映画「ヴィクター・フランケンシュタイン(Victor Frankenstein)」の前評判

今、世界中にジェームズ・マカヴォイのファンである女性は、何人くらいいるんでしょうかね?、ダニエル・ラドクリフのファンは?、その二人とも敬愛しているという人はどうでしょう。

その二人のファンであると同時にゴシックホラーのファンだという女の子は、やっぱりそう多くはなさそうですし、その二人が共演しているからといって、おどろおどろしいホラーを感謝祭からクリスマスにかけての時期に鑑賞したいという人は、どのくらい居るのでしょう・・・。

そう考えると、おそらくは純なホラースリラーの体より、すこしだけ俳優推しの作品なのかなぁ、なんて勝手に思うのが、この映画「ヴィクター・フランケンシュタイン(Victor Frankenstein)」です。

タイトルキャラクター、ビクター・フォン・フランケンシュタイン(ジェームズ・マカヴォイ)は野望を抱く若き医学研究生。彼は最近、とあるサーカスにおいてクラウンを演じていたイゴール(ダニエル・ラドクリフ)に出会ったのです。

イゴールがサーカス小屋で働くしかないその理由。それは、彼が背中にしょっている大きな腫物です。しかし天才ビクターの手にかかれば、その治療だってあっと言う間でした。

かくして、イゴールはビクターの助手として働くようになります。今までの扱われようからは想像もつかないほど、実はイゴールは理知的な青年なのでした。そんなイゴールは、ローレライ(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)と良い雰囲気にもなっています。

さて、ビクターの野望、それは、一度死んだものに再び生命を宿すという、禁断の実験を成功させる事。おそらくそれは許されない蛮行なのかもしれません。

だから、彼が実験を重ねるにつれ、刑事バーナビー(ダニエル・メイズ)は疑いの目を強め周囲を捜査しはじめました。

そして、あの嵐の夜。ついにビクターは実験の最終段階へ足を踏み入れてしまいます。雷の強力なエネルギーをつぎはぎした死体へ流し込み、生命のある状態に呼び戻す実験、それがなんと言う事か成功してしまったのです。

しかし、ビクターが今造り出したものは一体なんなのでしょう?、到底人とは思えない存在。そのモンスターはビクターの制御からは離れ、狂暴な本性をむき出しにしてゆくのでした・・・。 【続きを読む】 “映画「ヴィクター・フランケンシュタイン(Victor Frankenstein)」の前評判”

映画「アーロと少年(The Good Dinosaur)」の前評判

〔もしもあの時、隕石がギリでかすめただけだったなら・・・!?〕

なんでも、ネッシーは年齢を重ねて巨大化したヨーロッパナマズである可能性が高い、って報告が有っとか無かったとか。あれだけ話題になって皆で探しまくったのに、目立った痕跡すら見つからないのであれば、ネス湖の水中に首長竜の生き残りは居ないのでしょう。

木曜スペシャルの怪奇特集に釘づけになった昭和の少年達には、なんとも残念な結末ですが、この21世紀を生きる少年少女には、あの頃よりもっと凄い夢を与えてくれる、例えば、ディズニー&ピクサーなんていう連中がいます。

この3Dアニメーション映画「アーロと少年(The Good Dinosaur)」では、6500万年前に地球に接近した隕石が、たまたま落下を免れていたとしたらどうだろう?、というファンタジーを見せてくれるんだそうですよ。

もちろんそうなれば、そのまま生き残った恐竜たちは進化を遂げ、何万年だか過ぎた頃には会話をしたり、農業だって営んだりし始めているんです。

そんな恐竜農家の一つが、パパ(ジェフリー・ライト)とママ(フランシス・マクドーマンド)の夫婦、そして、リビー、バックと、臆病者のアーロが暮らす一家です。

パパの最大の心配事は、アーロの肝っ玉の小ささ、彼は、どんな時でも悪い事ばかりに思いを巡らせているんです。そんなある日、一家に一大事が起きます、突然まきおこった異常な嵐のせいで、みんなは散り散りバラバラになってしまったんです。

荒野に一人取り残された臆病者のアーロ。しかし彼はそこで、奇跡的な出会いをします。その相手はスポット(ジャック・ブライト)という人間の少年です。

この広大な世界のなか、スポットから、自分より大きな相手に立ち向かう勇気を教えられつつ、アーロの家族探しの冒険がはじまります。 【続きを読む】 “映画「アーロと少年(The Good Dinosaur)」の前評判”

全米映画トップ3(2015.11.30)

写真ダニエル・クレイグアメリカ&カナダの感謝祭が過ぎて、国際資本主義世界にとっては公式のホリデーシーズンとなりました。(The photo by www.GlynLowe.com is used under the license of Attribution 2.0 Generic

まっ、僕なんかにゃほとんど無関係、一緒にクリスマスしてくれる人なんかいねーしよっ、と、斜に構えたくなるのが例年のこの時期ですが、どちら様にとっても、一年の労をねぎらう時ではありますし、最後の最後にとっても幸運な事件が、みなさんの目の前に舞い降りるかもしれません。

僕の所なんかにゃ、大した運はめぐってこないと思いますが、んー、だったらいっそ、超えげつないホラーDVDでも借りて、クリスマスを真っ黒に染めてやりますわっw。 【続きを読む】 “全米映画トップ3(2015.11.30)”

映画「クリード チャンプを継ぐ男(Creed)」の前評判

写真この作品の画像をちょこっと見た瞬間、僕は最初、冤罪かなにかで刑務所暮らしをくらったボクサーの話とイメージが重なったのですが、すぐに細部を読み込んで、驚きのあまり3回程ウサギ飛びをやっちゃいました。The photo byPatriarca12, used under the license of Attribution 3.0 Unported

主役のアドニス・ジョンソンを演じるのはマイケル・B・ジョーダン。もともと彼は偉大なる米国ボクシング界のアイコンを父に持つはずでした。しかし、彼が生まれてくる前に、冷酷なソビエト人ボクサーとのエキシビジョンマッチにおいて父は負傷し、他界してしまいます。

その後、アドニスは養護施設などへ送られた事もありましたが最終的に母親に引き取られ、今となってはロスの金融界でエリートの仕事をしつつ豪邸に暮らす日々を送っています

しかし、本当の彼は、その様な人物と違ったんです。彼には、父から引き継いだ偉大なるファイターの血が流れ、その衝動はついに抑えきれないものになってしまいます。

彼は、格闘技など絶対にゆるさない母から離れるため、ロスを後にしました、その向かう先はフィラデルフィア。

そこに居るはずの人物、亡き父アポロ・クリードの元ライバルにして最大の親友、ロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)に会い、ボクシングの師となってもらうよう嘆願するために・・・。 【続きを読む】 “映画「クリード チャンプを継ぐ男(Creed)」の前評判”

映画「 ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション」の前評判

The photo by Kurt KulacAttribution-ShareAlike 3.0 Unported
ジェニファー・ローレンスこんにちは、新しくここの管理人になった小ウサギのズレ太です。

サイトが前のバージョンだった頃やっていた、新作映画の前評判をまとめる記事、ちょっとずつですが復活させて行きたいと思います。その大一発目は、まさに全米を震撼させ続けているメガ・ギガヒットシリーズの最終章、「Hunger Games: Mockingjay — Part 2」です。

世界的な大戦争だか疫病だかなんだかで、人類が滅びる直前までいった後の未来に、世界を支配する独裁政権が、人心発揚、思想統制を目的に開催する残酷な競技会をモチーフにしたのが、このハンガーゲームシリーズですね。

まぁなんともオソロシイ、あるいは、自身の事を絶対的なリーダーの素質の持ち主だと疑わない一部の人々にとっては、なんとも爽快極まりないのが、こういったプロットなのでしょう。 【続きを読む】 “映画「 ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション」の前評判”

全米映画トップ3(2015.11.23)

ジェニファー・ローレンス何にもコンテンツが無いのもアレなので、以前やっていたように米国最新ボックスオフィスランキングをちょこっとやりますね。

IMDbによると、2015年11月23日からの週、売上額がトップなのは、あのジェニファー・ローレンス主演で贈る大人気シリーズ、「The Hunger Games: Mockingjay – Part 2」。

現状の売上は1億267万ドルですって、なんやかんにゃ言っててもアメリカは景気いいんだよね^^。ちょっと調べたら、アメリカで今時の映画チケットって$9前後の価格らしいけど、割り算すると何人くらいが観た事になってんのかなぁ。 【続きを読む】 “全米映画トップ3(2015.11.23)”

こんにちはっ。

写真皆さん初めましてっ。

僕の名前は「ズレ太」と申します。こう見えてもウサギのドレイなんです。奴隷じゃなくて土鈴。

あぁ、と、以前、この名前のサイトを管理していた偏屈オヤジが居たんですが、彼がこの仕事をぶん投げちゃったので、しばらくサイト自体も無くなっていました。でも、ドメインの有効期間は残っているんです。

と、言うわけで、これからは僕がこのサイトをいじくらせてもらう事になりました。どうぞよろしくね^^。

出来れば、以前からのテーマ(アメリカ映画)は引き継いで行きたいとは思うんですが、まぁ遊び半分の更新ですし固い事を書く気もないので、あんまし一つの事に固執しすぎないように行きますね。

あ、そうだ、Gグルのアナリティクスを復活させとこっとっ。