映画「ズートピア(Zootopia)」の前評判

〔もしも動物に社会が有って、それが人間なみに酷かったら?〕

人間てのは、哀れな生き物です。ぺらぺら言葉を喋って文明のい利器を振り回したとしても、その内面では、問題を力任せに解決するという原始的かつ野生の性質が残っていて、その両方の世界を行ったり来たりして常に不安定なのです。

その不安定は、いつの間にか不安感に変わり、自分はデカくて強くなきゃだめだ、と思い込んでいる人間は、近場に適当な獲物を見つけて襲い掛かるんですよね。

結局、人間も独特な生活形態を手に入れたとは言うものの、野生動物の一種でしかないんです。

しかし、この地球上にもまだ人跡未踏の土地は残されているので、ひょっとしたら、雑多な動物達が年を築きそこに集まって生活している、そんな国が存在するのかも知れません。例えば、この映画「ズートピア(Zootopia)」で、主人公のバニー、ジュディー(ジニファー・グッドウィン)が、動物史上初の、ウサギ警察官、を目指して状況した大都会のような場所です。

ジュディーが生まれ育った田舎と違い、このズートピアには犯罪や差別が一杯です。小柄な体ながらも、立派な刑事になるべく気概を見せて活動するジュディーですが、雑多な者が入り乱れる大都会の事情は、なかなかタフな相手です。

そんなジュディー、ある日、キツネのニック(ジェイソン・ベイトマン)と出合います、なんと彼は要領だけで世渡りをする詐欺師。しかし、ズートピアの内情を知るには、ひょっとしたら絶好のパートナーなのかも。

今、ズートピアに連続失踪事件が発生し、その被害者は全員肉食系の動物達。そして、ジュディーはニックと共に、この謎に満ちた事件を捜査しはじめます。

大都会に渦巻く犯罪の中へ切り込んで行く2人、そして彼女らが辿り着いた場所には、動物どうしの差別に絡む陰謀の臭いまで、、、。

大きくて便利で、それでも実はキケンな場所、ズートピア。ここでジュディーは、刑事になるという生涯の夢をかなえられるのでしょうか?、そして、謎が渦巻くこの事件を解決できるのでしょうか? 【続きを読む】 “映画「ズートピア(Zootopia)」の前評判”

映画「Kung Fu Panda 3」の前評判

〔ついに解き明かされる、白と黒の謎〕

人はみんな旅人、、、だとしたら、僕みたいに甘ちゃん甘々な小物でも、いくつか経験を積み試練の一つでも乗り越えたら、何か意味のあるものを手にする事が出来るのでしょうか?

それには、何かの技を極めようとしている誰かの生きざまを、お手本にするのが良いのかも知れません、そう思い、映画の世界を見渡して見つかったのが、カン・フーの技を磨き続けるファイター、その名もポー(ジャック・ブラック)先生です。

カン・フーの超達人であるシーフー老師(ダスティン・ホフマン)の指導のもと、マスター・タイガー(アンジェリーナ・ジョリー)、マスター・モンキー(ジャッキー・チェン)、マスター・ヘビ(ルーシー・リュー)、マスター・ツル(デヴィッド・クロス)、そして、マスター・カマキリ(セス・ローゲン)の皆さんと共に、この武術の技を磨き続け、いままで幾多の試練や脅威から、自分のコミュニティーを守ってきたポー先生なのですが、なんて言うか少し頼りがいがありません。 【続きを読む】 “映画「Kung Fu Panda 3」の前評判”

映画「Anomalisa」の前評判

〔チャーリー・カウフマンが人形に与える人間性〕

個性的な脚本家であり映画監督でもあるチャーリー・カウフマンが、パペット映画に新たな息吹を吹き込んだのが、この新作映画「Anomalisa」という事らしいです。

このストーリーの中心に居るのが、マイケル・ストーン(デヴィッド・シューリス)。カスタマーサービスのエキスパートである彼は、今、その業界のカンファレンスで講演するために、ここシンシナティーへと飛んできました。

その仕事も生活も、まぁ上手くいっているマイケル。人間を相手にする職業の彼ですが、実は、その人間観というか人生観はちょっと変わっていて、なんと言うかドライで冷たいような所が見受けられるのです。

妻も息子も居る彼ですが、他人との絆を育てる事がどうにもこうにも苦手で、と言うか、その事に価値や意味を感じているとも思えません。だから、人間らしい幸福感にも縁遠いのかも。

さて、そんな彼の手には一通の手紙が握られています。それは、11年前に一人の女性から受け取った手紙。

その人に会う事も、今回の旅の目的のようです。そして、二人は、彼の宿泊するフレゴーリ・ホテル内のバーで落ち合うことになりました。でも、大昔の関係は、そううまく生き返ったりしないでしょう・・・

そんな折、講演を行ったカンファレンスで、一人の女性と出会います。

ほとんど特別な派手さもない、そのリサという女性。ですが、一目彼女を見た瞬間に、マイケルはそれまで知らなかった何かを感じ取ってしまった様子です。

その感覚は、マイケルにとって、大きな救いとなりそうな予感もしますが、果たして・・・? 【続きを読む】 “映画「Anomalisa」の前評判”

映画「アーロと少年(The Good Dinosaur)」の前評判

〔もしもあの時、隕石がギリでかすめただけだったなら・・・!?〕

なんでも、ネッシーは年齢を重ねて巨大化したヨーロッパナマズである可能性が高い、って報告が有っとか無かったとか。あれだけ話題になって皆で探しまくったのに、目立った痕跡すら見つからないのであれば、ネス湖の水中に首長竜の生き残りは居ないのでしょう。

木曜スペシャルの怪奇特集に釘づけになった昭和の少年達には、なんとも残念な結末ですが、この21世紀を生きる少年少女には、あの頃よりもっと凄い夢を与えてくれる、例えば、ディズニー&ピクサーなんていう連中がいます。

この3Dアニメーション映画「アーロと少年(The Good Dinosaur)」では、6500万年前に地球に接近した隕石が、たまたま落下を免れていたとしたらどうだろう?、というファンタジーを見せてくれるんだそうですよ。

もちろんそうなれば、そのまま生き残った恐竜たちは進化を遂げ、何万年だか過ぎた頃には会話をしたり、農業だって営んだりし始めているんです。

そんな恐竜農家の一つが、パパ(ジェフリー・ライト)とママ(フランシス・マクドーマンド)の夫婦、そして、リビー、バックと、臆病者のアーロが暮らす一家です。

パパの最大の心配事は、アーロの肝っ玉の小ささ、彼は、どんな時でも悪い事ばかりに思いを巡らせているんです。そんなある日、一家に一大事が起きます、突然まきおこった異常な嵐のせいで、みんなは散り散りバラバラになってしまったんです。

荒野に一人取り残された臆病者のアーロ。しかし彼はそこで、奇跡的な出会いをします。その相手はスポット(ジャック・ブライト)という人間の少年です。

この広大な世界のなか、スポットから、自分より大きな相手に立ち向かう勇気を教えられつつ、アーロの家族探しの冒険がはじまります。 【続きを読む】 “映画「アーロと少年(The Good Dinosaur)」の前評判”