銃弾をかわしつつ、あの2人が新コンビ結成:映画「Hitman’s Bodyguard」について

命がけで守るのが仕事、と言っても限度が・・・

娯楽アクション系映画のストーリーというのは、襲われる人、それを警護する人、そして、その2人に襲いかかる者の間の、三角関係でなりたっています。

そんな定型的な映画の脚本に収益性を確保しようと思ったら、一番問題なのは、最初に出てきた襲われる役をどんな人間に描くかでしょう。

アイディアとしては、その主役に小学生くらいの子供を当てるというのが一つ。子供ならではの純粋さに、大人顔負けの賢さをかけ合わせれば、ある程度以上のウィットとひねりが自然と与えられます。

もう一つ魅力的なのは、キラキラした女性歌手やモデルさんなどが狙われる構図。これは、彼女達のために体を張る(挙句のはてに恋に落ちる)ヒーローの存在が引き立ちます。ロマンチックを求める層にもアピールできるのが長所ですね。

あと、政治家や科学者、あるいは、社会問題の活動家などが思いつきますが、こうなるとだんだん色気が落ちてきちゃうので、収益性の確保には、何か別の仕掛けも必要になります。

あぁ、そうそう、こんなのも有りましたね。最高のボディガードに、最悪の犯罪者を警護するという汚れ仕事を与えて、行く先々でぶつかり合い騒動を起こしながら、笑いとスリルを混ぜ込んで行くと言う、バディムービーです。

そんな中の典型的一本が、ここでご紹介する作品、「Hitman’s Bodyguard」でしょう。

ボディガード役にライアン・レイノルズ、それに守られる悪人の役に、サミュエル・L・ジャクソンが起用されたという、純粋な娯楽アクション映画ファンなら、手放しで期待してよい一本です。 【続きを読む】 “銃弾をかわしつつ、あの2人が新コンビ結成:映画「Hitman’s Bodyguard」について”

映画「メカニック:ワールドミッション」:ジェイソン・ステイサム、殺しは愛のために

〔殺しのカリスマが愛の危なさを知る〕

ジェイソン・ステイサム主演で作られた2011年のアクション映画「メカニック」が、5年の時を経て復活(Resurrect)しました。

その名も「メカニック:ワールドミッション(Mechanic: Resurrection)」

師弟間の信頼と緊張を描く一つのドラマでもあったのが、シリーズ1作目でもある前作。そこでは、ともすれば小さな仕事ばかりしていたかもしれない、アーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)ですが、今回のミッションはワールドワイドに大風呂敷、らしいです。

まぁ、あらすじは、他の優秀な映画サイトがたくさん載せていると思うので、ここでは省略させていただきます。もう引退してのんびり暮らしているはずの彼が、何故、再びハラハラドキドキの暗殺ミッションに身を投じるか、と言うのが一応の中心軸になってるみたいですね。

えぇ、もちろんそれは、悪いヤツに拉致された恋人を救うため。その女性がジェシカ・アルバさんですから、自分のガールフレンドと共に劇場へ足を運ぶ男子の観客諸君も、相当、ストーリーに入れこんでしまうでしょう。 【続きを読む】 “映画「メカニック:ワールドミッション」:ジェイソン・ステイサム、殺しは愛のために”