますよね。近い将来にもっと小型化して低価格になったら、ドラマや映画の配信ばかりか作り方まで変えてしまうかもしれませんし、アミューズメントパークへでかけなくても、かなりな体験が自室で出来るようになっちゃいそうです。

これまた、やばい話だとは思います、ええ。

さて、そんなヤバイ近未来でVRの世界のヤバイ快楽におぼれてしまう男が登場するらしいのが、ここで紹介する映画「Creative Control」という事です。

彼の名前は、デビッド(ベンジャミン・ディキンソン)。ニューヨークはブルックリン在住の、やり手の広告エージェントです。彼は、ガールフレンドのジュリエット(ノラ・ゼヘットナー)と暮らしています

最近、デビッドが請け負った面白い仕事、それこそが、「アーギュメンテッド・リアリティ社」が開発した最新のバーチャルリアリティー装置を使った、新しい宣伝戦略なんです。

そして、ひょんな思い付きからか、彼がそれにプログラムしたのは、なんと友人ウィム(ダン・ジル)の婚約者であるソフィー(アレクシア・ラスムッセン)の姿。実は、ジュリエットは自分が通っているヨガ教室の講師と浮気しているらしいし、ウィムもまた次々と新しい相手を見つけてくる恋愛中毒なんだとか。

だとしたら、バーチャルの世界にソフィーを映し出し、ほぼリアルな仮想セックスをしてみたって、デビッドには何も罪は無いと言えるのでしょう。

でも、現実ではない世界に溺れる彼の現実生活は、段々とけじめがなくなって行くようです。このままファンタジーにふけり続けても大丈夫なんでしょうか?・・・ 【続きを読む】 “映画「Creative Control」の前評判”

映画「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(Everybody Wants Some!!)」の前評判

〔無限のチャンスが与えられた時代の・・・〕

考え方や物の見方も十人十色といいます。そして、青春時代の持っていた意味も、人によって千差万別なんだと思います。

場合によると勉強ばかりしていた、という方も居るでしょうし、学生時代=恋愛と思う人も居ると思います。スポーツに賭けていた人も居れば、中学校の頃からアイドルやっていたので業界内で青春を過ごした、という人ももちろん居るはず。

まぁ、僕ズレ太みたく、誰からも愛されず必要ともされない暗く湿ってカビ臭い青春を過ごした人も、これまた少なくなかろうと思うんです。そして一方、ここでご紹介する映画「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(Everybody Wants Some!!)」の主人公さんみたく、ハイスクール卒業と同時に酒ざんまい可愛い娘を追いかけまわしまくり、てなる人もいます。

その青年の名前はジェイク(ブレイク・ジェンナー)。時は1980年。彼はテキサスにあるカレッジで野球をするために、いまこの学生寮へやって来ました。彼を迎えたのは同じチームに所属する面々。デール(J.クイントン・ジョンソン)、マクレイノルズ(タイラー・ホークリン)、フィネガン(グレン・パウエル)、ジェイ(ジャストン・ストリート)など。

今日は金曜日。週が明ければ、練習と勉強の忙しい日々が幕を開ける、、、、はず。ですが、どうもこの学校の先輩方からは、厳しく律した生活感が感じられない気もします。もちろん彼らのコーチからは、生活態度に関する徹底した指導が言い渡されたんですけどねぇ。

なにはともあれ、授業が始まるまで3日も有る、と言う訳で、さっそく彼ら野球選手も活動を開始します。まず始めたのは音楽を流したりピンポンしたり。あるいは、全員で車に乗っかってキャンパス周辺の女の子に声をかけまくったり、声をかけられたりしてりします。

夜はと言えば、当然の事ながらバーに繰り出しパーティーに顔を出し、ビールを飲み干しマリワナを吸った上、プールに飛び込んだりしてのどんちゃん騒ぎ。

まぁそれでも、月曜の朝にはちゃんと起きて、クラスに顔を出せれば全てOK、なんでしょうけどねぇ。・・・OKですかね?。 【続きを読む】 “映画「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(Everybody Wants Some!!)」の前評判”

全米映画トップ3(2016.4.4)

日本の場合、この4月という季節が、たくさんの人々によって新しい扉が開かれる時期、という事に設定されています。

ある人にとっては大人への扉、別の人にとっては恋愛の扉かもしれませんね。夜の街では初めて入るスナックの扉を開ける人もいるでしょう。

なんにしても、いつのまにか自分がやっている、自分と周囲についての見方を見直して、新しく今までとは別な事に挑戦するのは良いことだと思います。意外と人って、ちょっとの勇気さえあれば、自分がもっと上手くやれる道に出会えたりするもんです。過去の失敗も気になりはしますけど、同じ轍を踏まないように注意深くやって行けばいいんだろうな、と思うんですね。

まぁ、はたから見れば節操ないと思える程に、なんでも手を出すのがアメリカのショウビズ界かもしれませんね。そこでは、マーケティング部門から自身のあるプレゼンテーションさえ得られれば、たとえば「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(Batman v Superman: Dawn of Justice)」なんていう、型破りの禁じ手も平気で繰り出す事ができるのです。

そう、今週の週末に売上ランキングのトップを突っ走っている、最新の映画がそれですね。 【続きを読む】 “全米映画トップ3(2016.4.4)”