映画「Krampus」の前評判

〔このXマスが嫌な思い出になりませんように、、、〕

The photo by Eva Rinaldi (Attribution-Share Alike 2.0 Generic )

写真:トニ・コレットバブルの頃は、たいして勉強しなくても大丈夫な位優秀な大学生のお兄さん達でさえ、◎十万円とかの大金を持っていいて、クリスマスイブの夜なんぞは、とっても美人で可愛い彼女にブランド物をプレゼントしなきゃいけなかったらしいっす。

それで、24日の夜は東京辺りの小じゃれたホテルにしけこむ事になるのだそうですが、こんな特別な日に、簡単に宿泊する部屋が取れるほど、大都会は甘くないんですね。寒い夜空に放り出される憂き目にあったカップルは、当然の事ながら25日の朝をともに迎える事はなかったそうです・・・。

クリスマスだからと言って、神様がすべてを上手い方向へ進めてくれるなんて事、もちろん無いという事ですわ。それに、この宇宙では光あるところに必ず影(闇)が生まれる訳で、どっかのよさげな部屋に入れた二人組がいれば、別の所にははじき出されたカップルも、また必ず存在するのです。

別の例でいくと、例えば、この映画「Krampus」のストーリーに置かれた一つの家族には、ほぼ何の責任もないのに、クリスマスの災厄が降りかかるそうです。

その災厄のはじまりは、父親トム(アダム・スコット)、母親サラ(トニ・コレット)、娘のベス(ステファニア・ラビー・オーウェン)、そして息子のマックス(エムジェイ・アンソニー)らの一家の元へ、親戚一同が集合した事から始まるんです。

鈍くて、のろいくせに、不仕付けな彼らに、マックス達のストレスもあっという間の全開状態へ。

とうとう自室へ逃げ込んだマックスですが、何やら便箋に手紙を書き始めました。その宛先を見てみると「サンタ・クロースさんへ」と書かれています。

そして今度は、その手紙を手でびりびりに破いてしまい、窓から外へと放り捨ててたじゃありませんか。寒風に吹かれるまま冷たい夜空へ消えてゆく、その手紙。。。

しかし、次の瞬間、彼の近所一帯が突然停電し、暖房も電話も使えなくなってしまったんです。さらに、マックスの家の屋根の上から、不気味な笑い声とともに変な足音がし始めました。

それを聞いた時、やさしい祖母のオムニ(クリスタ・スタドラー)は、こう言いました、「これは、クランパスの仕業だわ、、、」。

それは、サンタの影の部分であり邪悪なデーモン。オムニは、子供の頃に一度、遭遇した事があると言うのですが、、、。

マックスのクリスマスは、一体どうなっちゃうんでしょうね? 【続きを読む】 “映画「Krampus」の前評判”

映画「ヴィクター・フランケンシュタイン(Victor Frankenstein)」の前評判

今、世界中にジェームズ・マカヴォイのファンである女性は、何人くらいいるんでしょうかね?、ダニエル・ラドクリフのファンは?、その二人とも敬愛しているという人はどうでしょう。

その二人のファンであると同時にゴシックホラーのファンだという女の子は、やっぱりそう多くはなさそうですし、その二人が共演しているからといって、おどろおどろしいホラーを感謝祭からクリスマスにかけての時期に鑑賞したいという人は、どのくらい居るのでしょう・・・。

そう考えると、おそらくは純なホラースリラーの体より、すこしだけ俳優推しの作品なのかなぁ、なんて勝手に思うのが、この映画「ヴィクター・フランケンシュタイン(Victor Frankenstein)」です。

タイトルキャラクター、ビクター・フォン・フランケンシュタイン(ジェームズ・マカヴォイ)は野望を抱く若き医学研究生。彼は最近、とあるサーカスにおいてクラウンを演じていたイゴール(ダニエル・ラドクリフ)に出会ったのです。

イゴールがサーカス小屋で働くしかないその理由。それは、彼が背中にしょっている大きな腫物です。しかし天才ビクターの手にかかれば、その治療だってあっと言う間でした。

かくして、イゴールはビクターの助手として働くようになります。今までの扱われようからは想像もつかないほど、実はイゴールは理知的な青年なのでした。そんなイゴールは、ローレライ(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)と良い雰囲気にもなっています。

さて、ビクターの野望、それは、一度死んだものに再び生命を宿すという、禁断の実験を成功させる事。おそらくそれは許されない蛮行なのかもしれません。

だから、彼が実験を重ねるにつれ、刑事バーナビー(ダニエル・メイズ)は疑いの目を強め周囲を捜査しはじめました。

そして、あの嵐の夜。ついにビクターは実験の最終段階へ足を踏み入れてしまいます。雷の強力なエネルギーをつぎはぎした死体へ流し込み、生命のある状態に呼び戻す実験、それがなんと言う事か成功してしまったのです。

しかし、ビクターが今造り出したものは一体なんなのでしょう?、到底人とは思えない存在。そのモンスターはビクターの制御からは離れ、狂暴な本性をむき出しにしてゆくのでした・・・。 【続きを読む】 “映画「ヴィクター・フランケンシュタイン(Victor Frankenstein)」の前評判”