新世代クライムアクション:映画「ベイビー・ドライバー(Baby Driver)」について

その若者、暴走させたら凄いんです!

最近、自動車を突っ走らせる映像が結構CMに使われるようになっていて、それはちょっとした驚きでもあります。

若者が、凄い勢いで自動車ばなれしているそうで、クルマ業界には並々ならぬ危機感もあるのでしょうし、同時に、その方面の雇用を守るためにはやむなし、と、CMの放映について某社会教育団体も黙認してくれいているのかもしれませんね。

どちらにしても、映画の中のカースタントという点では、未だにハリウッドにはかなわない日本です。そんなジャンルに再び新風を吹き込むかもしれないのが、エドガー・ライト監督最新作である「ベイビー・ドライバー(Baby Driver)」です。

そのストーリーの中心に居るのが、常にイヤフォンの音楽を絶やさない20代の若者、ベイビー(アンセル・エルゴート)。

実は彼は、凄腕の「逃走ドライバー」で、ドク(ケヴィン・スペイシー)と呼ばれる男性が率いる強盗団が、銀行を襲った後に逃げる自動車の運転をまかされているんです。

強奪行為の後、そんなベイビーの自動車に逃げ込んでくるのは、バディ(ジョン・ハム)、バッツ(ジェイミー・フォックス)、グリフ(ジョン・バーンサル)という3人の男達、そして、ダーリング(エイザ・ゴンザレス)という女性を含めた連中。

といつもこいつも、一クセ以上あるヤバい奴らです。

でも、ジェントルな雰囲気もあるベイビーは、そんな連中とはちょっと違う人間のようにも思えます。不思議なことに、彼は、自分の養父の事もちゃんと大切にしているんです。

さて、そんなベイビーに人生を変える出会いが訪れます。街のダイナーでウェイトレスをしている、デボラ(リリー・ジェームズ)という女性です。

本当は、ベイビーは、犯罪稼業から足を洗って完全に姿を消したいと願い続けており、デボラもまた、こんな街を出て、もっとチャンスの有る所で暮らしたいと思い続けていました。そんな二人が引かれ合うのも自然な成り行き。

ただ、ドクが思いつく強奪のプランがどんどん大きくなるにつれ、一味の行為もどんどんエスカレートして破壊的になって行きます。もちろん、警察のマークも半端なく厳しいものに、、、

果たして、ベイビーとデボラは、平穏な生活など手に入れる事が出来るのでしょうか? 【続きを読む】 “新世代クライムアクション:映画「ベイビー・ドライバー(Baby Driver)」について”